フォト

カテゴリー

カテゴリー「音楽>中島みゆき」の63件の記事

2021年9月30日 (木)

中島みゆき 作詞/作曲『あたいの夏休み』ソロ:モーツァルトの旅行用クラヴィコード(1763, J.A.Stein)の複製(2002年)で

行く夏を惜しむどころか今年の3/4が過ぎ去ろうとしている9月末、中島みゆきの『あたいの夏休み』を、かの神童モーツァルトが7歳のとき(1763年)に買ってもらったJ.A.シュタイン製の旅行用クラヴィコードの複製で弾きました。

クラヴィコードはピアノ以前の鍵盤楽器のなかで最も大切とされていたフシがあり、現代古楽器界w周辺では「独りで音楽の神さまと向き合う」ための楽器とみなされて過度に神聖化wされていたりします。ですが、実は、そのような内なる世界は優しく親密な世界でもあるはずで、現代人にとって大切なのはむしろ後者の性格ですよね。なお、クラヴィコードの音量は世人の想像を超えて小さいですから、背景のノイズが気にならない程度の音量に抑えたうえで少〜し耳を澄ませてくださいませ。聴こえてきますよ〜。

『あたいの夏休み』は1986年6月発売のシングルA面、そして同年11月に発売されたアルバム《36.5℃》に、ミックス違いのバージョンで収録されています。シングル発売前3ヶ月にわたったコンサートツアー「五番目の季節」で新曲として歌われたのが初出である由。

当時ワタクシが入り浸って製作に勤しんでいたw鉄道模型店にこの曲のシングル版がカセットテープでそれこそエンドレスでかかっておりまして、この『あたいの夏休み』はそれこそ隅々まで聴き慣れているというね。聞き慣れすぎていることはアレンジには邪魔で、「なぁんか違う〜」という感覚をもみ消すwのがいささか大変でした。アレンジって要はベツモノに仕立て直すことですから「なぁんか違う〜」のが当たり前なんですけどね〜(・o・ゞ

 短パンをはいた付け焼き刃レディたちが
  腕を組んでチンピラにぶらさがって歩く
  ここは別荘地 盛り場じゃないのよと
  レースのカーテンの陰 ささやく声


「高原の原宿」と呼ばれて首都圏の若者たちに爆発的な人気を誇った清里(きよさと)のペンションブームは1978年に始まっており、まぁそれを知る人はすでに熟年世代でしょうが、そのイメージはまさに「爽やかな高原にたたずむパステルカラーの瀟洒なペンション」であり、そこに欠かせない舞台装置は、まさにレースのカーテンでありました。そして1981年10月から倉本聰による『北の国から』の放映が始まって本州の高原と異なる富良野・美瑛の雄大な丘の風景が全国的に知られるようになり、次第に日本人の心の中に高原リゾートに反応する気質が育まれていったのではないかなぁと思っています。

そして満を持した1983年の「東京ディズニーランド」開園が日本に与えたインパクトは絶大で、これがきっかけとなって日本人の暮らし方は新しい地平を見出した感があります。同年に「長崎オランダ村」「リトルワールド」「日光江戸村」がオープンするなどテーマパークが一気に注目を集めるようになり、それらのイメージがあらゆる業態のサービスをくつがえして日本人の暮らしを激変させていったと言っても過言ではないと思います。重なるときは重なるモンで、任天堂がファミコンを発売したのも1983年、そういえばつくば万博は1985年でしたね〜。

社会が一気に変化するタイミングでは少なからず滑稽な現象が見られるモンでして、ナルホド、いつの世でも「ブーム」というシロモノは踊らされる人たちが浪費したお金で支えられているんだなぁと。あ、モチロン、それは決して悪いコトではなくって、人間活動としてはむしろ健全なんだろうなぁとも思ってますぜ。『あたいの夏休み』の主人公は<付け焼き刃>な滑稽さを冷笑的に見つつも、なんだかんだ言って自分は滑稽でなく華やかな場の一員になりたくて別荘地にやって来てるワケで、やっぱりウラヤマシくてしょ〜がないんですよね〜〜〜(・x・ゞ

 お金貯めて3日泊まるのが夏休み
  週刊誌読んでやって来れば 数珠つなぎ
  さめたスープ 放り投げるように 飲まされて
  二段ベッドでも あたいの夏休み


この一連はブームに人一倍憧れつつもさまざまな事情wで乗り切れない、という鬱屈とした感覚そのものですな。一見すると毒をはらんだ社会風刺のように見えますが、実は主人公の心のうちは風刺される側なのでありま〜す。この時代は夏の曲といえばこんな感じで爽やかな夏で売るのが当然でしたが、

 <フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!
  夏の扉を開けて
  私をどこか連れていって
(松田聖子『夏の扉』1981年)

ここにめっっっちゃ庶民的で鬱陶しく屈折した夏の主人公(「あたい」という一人称も最っ高〜に効いてるしw)をぶっ込んできた中島みゆきってば、も〜オモシロすぎますwww

 貴賓室のドアは金文字の VIP
  のぞきこんでつまみ出されてる夏休み
  あたいだって町じゃ 捨てたもんじゃないのよと
  慣れた酒を飲んで 酔う 十把ひとからげ


最初の<貴賓室のドアは金文字の VIP>って、詩的に見えて中身のない言葉の中でも最右翼に位置するようなめっちゃおバカなひとことだと思うんですが、この時代のいかにも取ってつけたようなハリボテ感を表現するのにウマく一役買ってますね。別荘地の華やかな舞台に立つことなんて見果てぬ夢なのは主人公には先刻承知でしょうが、やっぱりウラヤマシくてしょ〜がないんですよね〜〜〜(・x・ゞ

 だけど あたいちょっと この夏は 違うのよね
  ゆうべ買った 土産物屋のコースター
  安物だけど 自分用じゃないもんね
  ちょっと わけありで 今年の夏休み


自家用車で高原の別荘地(「リゾート」という概念が知られるためにはもう少し、数年後のバブルを待つタイミングですナ)アベック(死語)で出かけてしっぽり、というのが当時の若者の憧れのゴールでしたが(でしたよね!?www)、惜しくもちょ〜っと届いていない主人公。ユーミンのコンサートが派手でゴージャスな方向になり始めたのが1979年ごろからとか、世の中が華やかな方向に動き始めている中で主人公がようやく買えたのが従来型の安い観光地土産、というのが哀れと同時にひときわ共感を覚えます。そうそう、「アベック」が「カップル」に変化するきっかけ、1978〜1981年に少年マガジンに連載されていた『翔んだカップル』が重要なんじゃないかなぁと思いますが、どうなんでしょね?

