フォト

カテゴリー

カテゴリー「旅行>日本>九州地方」の39件の記事

2013年10月 1日 (火)

秋晴れの菊池温泉

1186252_453655838086493_18738409_n

秋晴れの菊池温泉、気温は30度ちかくになりましたがそれなりにさわやかな一日でした。・・・さすがに彼岸花はほとんどしおれておったです( ´ ▽ ` )ノ

537063_453655851419825_464563978_n

城食堂の昼食/菊池温泉

1234134_453617411423669_863647432_n

昨晩に引き続き来てしまいました〜( ´ ▽ ` )ノ
こちらでは「肉めし」と言ったら馬肉丼だそうで、コレを食さずしては帰れませ〜ん。肉うどんも馬肉うどんとのコトで( ̄ー ̄)

1383175_453617494756994_1449359676_

朝風呂@城山荘(菊池温泉)

988288_453546851430725_1926163107_n

温泉地に来て、しかも全館貸し切り状態と来れば、当然の〜んびり朝風呂であります。
・・・いや、そうでなくても朝風呂は基本ですが(・o・ゞ

2013年9月30日 (月)

城食堂の夕食/菊池温泉

1186119_453286214790122_2024307813_

昔ながらの温泉街の大衆食堂、平成の現代でもあるところにはあるンですね〜。
ちゃんぽんはナニがなんでも絶対に切らさないということで。確かに定番中の定番、という見事ななめらかさでした(・o・ゞ

1234431_453286938123383_538882587_n

ひまわり食堂/菊池温泉

1384286_453137001471710_1235070245_

博多から、年会費制無料バス:YOKAROバスでやって来ました〜( ´ ▽ ` )ノ
ワタクシ安定の雨男で軽いお湿り。菊池温泉周辺はここのところ全然雨が降っていなかったそうで、農家にとっては恵みの雨となったとか( ̄^ ̄)ゞ
菊池温泉ひまわり食堂オリジナル:好き好き丼、甘めのタレの味付けなので一味か柚子胡椒をお好みで^^

1375925_453137034805040_1855795551_

2013年3月25日 (月)

夜桜@山鹿温泉

484265_359682530817158_1080673726_n

東京と違って周りは暗いわぼんぼりは少ないわで、夜桜の撮影、難しかぁ〜(´・_・`)

金剛乗寺@山鹿温泉

532912_359568620828549_699728042_n

地方に出向いたら、やはりお寺は外せませんよねぃ( ̄^ ̄)ゞ
左端のポールのような物体、ここから源泉がガバガバ音をさせながらふんだんに湧き出していて一驚。日本の豊かを実感する瞬間でございました。

388526_359568644161880_1716868488_n

山鹿温泉、春爛漫!

74441_359534827498595_1068039031_n

桜の輝き、菜の花の華やかさ、甲乙つけ難し。

484750_359534854165259_504793331_n

山鹿温泉菊池川河川敷の菜の花!

531467_359508570834554_561168854_n

桜だけが春の花ではございませんが、さすがにノケぞりましたよ〜(((o(*゚▽゚*)o)))
いやはや、空気が菜の花の甘い薫りでい〜っぱいで、の〜んびり数時間眺めていましたデス。近所の幼稚園児がのびのびと遊んでいましたとさ。

392604_359508510834560_78374226_n

実はこの一面の菜の花の存在は訪ねるまで全く知らず、驚きもひとしお。予定をしっかり決めない適当訪問、効率重視をむしろ好まないワタクシにとって愉しいことこの上なし!(・o・ゞ

6045_359534814165263_885715311_n

2013年3月24日 (日)

山鹿温泉のぬる湯〜(^^)

230968_359180800867331_436104073_n

いやはや、フヤけてマス〜。ヌル〜い温泉にゆ〜っくり漬かれるのって、イイですねん( ´ ▽ ` )ノ
禁煙の張り紙が長湯できる証というか、広い方の湯船は加温せずかけ流しで、いくら浸かっていても温まった感覚なしで長湯しなきゃならないほどのぬるさ。それで少し加温してある小さい方の湯船にちょっと入って出ると、あ〜ら不思議。身体の中からめっちゃポカポカポカポカ(((o(*゚▽゚*)o)))

549859_359180434200701_2026186469_n

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 文化・芸術 旅行>アジア>フィリピン 旅行>アジア>中国 旅行>アジア>台湾 旅行>アジア>韓国 旅行>アジア>香港 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>北米 旅行>北米>アメリカ 旅行>日本>中国地方 旅行>日本>中部地方 旅行>日本>九州地方 旅行>日本>北海道 旅行>日本>北陸地方 旅行>日本>四国 旅行>日本>山陰 旅行>日本>東北地方 旅行>日本>甲信越 旅行>日本>近畿地方 旅行>日本>関東地方 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 鉄道>写真 鉄道>模型 鉄道>模型>マヌ34 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>オーディオ 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>ピアノ工房ピアピット 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>BELL 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>Chicago Cottage Organ 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>KAWAI 音楽>メーカー>NISHIKAWA 音楽>メーカー>Packard 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Battmann 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Bruckner 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Clementi 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Faurè 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>MacDowell 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Tchaikovsky 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>特殊管楽器 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

無料ブログはココログ