フォト

カテゴリー

カテゴリー「写真>昔のレンズ/カメラ」の80件の記事

2023年12月28日 (木)

予期せぬ年末小掃除w

Img_1739s

昨日12/27、積もりに積もった我が部屋の破砕帯がついに崩壊しまして、予期せぬ(するつもりもなかったw)年の瀬の小掃除と相成りましてな。まぁそれなりに捗ってゴミ袋3袋出たのはイイとして、部屋の景色がまるで変わらないのはど〜したコトかしらん🤣

Img_1740s

今怪の出土品はなかなか値打ちモノでございましたとさ😎🐌🍵

Img_1741s

2023年7月25日 (火)

ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon16) & PENTAX Q@不忍池

本日7/25は危険な暑さの中、ハスの花が見頃な上野は不忍池に出撃〜🔥

f2 1/800sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939)
Imgp6642s

午後なのでもうみずみずしい姿は難しいだろなぁと思いきや、やっぱり植物は強い強い、雰囲気あふれる地上の極楽浄土でございました。・・・足下がクッソ熱くて灼熱地獄だった気もしますがwww

f2 1/4000sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939)
Imgp6660s

お道具はお気に入りの16mmムービー撮影用の鏡玉、ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4。画面サイズが小さなPENTAX Qに取りつけると35mm換算135mmちょいになるので最適なんですよ〜👌

f1.4 1/8000sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939)
Imgp6649s

それにしても、35℃の直射日光の下はなかなかしんどかったでした🔥🔥🔥

ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon 16) & PENTAX Q
Img_0201

2023年6月27日 (火)

Topogon 1.3cm F3.5(1942, Movikon K16) & PENTAX Q@多摩川台公園

本日(6/27)、そろそろ暑くなってきてアジサイもおしまいだろうなぁと思って薄曇りだったらイイなぁ・・・と多摩川台公園までアジサイ見物に出撃〜。ピンクの花はさすがに茶色くしおれかけていましたが、青の花はまだまだみずみずしくて。さすがに蒸し暑かったですけどw

f5.6 1/200sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(1942)
Imgp6504s

せっかくの超広角 Topogon なのに写真機本体が PENTAX Q なので中望遠になってしまってチト残念だったりもしますが、ぐ〜っと寄ってみたところさすがのツァイスのしっとりかつ明晰な写りに仰天でございましたぞ。

f5.6 1/200sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(1942)
Imgp6505s

やはり撮像素子が小さい PENTAX Q には、戦前カールツァイスの16mmムービー用の鏡玉はベストマッチですナ✨

Img_3505

2023年6月17日 (土)

Topogon 1.3cm F3.5(1942, Movikon K16) & PENTAX Q@妙覚寺

本日(6/16)、薄曇りだったらイイなぁとの勝手な予想のもとによみうりランド近くの妙覚寺までアジサイ見物に出撃〜。

2023.6.16.
f5.6 1/100sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(1942)
Imgp6450s

な〜んとまぁ昨日までの雨のせいか(おかげか)空気中の細かいゴミがあらかた洗浄wされてしまったのかどうだか、直射日光が強くてせっかくのアジサイのしっとり感な〜んぞ何処へやら😅

2023.6.16.
f5.6 1/250sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(1942)
Imgp6455s

このコントラストの高い光の中、戦前カールツァイスの16mmムービー用の Topogon 1.3cm F3.5 はなかなか頑張ってくれました。戦前独逸の ZEISS 恐るべし!

Img_3505

2023年4月 5日 (水)

Angenieux 12.5mm F1.8 TYPE J11(D) & PENTAX Q@花園神社

おふらんすはパリの Angenieux の1958年製8mmシネ用 12.5mm F1.8 TYPE J11 が出土、しまい込んで行方不明になる前にwちょっとだけ新宿の花園神社でアソんでみました😛

f5.6 1/125sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: Angenieux 12.5mm F1.8 TYPE J11
Imgp6284s

昔の鏡玉は明るいところが「眩しい感じ」になるのが実に愉しいのですが、今回もそれっぽくなった模様でまぁ上首尾でござったでした😉

f5.6 1/60sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: Angenieux 12.5mm F1.8 TYPE J11
Imgp6282s