 悲しいのは ドレスが古くなること
  悲しいのは カレーばかり続くこと
  だけど もっと悲しいことは ひとり泣き
  だから あたいきっと勝ってる夏休み


「別荘地アベックなお前らはいっときのかりそめで、あたいは町に帰ればイイ人がいるんだもんね〜」という主人公、華やかな舞台に乗れなかったことへの精一杯の強がりなのでしょうが、庶民のささやかな楽しみなんてそんなモン。それにしても、中島みゆきの数ある詩の中で、つき合い始めでこっそりニヤニヤしている主人公って他にいたかなぁ・・・と思えるほどレアではございませんか。イジけて自虐的なばかりでなくちっぽけな幸せをそっとかみしめるこの主人公、なんだかイイ感じと思いません?



ここで使っているクラヴィコードは筒井本人の所有、モーツァルトが7歳のとき(1763年)にアウグスブルクのシュタインの工房で父親のレオポルドに買ってもらって以後終生愛用した、旅行用クラヴィコード(現在、ブダペスト、ハンガリー国立博物館所蔵)の忠実な複製です。旅行用クラヴィコードは、18世紀の旅の空に生きる演奏家や作曲家によく使われていました。このモーツァルトが使っていた旅行用クラヴィコードはたった1m程度の幅しかありませんが意外と重く丈夫で、音域はなんと4オクターヴ半もあったのでした。

2021年8月30日 (月)

中島みゆき 作詞/作曲『永久欠番』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)

中島みゆきの『永久欠番』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『永久欠番』は、1991年に発売されたアルバム《歌でしか言えない》に収録されており、2001年から東京書籍『新編 新しい国語3』(=中学校3年の国語)の最初のページに掲載されています(いつまでだったのかは不明ね(^^;)『永久欠番』は発売当初から名曲の誉れ高い曲とのことですが、実はリメイク含めて他では使われておらず、アルバム《歌でしか言えない》のみでしか聴けないんですよね〜。

「個人とはどうしても社会の中で埋もれざるを得ない存在」という、当たり前と言えば当たり前のことを冷徹に諦観と無念さとを込めて語っておきながら、最後の最後で人間の尊厳を高らかに歌い上げるという、これまた当たり前の楽曲構成。唄のラストが「ひとは え〜いきゅう けつばん〜〜〜〜〜〜〜〜」なのですが、高らかに歌い上げた最後の最後で「ん〜〜〜〜〜〜〜〜」と伸ばすという効果的とはおよそ真逆の形はどうしたことか。いや、まぁ、どうしようもないのですがw、一般的な「効果的」というのを踏み越えた表現意図って絶っ対にありますからね。けっこう地味にトンでもない曲でして、こんな曲をピアノソロに編曲するって、ま〜た難儀なんですわ、ハイ(・o・ゞ

 どんな立場の人であろうと
  いつかはこの世におさらばをする
  たしかに順序にルールはあるけど
  ルールには必ず反則もある
    街は回ってゆく 人1人消えた日も
    何も変わる様子もなく 忙しく忙しく先へと

1番です。あたり前のことを<ルールには必ず反則もある>というセンスで語れる形に仕立てられるのはやはり真の実力のなせるワザなのでしょうが、歌詞に「反則」を使うセンス、これまたぶっ飛んでいるような。やはり、一般的な「効果的」というのを踏み越えた表現意図ですよね〜。

 100年前も100年後も
  私がいないことでは同じ
  同じことなのに
  生きていたことが帳消しになるかと思えば淋しい
    街は回ってゆく 人1人消えた日も
    何も変わる様子もなく 忙しく忙しく先へと
    かけがえのないものなどいないと風は吹く


2番です。「個」と「集団」についてはもはや語り尽くされている感が強いですが、コレって語り尽くされたところで原理的に解決不可能なんですよね〜。現代の日本ってぇヤツは集団としての効率化をストイックに求めつづけるあまりに積極的に「個」を無視、いや、迫害/弾圧するような社会に成り果てたとすら感じていますが、ふざけんなと。「個」というものは意識しているしていないに関わらず個人が生きていることそのものに他ならず、迫害や弾圧で抑え込めるようなシロモノでは断じてございませぬ。

 愛した人の席がからっぽになった朝
  もうだれも座らせないと
  人は誓ったはず
  でも その思い出を知らぬ他人が平気で座ってしまうもの
    どんな記念碑(メモリアル) 雨風にけずられて崩れ
    人は忘れられて 代わりなどいくらでもあるだろう
    だれか思い出すだろうか
    ここに生きてた私を


3番です。いや、まぁ、そうですよ、その通りなんですが、もぅ言い方が中島みゆきらし過ぎてwタマランですね。ここまでの3連で「個人なんてそんなモンだよね〜」と畳みかけられるといささかキツくなりそうなのですが、やはり中島みゆきの歌唱力のなせるワザなのでしょう、同時に「ホントにそんなもんなのかな?」という感覚を呼び覚まさせられるんですよね〜。中島みゆきの作品っていわゆる「応援歌」に限らず、なにやら「思い直させられる」ような傾向が強い気がします。

考えてみれば、中島みゆきというトップアーティストは今までの3連とはもっとも縁遠い存在なワケで、並みのアーティストだったら「オマエが言うなwww」で終わっちまいますよ〜。人間の感覚は個々人の想像をはるかに超えるほどにぶっ飛んで千差万別wなワケで、その中でトップアーティストを何十年も続けられるということは、作品の多面性がおそろしく幅広く深いがためにそれぞれの感覚に応じて姿を変えてくれることで「寄り添ってくる」感覚を呼び覚まさせられるからなのでありま〜す。これは「古典」として残っている作品に共通してみられる特徴でして、中島みゆきの作品は発表後かなりの期間を経て「売れる」ものが少なくないということ、やはり「古典」としての質を備えているのでしょうね。中学3年生の教科書に採用されたということもまたその現れであると言えましょう。

 100億の人々が
  忘れても 見捨てても
  宇宙の掌の中
  人は永久欠番


「個」の存在をはかるのは、社会的地位でも職業でも見た目でも生きた長さでも、ましてナニかの点数でもありません。否、そもそも「個として存在していること」自体が大きくて重い現象で「はかること」ができないということが本質で、これこそが「人間の尊厳」であります。

 宇宙の掌の中
  人は 永久欠番


2021年8月 7日 (土)

中島みゆき 作詞/作曲『泣かないでアマテラス』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)

中島みゆきの『泣かないでアマテラス』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『泣かないでアマテラス』は、1992年に上演された《夜会 VOL.4『金環蝕』》の終曲ですが、この《夜会》全体にわたって断片的に使われているとのことです。そして、1995年に発売されたアルバム《10 WINGS》に収録されています。このアルバム《10 WINGS》は、《夜会》のために書き下ろされた曲をまとめたアルバムで、さすがに甲乙つけがたい曲が並んで聴きごたえバッチリでしてね。

「天照大神の岩戸隠れ伝説」は、ある程度古い日本人wなみなさんは一度は聞いたことがあるでしょう(最近は習うんでしょうかね?)。太陽の神である天照大神(あまてらすおおみかみ)が弟の須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴狼藉に怒り心頭、天岩戸(あまのいわと)にお隠れになられてしまいました。太陽の神がお隠れになったのですから世間が真っ暗になり、いろいろと大変なことどもが起こって八百万(やおよろず)の神々は大弱り。八方手を尽くした結果、天鈿女命(あめのうずめのみこと)のおもしろおかしい大騒ぎ〜最古のストリップショーとも言われますネw〜でなんとか天照大神を引きずり出すことに成功したとかいうおはなし。

 アマテラス アマテラス アマテラス どこにいるの
  アマテラス アマテラス アマテラス 泣かないで
  私には何もない 与えうる何もない


『泣かないでアマテラス』は、このように静かに語りかけるように始まります。岩戸隠れの伝説を知る人が普通に考えれば歌い手は天鈿女命(あめのうずめのみこと)になりましょうが、関係各所の情報を総合wすると、歌い手は天岩戸から解き放たれた天照大神(あまてらすおおみかみ)で、語りかけられているのは天岩戸に閉じこもっている天照大神(あまてらすおおみかみ)であるようです。《夜会 VOL.4『金環蝕』》では、常に男性に対して控えめであることを求められ抑圧されてきた大和撫子的な日本女性からの解放を訴えかけている一面がある、とのこと。まぁこれにとどまらず、《夜会》では昔の伝説と中島みゆきの創作である現代とが入り乱れるので、当然ながら異なる解釈が聞き手の心に応じて生まれます。

 アマテラス 悲しみは誰をも救わない
  アマテラス 憎しみは誰をも救わない
  私には何もない 与えうる何もない
  君をただ笑わせて
  負けるなと願うだけ
  アマテラス アマテラス どこで泣いているの
  アマテラス アマテラス 明日は泣かないで
  アマテラス アマテラス アマテラス


1番の詩です。中島みゆきらしい「応援ソング」ですね〜。例によって<明日は泣かないで>と少しヒネっているのが素敵に思えます。単純に一律に「泣かないで」と強者の論理で強く呼びかけるばかりでなく「明日は」を加えることで、ちゃぁんと「今は泣いてもいいんだよ」と逃げ道を作ってくれていますね。世の中で目立つのが強い人ばかりなのは当たり前でしょうが、実は、世の中に知られず目立たなく一生を送る弱い人の方が圧倒的に多いことに心を向ける余裕、持てるようになりたいですね (`・ω・´)

 全然泣けなくて 苦しいのは誰ですか
  全然今なら 泣いてもいいんだよ
『泣いてもいいんだよ』2014年ーももいろクローバーZへの提供曲)

ワタクシ、「弱者を思い遣る」という表現がそもそもナニか「強者の憐憫の情」のようで抵抗あるんですよ〜。違うでしょ、一人一人の存在を尊重することこそが近代人としてきはめて重要な意識ではないですか? つい先日、金メダルを本人でなく赤の他人である名古屋市長が噛む、という鬼畜の所業がございましたが、これこそが人権意識の圧倒的な欠如・無理解・誤解の象徴である醜悪極まりない姿であります。勘違いして欲しくないのですが、金メダルという一般的にきはめて貴重な文物(ですよね?)だからいけないのでは断じてござらぬ。「一個の人格にとってかけがえのない何か」を大切にする、という意識の欠片も無く個人の尊厳を平気で踏みにじれる傲慢不遜な人間性こそが幼稚で未開なのです。寫眞機を100台持っていて毎日違う寫眞機を使っても一年に3回ちょっとしか使えないでしょ、とツッコミ入れるのは、ヤボなんですよ、ヤボ。とほほほ (´・ω・`)???

 地上に悲しみが尽きる日は無くても
  地上に憎しみが尽きる日は無くても
  それに優る笑顔が
  ひとつ多くあればいい
  君をただ笑わせて
  負けるなと願うだけ
  泣かないで 泣かないで 泣いて終わらないで
  泣かないで 泣かないで 泣いて終わらないで


2番です。厄介な疫病に対する上層部の無為無策、それに振り回され消耗させられて悲しみや憎しみをつのらせてネット上で攻撃する対象を見つけては暴れ回る図式、さすがに目に余りますがそりゃ〜無理もないでしょ〜と強く思いますわ。人生に理不尽なことは数限りなくございますが、それにしても今般の厄介な疫病に連関する「人為的な理不尽」ちぅか「不公平感」があまりにもあ〜んまりにも多すぎやしませんかね? さすがにこの状況で<それに優る笑顔が ひとつ多くあればいい>と思えるのは仏にもホドがあるよなぁとも思いますが、このように考えなきゃ正直やってられないぜというのもまた実感としてある気もいたします。

それにしても、最後の段の<泣いて終わらないで>は、ホントにグッと来ますね〜〜〜〜。泣かないでとは言うけれど絶対に泣いちゃいけないんじゃない、泣くのは仕方ない、でも・・・<泣いて終わらないで>!! もぅね、涙ちょちょ切れますわ。アレ?

 ほほえんで ほほえんで ほほえんで
  アマテラス!