もはや季節はソメイヨシノでなく八重桜ですね〜。

Angenieux 12.5mm F1.8 TYPE J11(1958, D-mount) & PENTAX Q
Img_9219s

2023年3月 5日 (日)

Switar 13mm F0.9(D) & PENTAX Q/Wild Husky 足踏みオルガン日本めぐり旅@ギャラリーマルヒ(谷中)

リードオルガンシンガーのハスキーさんのお誕生日ライヴ@谷中〜😎
ハスキーさんが毎日毎日がっつり弾き倒しているYAMAHAの小型オルガン、それはそれは良き反応で低音の切れも芳しく、実に愉しいひとときでございましたぞ👌

Img_8947s

そしてそして、怪しい写真な発作真っ只中のワタクシにとって、こりゃ格好の題材にな〜る〜😛。昨今のレンズ好きな世界では「明るい単焦点鏡玉」がもてはやされて相場が異常に釣り上げられているフシもございますが、8mmムービーの世界には明るい単焦点鏡玉はフツーな顔で転がっているモンでしてな😏

f0.9 1/200sec. (ISO1600)
 Camera: PENTAX Q Lens: KERN Switar 13mm F0.9
Imgp5855as

f0.9 1/200sec. (ISO1600)
 Camera: PENTAX Q Lens: KERN Switar 13mm F0.9
Imgp5854as

スイスのKERN社のSwitarなる鏡玉はそれなりに有名でして、その中でも近くまで寄って撮れるMacro-Switarは四半世紀も前から神格化されて安定の高嶺/高値の花。ここで目をつけたのが使いづらそうなwこの鏡玉、Switar 13mm F0.9 でございます。F0.9という明るさは大きなフィルムサイズの世界ではおよそ考えられないほどに明るいのですが、絞りを開放にしたらピントが合う範囲がめっっっちゃ狭くなると同時に、物理的に避けられない滲みが盛大に出てゴキゲンなんですよ〜🤣

KERN Switar 13mm F0.9(D-mount) & PENTAX Q
Img_8953s

2023年3月 3日 (金)

Cinor B 23mm F2.3(D) & PENTAX Q@浅草寺

3ヶ月に一度の歯のメンテナンスに浅草に・・・と来れば浅草寺にお参りせねばバチが当〜た〜る〜w

f5.6 1/500sec. (ISO800)
 Camera: PENTAX Q Lens: Cinor B 23mm F2.3
Imgp5799s

てなワケで本日の鏡玉はまたまた8mmムービー用、おふらんすは SOM BERTHIOT の Cinor B 23mm F2.3 でございます。8mmムービー用だからといってみんなかみんなホワホワではないのですが、やはり明るいところが少〜し滲む雰囲気、好みなんですよ〜😉

f5.6 1/320sec. (ISO800)
 Camera: PENTAX Q Lens: Cinor B 23mm F2.3
Imgp5787s

Cinor B 23mm F2.3(D-mount) & PENTAX Q
Img_8882s

2023年3月 2日 (木)

Cinor B 35mm F2(D) & PENTAX Q@東京音楽学校旧奏楽堂

先日お邪魔したフルート4本によるアンサンブルの本番のお手伝いに、上野の東京音楽学校旧奏楽堂までお出かけ。

f2 1/250sec. (ISO3200)
 Camera: PENTAX Q Lens: Cinor B 35mm F2
Imgp5687as

本来は録音だけのお手伝いだったのですが、PENTAX Q は小さくてシャッター音がほぼ全くしないので舞台撮影には最適、絞り開放で撮れば明るいところが滲むところも雰囲気作りには好適、そりゃ〜本番ちぅに撮影したくなるのが道理でござるぞ🤣

f2 1/200sec. (ISO3200)
 Camera: PENTAX Q Lens: Cinor B 35mm F2
Imgp5694as

Cinor B 35mm F2(D-mount) & PENTAX Q
Img_8879s

2023年2月28日 (火)