2021年7月29日 (木)

中島みゆき 作詞/作曲『天鏡』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)

中島みゆきの『天鏡』(てんきょう)を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『天鏡』は、2008年初演の《夜会 VOL.15『〜夜物語〜元祖・今晩屋』》の終曲として書き下ろされ、翌年2009年に発売されたアルバム《DRAMA!》のラストに収録されています。このアルバム《DRAMA!》は、ミュージカル『SEMPO 〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜』に提供した曲から選んだ前半6曲と、夜会 VOL.15『〜夜物語〜元祖・今晩屋』(2008年 - 2009年)、夜会 VOL.16『〜夜物語〜本家・今晩屋』(2009年)で歌われた書き下ろし曲から選んだ後半7曲との計13曲からなっています。

中国では古来から「鏡」を神霊視しており、帝王の権力を象徴するのが「玉鏡」「金鏡」そして「天鏡」です(そう言えば、我が国の「三種の神器」は原初は「鏡」と「剣」の二種だったそうな!)。鏡には「天下国家を映し出すもの」という意が込められているとのことで、後漢時代(25年〜220年)に広がった「讖緯(しんい)説」という政治的な予言説に、「聖天子が天下を安定させると不思議な力を持った鏡が現れ、天下が乱れれば鏡は失われる」という発想が見られるとか。

 その鏡に映るものは 隠しきれぬ愚かさと
  その鏡に映るものは 拭いきれぬ悲しみと
  その鏡に映るものは 失くしてから気が付く愛しさ


『天鏡』はこのように唄い出されます。中島みゆきを聴くほどの人材wなら、これだけで<>とは「人生=ひとの営みを映し出す何か」の暗喩だと気づくことでしょう。そして中島みゆきのライフワークたる「夜会」に一貫して流れる輪廻転生というテーマを知る人ならば、<隠しきれぬ愚かさ>や<拭いきれぬ悲しみ>は、「生まれ変わっても初期化wされない魂の業(ごう)」なんだろうなぁとも感づくことでしょう。

 その鏡を手にすることに焦れ
  戦を起こす 心を捨てる
  手にする物は 砕け散る道標


>という「ひとの営みを映し出す何か」そして「天下国家を映し出すもの」はまことに魅力的であります。それを<手にすること>は。人心を掌握して天下を握ることに他ならないですもんね。ですが、権力とは魔物であることもまた真実でありまして、な〜るほど、ここひと月ばかり(もっと長いかw)でそれこそうじゃうじゃ湧いて出てきたのは政権に群がっている心を捨てた卑しきものどもですし、それに輪をかけて東京大運動会の周辺に群がっているのも心を捨てた卑しきものども。歴史上、日本人がこれほどまでに卑しきものどもの醜悪な姿を見せつけられたことはあるのかしらん、とさえ思わさせられるほどではございませんか。おい、みんな、ここまでコケにされて黙ってるのか。いいかげんに怒ろうぜ (`・ω・´)

 その鏡は 人の手には触れることの叶わぬもの
  その鏡は 空の彼方 遥か彼方
  涙を湛えた 瞳だ


そもそも、権力なんてぇシロモノは人々を支配して悦に入りたい連中が勝手に作り出した虚構ではございませんか。まぁ確かに見事に上手に作り上げられていること自体は認めざるを得ませんが、そんな虚構ではなく、<隠しきれぬ愚かさ>に満ちて、<拭いきれぬ悲しみ>に満ちて、<失くしてから気が付く愛しさ>に満ちた自らの生を、<涙を湛えた瞳>で見据えたいではございませんか。さぁ、あなたの鏡はなんですか? そしてあなたの鏡にはナニが映っていますか〜? (*´-`)

 その鏡は 空の彼方 遥か彼方 涙を湛えた 瞳だ>

2021年6月29日 (火)

中島みゆき 作詞/作曲『命の別名』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島みゆきの『命の別名』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『命の別名』は、1998年初めに放送されたTBS系ドラマ「聖者の行進」(1998年1月9日~3月27日)の第5話から主題歌として新しく作曲されました。このドラマの主題歌は最初は1992年発売のアルバム《EAST ASIA》の『糸』で、第5話から『命の別名』に変更、そして再度第10話とラストの第11話で『糸』に戻っています。この2曲は1998年2月4日に発売されたシングル《命の別名/糸》で両面A面という対等な位置づけで収録されています。ドラマの第5話はこのシングル発売直後の2月6日であり、ネットが一般的でなかった時代の売り方としてナルホドでもあります。

シングル盤発売の翌月にアルバム《わたしの子供になりなさい》が発売され、第3曲めに『命の別名』が収録されました。これはなんとシングル盤そしてドラマ主題歌の優しい口調のアレンジ(それがまた表現として強いのですが(^o^;)と全く異なり、かなり直接的攻撃的に「がなる」アレンジに変えられています。ドラマ『聖者の行進』は、知的障害者といういわゆる「社会的弱者」に焦点を当てた相当に重い問題作だったそうで、そのための書き下ろし曲が重くなるのもまた必定かと。ただいくら重い内容であってもデレビドラマの主題歌で「がなる」アレンジを採用するのは戦略上不利・・・という判断が働いたかどうかはわかりませんし、それを知ったところでナンにもなりゃしませんがw。メッセージの多面性重層性を重視する中島みゆきですから、おそらくどちらのアレンジも「本心」なんでしょうけどね〜 (*´-`)

 知らない言葉を覚えるたびに
  僕らは大人に近くなる
  けれど最後まで覚えられない
  言葉もきっとある


『命の別名』の始まりはこの一節。ドラマの題材こそ知的障害者ですが、この多面的かつ複雑怪奇な人間社会には完全無欠の存在なんで原理的にあり得ないことでして、全てのひとは程度の差こそあれ、必ず障害を抱えているのでありま〜す。現代日本人は「障害」を「障碍」と書き換えたがりますが、まるっきり偽善であり屁理屈であり、たいがいにせぇやと思いますわ。このように得意不得意(言い換えましたw)を抱えた自分という存在が自分の不得意にかかわらぬことだけを選びさえすれば人生を順風満帆に過ごせるかというと、そうは問屋がおろしませんで。得意なことを選び出すためには不得意なことも同じように知らねばならず、その過程は例外なく痛くて苦しくて哀しくて悔しいですもん。

 何かの足しにもなれずに生きて
  何にもなれずに消えてゆく
  僕がいることを喜ぶ人が
  どこかにいてほしい


とは言え、世の中はまことに不条理なモノで、ごくごく少数の世に出られる存在以外はいわゆる「世間」からは一瞥もくれられずに消えていきます。それにしても、別にネットやらマスコミやら大きなコンサート会場やらスタジアムやらの中だけが「世間」であるワケでもなし、範囲をどのように限定して充実感を得るかはこの発信手段がとんでもなく多様化した現代、相〜当〜に大切なのでしょう。「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」でもございますが、それにしてもココにも厳然と不条理が存在したりして・・・無い物ねだりは人の常w

 石よ樹よ水よ ささやかな者たちよ
  僕と生きてくれ


すでに1年半もコロナ禍が続いているワケで、人と関わるのは疲れますし傷つきますし面倒ですし、ホントにいいことがあるのかいな? とさえ思わされる毎日。とにかく自分も含めて日本人ってぇヤツらの救いようのない陰険さはどうしたもんかと絶望しますわ。まぁ生きるということは他人に迷惑をかけることに他ならないですけれど、それにしてもこの日本人な世間、ちぃとばかし酷すぎやしませんかね?

 くり返す哀しみを照らす 灯をかざせ
  君にも僕にも すべての人にも
  命に付く名前を「心」と呼ぶ
  名もなき君にも 名もなき僕にも


サビとしてホントに素晴らしい一節だと思います。<命に付く名前を「心」と呼ぶ>って、もうね、むちゃくちゃシビれますぞ。この一節のレトリックは単純な倒置法で、読み解きやすくするには・・・

 君にも僕にも すべての人にも
  くり返す哀しみを照らす 灯をかざせ
  名もなき君に 名もなき僕にも
  命に付く名前を「心」と呼ぶ


ですね〜。ひととして生まれて<>を得たからには<くり返す哀しみ>は等しくふりかかり、そこに灯をかざすということはすべてのひとの命を尊重することに他なりません。そして命を尊重するということは、ひとりひとりの「心」を尊重することに他なりません。まぁワタクシは誹謗中傷やら偽善やら権利侵害やら犯罪やらは尊重できず、ま〜だまだ否定してしまいますがね〜。少しは<大人に近く>なったと思いたいのですが、そこはご堪忍くださいませwww

いわゆる「名も無き弱い存在」へのエールが中島みゆきの大きなテーマの一つであるとは、少しでも中島みゆきの詩を聴き込んだひとならば簡単に思いつくでしょう。ただ考えてみれば中島みゆきって社会的成功者の中でもひときわ抜きん出た存在ですから、そんなところから単純にエールを送られても「な〜に言ってやんでぇ」と逆に反発されても無理からぬこと。それが全くそのように思われずに40年以上にわたってトップアーティストとして支持され続けているところ、こればかりは努力を伴った才能としか言いようがないなぁと。

不特定多数を相手にして言葉という比較的具体性の高い手段でメッセージを送るのって、SNSの炎上を例に挙げるまでもなく大変に難しいことですよね。そこで「詩」という抽象性の高い手段で解釈に幅を持たせるところまでは誰でも考えられるかと思いますが。例によって抽象性と具体性のサジ加減ってすんごく難しいこと。そこを割り切って単純かつワンパターンな具体性で大成功しているのが坂道シリーズなアイドルグループであったり現代アニメであったり、もはや中島みゆきであってもこの趨勢に抗い続けるのは難しいんだろうなぁ・・・と最近少し淋しいです。新しいものは古くなって飽きられるのも早いはずなんですけどね〜。

 まわるまわるよ 時代は回る(『時代』1975年)

2021年5月27日 (木)

中島みゆき 作詞/作曲『宙船(そらふね)』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島みゆきの『宙船(そらふね)』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。今回はチト編曲に調子にノり過ぎてむっちゃ難しくしてしまって四苦八苦wしましたが、なんとかアップできました。自分の力量を過信しちゃならんですな、とほほほwww

『宙船(そらふね)』は、TOKIO が歌った日本テレビ系土曜ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(2006年7〜9月放送)の主題歌です。中島みゆきは、この作品で「第48回 日本レコード大賞」の“作詩賞”を受賞しました。中島みゆきはこのドラマの放送が終わってわずか2ヶ月後の2006年11月22日発売のアルバム《ララバイSINGER》でセルフカバーしていますが、もともとはこのアルバムの為に用意していた曲だった(主題歌の依頼が来たのがアルバムの準備に入っていたタイミングで時間的に無理で、双方合意のもとで)とのことでコレはセルフカバーと言えるのかどうか微妙な気もしますな。TOKIOのメンバーに渡った曲のデモテープの歌は中島みゆき本人でなくしかも録音に立ち会ってもいなかったとのことで、解釈の違いがなかなか興味深いです。まぁワタクシの好みは圧倒〜的に中島みゆきのドスの効いた荒いがなり方なんですけどね〜(^x^;;;

 その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
  おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな


いかにも中島みゆきの強い「男歌」ですね〜。ここで使われている<オール>ですが、船を漕ぐ「oar」のカタカナ表記と「all」のカタカナ表記をかけてますな。のっけから飛ばして普通に歌ったら喉をつぶしそうなほどに荒くがなってますが、この曲のメッセージの単純な強さからしたら大正解と思います。中島みゆきはこのような声もよ〜く使いますが、これで喉をつぶしていないのはよっぽど理解力のある的確なアドバイザーあっての芸当ではないでしょうか。正直、このがなり方、踏み越えてますぜよ。

 その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
  その船は今どこで ボロボロで進んでいるのか


ふらふらと浮かぶ>のも人生ですし<ボロボロで進む>のもまた人生ですね。『宙船(そらふね)』はどうやら中島みゆきの造語のようですが、まことにセンスあふれる的確かつキャッチーな言葉だなぁと思わされます。『ガリヴァー旅行記』には空飛ぶ島がありますがコレは1726年初版(ベートーヴェンが亡くなる1年前!)『天空の城ラピュタ』が1986年公開ですが、まぁ関係ないかw

 流されまいと逆らいながら
  船は挑み 船は傷み
  すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
  その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
  おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな


人生なんて満身創痍で美しくもなく整ってもなく。自分のささやかな幸せだけを願っている目立たないひとにも何故だか人生の逆風は襲いかかってくるんですよね〜。そこに友人とかなんとかいう同行者が存在するのは確かですが、結局は自分が人生の荒波に抗って漕ぎ続けるしかないという。この歌詞、中島みゆきにしては妙〜に単純でわかりやすくてwスカッとしますね〜。複雑な深読みではなく直情的な強さを前面に出した詩ですから、そりゃ〜、唄い方を荒く強くすることが理にかなっているのでしょう。

 その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
  その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
  地平の果て 水平の果て
  そこが船の離陸地点
  すべての港が灯りを消して黙り込んでも
  その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
  おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな


あらゆるひとは飛び立つポテンシャルを備えているはずですが、どうしても日々の些事にかまけて忘れてしまいますね。ですが自分の手で漕ぎ続けた果てに自分にしか見えない世界が。う〜ん、さすがに単純過ぎてわざわざ怪説するまでもないですな。まぁこんなときもあってもよろしいwww

2021年4月30日 (金)