ZUNOW cine 13mm F1.9(D) & PENTAX Q@湯島天神

昨日(2/27)のコトですが、上野学園でフルート合奏稽古の見学となれば至近距離であるところの湯島天神が梅の盛りなのに出向かないとバチが当たります故、仕方なくwここ最近の写真な発作で7年半ぶりに出土した国産8mmムービー用の鏡玉、ZUNOW cine 13mm F1.9 を PENTAX Q に取り付けて持ち出しました。絞り開放遊びはしておりませんが、f5.6に絞るとワリときっちりと切れ込んでくれる印象ですね〜。

f5.6 1/320sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZUNOW cine 13mm F1.9
Imgp5625s

フツーの35mmスチルカメラ用のズノーレンズは色々とレア度が重なって(アレ度も重なってますがw)天文学的な値段wになっておりますが、8mmムービー用レンズは知名度がないので他の鏡玉よりは少々割高ですがなんとか贖えてしまったという体たらくでござる🤣

f5.6 1/320sec. (ISO125)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZUNOW cine 13mm F1.9
Imgp5607s

ズノー光学工業の鏡玉はナゾだらけですが、どうやらこの ZUNOW cine 13mm F1.9 はズノー光学工業製ではなく、小林精機でOEM生産されていたらしいです。

ZUNOW cine 13mm F1.9(D-mount) & PENTAX Q
Img_8808s

2023年2月25日 (土)

ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon16) & PENTAX Q@パシフィコ横浜(CP+)

農工大ピアノ部卒業直前だったかに突発的にフィルム写真にハマっていった愛すべき後輩から写真機材の祭典「CP+」のお誘いがあって、ちょうど写真な発作まっただ中なワタクシ、いそいそと桜木町へ馳せ参じましてな💨

現代の機材なんぞ全く知らないので浦島太郎以前でノケぞりっぱなし、AFの合焦が全く迷わずにむっちゃ速くなっていて、しかもモーターの動作音すら全く聞こえないどころか持っている手にすら振動が感じられないなんて、ま〜異次元でございました。

で、この手のイベントで欠かせないのは綺麗なお嬢さまのうるわしきお姿😊でして、オジさんむちゃくちゃ珍しくも挑戦してみましたぞ。持って行ったのはまたもや PENTAX Q に戦前 ZEISS の16mmムービー用標準レンズ、Sonnar 2.5cm F1.4。PENTAX Q につけるとけっこうな望遠になるので引っ込み思案なワタクシでもフツーに撮りやすい・・・のか?www

f1.4 1/320sec. (ISO800)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939)
Imgp5567as

やっぱりさすがの戦前の独逸光学機械の雄、大カール・ツァイスのレンズ、キリッと優しい描写がすんばらしいですね〜👌

f4 1/400sec. (ISO800)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939)
Imgp5559as

・・・85年前のレンズ、悪くないっしょ? (`・ω・´)シャキーン

ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon 16) & PENTAX Q
Img_0201

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 彫金 文化・芸術 旅行>アジア>フィリピン 旅行>アジア>中国 旅行>アジア>台湾 旅行>アジア>韓国 旅行>アジア>香港 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>北米 旅行>北米>アメリカ 旅行>日本>中国地方 旅行>日本>中部地方 旅行>日本>九州地方 旅行>日本>北海道 旅行>日本>北陸地方 旅行>日本>四国 旅行>日本>山陰 旅行>日本>東北地方 旅行>日本>甲信越 旅行>日本>近畿地方 旅行>日本>関東地方 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 鉄道>写真 鉄道>模型 鉄道>模型>マヌ34 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>オーディオ 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>ピアノ工房ピアピット 音楽>メーカー>ADLER Organ 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>BELL Organ 音楽>メーカー>BELTON 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>Chicago Cottage Organ 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>Farrand & Votey Organ 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>KAWAI 音楽>メーカー>MATSUMOTO 音楽>メーカー>NISHIKAWA Organ 音楽>メーカー>Packard Organ 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Battmann 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Bruckner 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Böhm 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Caplet 音楽>作曲家>Chaminade 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Clementi 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Fauré 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Gael 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Godard 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Hahn 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Hindemith 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>MacDowell 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>Massenet 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Reinecke 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Tchaikovsky 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>特殊管楽器 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のコメント

無料ブログはココログ