中島みゆき 作詞/作曲『あした』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島みゆきの『あした』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『あした』は、KDD(現KDDI)のCM「001」に使われた、中島みゆき初のCMソングです。1989年3月リリースの第24作めのシングル《あした》が発売され、翌1990年のアルバム《夜を往け》に少しだけアレンジを変えて収録されていまして、この動画はアルバム《夜を往け》収録バージョンを耳コピしました。『あした』『糸』大ヒット以前の定番とも言われることがあるほどの曲だそうですが、なるほど確かにしっとりした落ち着きの中に相手に向けた強い感情に満ちた迫力を秘めた、はかなくも強く美しい曲だと思います。

 イヤリングを外して 綺麗じゃなくなっても
  まだ私のことを見失ってしまわないでね


恋は盲目と申しまして一瞬にして燃え上がるものですが、それが愛となるためには持続可能wになるためのさまざまな障壁がございますね。非日常が日常となるみたいなモンですから、その過程でそれまで気づかなかった相手のしょ〜もない素顔がわらわらとw湧いて出てきて「百年の恋もいっぺんで醒める」ような悲劇も数知れず。しかも、ここでは<見失ってしまわないでね>ですからそれどころではなく、恋人という特別な存在(=目につく存在)が特別でない存在(=目につかない存在)になってしまいかねない、という日常化の残酷な一面をえぐっていますね (`・ω・´)

 カーラジオが嵐を告げている
  2人は黙りこんでいる
  形のないものに 誰が
  愛なんてつけたのだろう 教えてよ


隣に相手がいるのが当たり前の車の中ですが、普通の天気予報ではなく嵐の予報。恋という非日常には形がありますが愛という日常はに形がない・・・と指摘されれば、なるほど、そのような一面があってもおかしくはないのかも知れません。人生にはなんとも皮肉で切ない切り口があるもんですね〜。形がないから日常として持続するのか日常として持続させるために形がなくなるのかで分けてまとめるのも乱暴にすぎますけど。

 もしも明日 私たちが何もかもを失くして
  ただの心しか持たないやせた猫になっても
  もしも明日 あなたのため何の得もなくても
  言えるならその時 愛を聞かせて


『あした』のサビ、中島みゆきは真摯な愛を悲痛な声を絞り出すように唄いあげます。この『あした』が使われたKDD「001」のCMがネット上に2種類とも確認できましてな(すごい時代ですわ〜)。最初のCMはスーツケースが移動するだけの地味なものでAメロの2番が使われており、のちに切り替えられたCMは海外赴任とおぼしき彼氏を出国審査場入り口まで笑顔で見送るも彼氏が背中を見せたとたんに別れの辛さに号泣するというものでさすがのこのサビが使われておりました(この悲しきヒロインは若かりし奥貫薫とのこと)1989年といえばバブル真っ最中、そのような時代にこのような真摯な愛を唄いあげる曲をリリースしてしかもオリコンチャートの100位以内が33週連続を叩き出すとは、やはりさすがの中島みゆきではございませんか。

 ガラスならあなたの手の中で壊れたい
  ナイフならあなたを傷つけながら折れてしまいたい


真摯な愛であってもただひたすらに美しいだけでなくこのようないささか病的な方向に突き進んでしまう場合もあり得るのがひとの心の複雑なところですが、このような少し怖い人間の業を唄わせたら中島みゆきの右に出るものなし。この一連は冷静に考えれば現代のストーカーに他ならないワケですが、それを1989年のバブル真っ最中に唄いつつ、なにやら妙に美しい一連にまとめてくるんですよね〜。中島みゆきってホントに不思議な芸術家なんだなぁと。

 何もかも愛を追い越して
  どしゃ降りの1車線の人生
  凍えながら2人共が
  2人分傷ついている 教えてよ


非日常である恋は全てに勝りますが、ひとたび日常となった愛は形がないがゆえに「支払い」や「成績」などwという形がある生活やら仕事やら子育てやらに追い越されがちでしょう。この『あした』では人生とはどしゃ降りの中を凍えながら歩む1車線の片道道路。中島みゆきはすでに『あした』に先立つこと12年の1977年に『ホームにて』で成功という汽車に乗れるかどうかという比喩で人生を描いておりますし、その5年後の1982年には『傾斜』でひたすら坂道を登るという比喩で人生を描いています。

人生が苦難の連続であるのは誰しも認めざるを得ないと思いますが、この『あした』には同行者と共に1車線の人生を歩んでいるという何よりも大きな救いがありますね。愛には恋のように燃えるような形こそございませんが、愛そのものが人生の同行者という強い味方であり、よりどころなのでしょう。してみると、中島みゆきの絞り出すような悲痛な声はただ悲痛なだけでないように聴こえてきませんか? (*´-`)

 もしも明日 私たちが何もかもを失くして
  ただの心しか持たないやせた猫になっても
  もしも明日 あなたのため何の得もなくても
  言えるならその時 愛を聞かせて


2021年3月31日 (水)

中島みゆき 作詞/作曲『ホームにて』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島みゆきの『ホームにて』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『ホームにて』は、1977年のアルバム《あ・り・が・と・う》のB面の2曲めという落ち着いた位置に収録されています。また、有名なシングル《わかれうた》のB面でもありますね〜。《あ・り・が・と・う》は中島みゆきのようやく3作めのオリジナルアルバム、いまだ20歳台半ばの若者が「ふるさと」に対する切ないだけでない心持ちをこれほどまで複雑に唄えるのかと驚かされます。まぁ優れた芸術家は年齢なんぞ無関係におそるべき能力を持っているんだなぁ、と絶望感さえ抱かせてくれますわ〜。

 ふるさとへ 向かう最終に
  乗れる人は 急ぎなさいと
  やさしい やさしい声の 駅長が
  街なかに 叫ぶ


もう、この唄い出しからして謎に満ちていますね〜。<乗れる人>という不可思議な表現、「故郷に錦を飾る」という古い言葉がありますが、成功者だけが胸を張って故郷に凱旋できた時代の感覚でしょうか。成功できなかった人物は「負け犬」としてさげすまれましたし、昭和の時代には「ご近所に顔向けできない」という表現もごく普通でしたし。このような感覚って現代でも案外と色濃く残っていて古くさい、ふざけんな、という目でみられますが、なんだかんだ言って結局、人よりもナニかしら優れた一面がなければ社会では「使えない」ヤツとみなされてしまって生き抜くのは難しいではございませんか。このような世間を渡りづらいヒトを差別してしまうのは古くさい感覚というだけでなく、はなはだ遺憾ながら残酷な真理を示している感覚のような気がします。まぁこれって裏を返せば、実は弱肉強食な生き物の世界では到底生き抜けなかった「使えない」存在をも許容してくれる、という人間社会の厳しくも不思議な一面をもあらわしているとも言えようかと思います。

 走りだせば 間に合うだろう
  かざり荷物を ふり捨てて
  街に 街に挨拶を
  振り向けば ドアは閉まる

なりふり構わず人生を急ぎ走ればふるさとに帰る資格をもてるかもしれない、しかし無情にも、今度の仕事でも芽が出なかったなぁとため息をつく主人公でしょうか。まぁ誰しもこのような感覚は身に覚えがあろうかと思います。我々がふだん目にする人物は成功者ですから、世の中のみんなうまく行っているのにどうして自分だけはうまく行かないのさ、と絶望感にうちひしがれて涙にくれる日々もありますよね〜。それほどでもないにしても、取り立てて取り柄もなく立身出世なんぞ関係なく、静かに人生をやり過ごしたいだけのひとも世の中にはたくさんいるに違いありません。それでも世間様とおつき合いしているとどうしても「成功しなければ失敗」という評価にさらされてしまうワケで、そのような世の中って煩わしいだけでしょう。この主人公、ただ単純にふるさとに帰りたい気持ちがあるだけなのに社会の目にさらされて迷い、諦めざるを得ないひとりなのかも知れませんね。

 ふるさとは 走り続けた ホームの果て
  叩き続けた 窓ガラスの果て
  そして 手のひらに残るのは
  白い煙と乗車券


人生は成功という汽車に乗るためのプラットホーム、失敗を許容してくれて長い目で見てくれるのは一見優しいかのように錯覚させられますが、実はいつまでも失敗や挫折しか経験できないひとを本当に救ってはいないのかもしれません。この一節はまことに美しくさらりと流してしまいそうになりますが、そのようなひとの心に寄り添い共感してくれる珠玉の一節であるように感じました。中島みゆきは取り立てて取り柄もなく目立たない普通の存在に光を当てると言われますし事実そうだとも思いますが『地上の星』2000年)、本当に目立たない普通の存在は光を当てられて世間の目にさらされたら煩わしいとしか感じないでしょう。この一節を味わってみると、中島みゆきの光の当て方が人目にさらすような当て方とは全く異なることに気づかされます。『ホームにて』のリリースは1977年で中島みゆきはようやく20歳台半ば、人生に対する徒労感や虚無感をみごとに表現したこの一節には慄然とさせられますわ〜。

 涙の数 ため息の数 溜ってゆく空色のキップ
  ネオンライトでは 燃やせない
  ふるさと行きの乗車券


1968年のいしだあゆみの《ブルー・ライト・ヨコハマ》ではないですが、青白く光る蛍光灯や赤くてもシャープで白熱灯のそれとは全く異なるネオンライトは都会の象徴。ふるさとこそが主人公の失敗や挫折の数々を癒せるのでしょうが、ふるさとという存在は同時に負け犬をさげすむ場所でもありましたね。主人公の傷を癒す場所はいったいどこにあるのでしょうか。

2021年2月23日 (火)

中島みゆき 作詞/作曲『進化樹』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島みゆきの誕生日は本日2月23日、これに合わせて『進化樹』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『進化樹』は、テレビ朝日系『帯ドラマ劇場・やすらぎの郷』の続編として2019年4月9日から1年にわたって放送された『テレビ朝日開局60周年記念・帯ドラマ劇場 やすらぎの刻~道』主題歌の1曲です。『やすらぎの刻~道』は前作に引き続き老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」のその後を描く【郷】編と、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を描いた【道】編の2層仕立て。当初は『進化樹』『離郷の歌』の2曲が主題歌に使われていましたが、【道】の物語が「平成」編に入るタイミングで『観音橋』『終り初物』の2曲が追加されています。

この一連の主題歌群はまず2019年にシングル盤《離郷の歌/進化樹》として2曲発売され、翌2020年の正月明け1月8日に発売が始まった中島みゆき43作めのアルバム《CONTRALTO》に全て収録されています。このアルバム発売開始と同じタイミングで中島みゆきは「最後の全国ツアー」と銘打って2020年の全国ツアーを1月12日にスタートしましたが折悪しく例の厄介な疫病の蔓延にともなう政府からのイベント開催自粛要請のため途中2月28日から中止を余儀なくされてしまいました。中島みゆきの68歳(!)の誕生日が2月23日で、直後2月26日の大阪公演を終えたタイミングでのツアー中止とは、なんだか自然が中島みゆきの全国ツアーを終わらせたくなかったんぢゃね? とすら思える展開に思えたことは白状しますが、う〜ん、まぁ、考えてみればコンサート自体ができなくなっているのでそれはどうなのよとw

 高い空 腕を伸ばして どこまでも咲こうとした
  めぐりあわせの儚さに まだ気づきもせず


『進化樹』はこのように始まります。すでに2行めで不穏な空気を漂わせてくれるところは、安定の中島みゆきクオリティ。この巨木は屋久杉か淡墨桜か、はたまた「この木なんの木」か、巨木って案外と近所の神社に「保存樹木」としてあったりしますね。環境省が「巨樹・巨木林データベース」を公開してますので、興味のある方はどうぞ。日本の巨木のトップクラスってクスノキやイチョウが多いんですよ〜。

 誰か教えて
  僕たちは今 ほんとうに進化をしただろうか
  この進化樹の最初の粒と
  僕は たじろがずに向きあえるのか


1番のサビはこうなっています。人類が個人でも集合体でもなにやらごちゃごちゃ頑張る営みって、時代が変わっても本質的にはな〜んにも変わってないんですよね〜。ホレ、中国の数千年昔の古文書に「最近の若いモノは」と書かれていたって言うぢゃあ〜りませんか(何か違うw)。それでも、自らの生を生き抜くためにもがき苦しみ、人との<めぐりあわせ>に活路を見出し、ウマく行ったと思ったらけつまづいたりして<儚さ>に涙する、ま〜なんとも人間って懲りない生きモノですわ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

 踏み固めた道も薄れて また始めから荒れ野原
  人はなんて幼いのだろう 転ばなければわからない


同じ失敗を繰り返すのはアホだとはわかっていても、先人たちが身をもって懇切丁寧に道を示してくれていても、見えないときは見えないんですよね〜。転んだことにさえ気づかずにいることもままあったりしてほんっっっとにイヤになりますが、ここ10年くらいのSNSの興隆のおかげ/せいで、このような人間の愚かさそして醜さってつくづく無限大なんだなぁと思わされます。今般の厄介な疫病って、このようなおバカな人類に対する警告ではないかなぁと感じている人は少なくないと思うのですが、そこでどんなに崇高な人類愛を謳ったところで悪意ある権力/武力/経済力wに対しては無力なのもまた真実で。それだからこそ、せめて自らの近しい範囲でのささやかな幸福を愛でられるような心を大切にはぐくみたいものではございませんか。

 誰か聞かせて
  遥か昔へ 僕は 何を置いて来たのだろう
  何も知らずに 僕はひとりだ
  この樹の根は 何処に在ったのだろう


人類というこの懲りない存在をナゼ神は創り出したもうたのか、自分というこの醜く矛盾に満ちた存在がなんのために産み落とされたのか。人類が遥か昔へ置いて来てしまったのはナニか、<>は本当はナニモノなのか、これまた古来から優秀でメンドーな奴らが邪魔くさくw考え続けていることではございますが、いわゆる「業」やら「原罪」やらはそこを象徴的に提示しているんでしょうね。自らの根っこを見つけられたヒト、そしてその根っこを活かせたヒト、決して多くはいないと思いますが、中島みゆきがその中でもトップクラスの存在であることは疑いないでしょう。

「初心忘るべからず」と申します。出逢ったときのえも言われぬワクワク感って、それが日常となるにしたがってどうしても薄れてしまうもの。ですが、我々が活躍を目にできるほどの大きな存在は新しいワクワク感を感じる豊かさが日常であって、いわゆる「怠惰な日常」とは無縁なんですね。だからこそ到達できた高みを凡人である我々が享受できる豊かさをかみしめつつ、自分がワクワクと出逢ったときの心持ちを折に触れて思い出したいですね〜 (*´-`)

2021年1月28日 (木)

中島みゆき 作詞/作曲『無限・軌道』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島みゆきの『無限・軌道』を、いつもの1894年製アンティークピアノで弾きました。

『無限・軌道』のオリジナルは、2004年1月の《夜会VOL.13─24時着 0時発》のために作られ、第8場「法廷」で中島みゆき扮する“あかり”によって唄われています。そして、2005年発売のアルバム《転生(TEN-SEI)》にタイトルを『無限・軌道』と変えて新たに3番を追加して収録されています。なお、アルバム《転生(TEN-SEI)》は《夜会VOL.13─24時着 0時発》のオリジナル曲から11曲をセレクトしたもので、いわばサウンド・トラック盤ともいえるアルバムです。

 無限・軌道は真空の川  終わりと始めを繋ぐ『無限・軌道』2004年)
 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変って歩きだすよ『時代』1975年)
 伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと『麦の唄』2014年)

アルバム《転生(TEN-SEI)》のタイトルともなっている転生という思想は1989年から続く「夜会」すべてに関わっておりまして、中島みゆきの実質のデビュー曲である『時代』の世界観そして中島みゆきの音楽世界で頻繁に目にする思想でもあります。文字通り生まれ変わるのみならず、人生の転換点であっても時代の転換点であっても転生となり得るワケで、今般の厄介な疫病にさらされている我々はすなはち《転生(TEN-SEI)》の真っただ中にいるのかも知れませんね〜。タイトルが無限軌道ではなく『無限・軌道』ですから、軌道が無限に続くという単純なイメージではなく、自然界というか宇宙の果てしなさと人生の限りない可能性とを並列に感じてほしいのではないでしょうか。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を思い起こす方も少なからずいらっしゃるのでは。

 本当のことは  無限大にある
  すべて失くしても  すべては始まる


『無限・軌道』はこのように始まりますが、これ、まさに今の時代にふさわしい語りかけではないでしょうか。厄介な疫病がためにあらゆる人が人生をひっくり返されてしまうほどの激動がとどまるところを知らないですが、厳しくも、始まりは<すべて失くした>ところだったりするんですよね〜。そして、ネタって実はそこいら中に転がっているはずで、それをどのように生活の糧とするか結局はアイディア勝負なのが突きつけられているという。まぁ実はコレって自分にとってはか〜なり厳しいんですけど。ど〜しましょw

 行く先表示のまばゆい灯りは
  列車の中から  誰にも見えない


この指摘はまことにわかりやすく、一瞬にして納得のたとえですね〜。このようなちょっとした視点の変化を使って印象深く語りかけてくるのは、言葉の使い手である中島みゆきのまさに真骨頂。まぁ列車に乗るときにゃ必ず行先表示を確認してから乗るでしょ〜、と突っ込むのはヤボですぜ、ヤボw

 誇らしくもなく  珍しくもなく
  普通の暮らしの一日のように
  或る朝  或る夜  君は乗るだろう
  懐かしいあの人々と  永遠をゆく鉄道の客となって


「夜会」版になくアルバムで追加されたのが、この一節です。そう言われてみると、詩的にも音楽的にもなんとな〜く唐突な印象もなきにしもあらずですが、一聴してそれとさとらせない技術はやはり一流であります。生きとし生けるもの全てその意思とは無関係に無限軌道の客であって、それを意識したタイミングからその人の人生が始まるんですね。それが2回目の『誕生』であり《転生》でもあるということは言い古されておりますが、いやはや、気づいたら最後、ず〜っと厳しくなるんですけどね〜 (`・ω・´)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 文化・芸術 旅行>アジア>フィリピン 旅行>アジア>中国 旅行>アジア>台湾 旅行>アジア>韓国 旅行>アジア>香港 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>北米 旅行>北米>アメリカ 旅行>日本>中国地方 旅行>日本>中部地方 旅行>日本>九州地方 旅行>日本>北海道 旅行>日本>北陸地方 旅行>日本>四国 旅行>日本>山陰 旅行>日本>東北地方 旅行>日本>甲信越 旅行>日本>近畿地方 旅行>日本>関東地方 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 鉄道>写真 鉄道>模型 鉄道>模型>マヌ34 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>オーディオ 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>ピアノ工房ピアピット 音楽>メーカー>ADLER Organ 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>BELL Organ 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>Chicago Cottage Organ 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>Farrand & Votey Organ 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>KAWAI 音楽>メーカー>NISHIKAWA Organ 音楽>メーカー>Packard Organ 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Battmann 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Bruckner 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Böhm 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Caplet 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Clementi 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Fauré 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Godard 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Hahn 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Hindemith 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>MacDowell 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>Massenet 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Reinecke 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Tchaikovsky 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>特殊管楽器 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

最近の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