フォト

カテゴリー

カテゴリー「グルメ・クッキング」の306件の記事

2022年3月16日 (水)

激安ブロッコリー大量入荷

本日は月イチの高円寺詣で、ウチからだとJRの「都区内きっぷ」の方がおトクなので、帰りについ大久保で降りて新大久保までフラフラと🐌

Img_6392

おなじみイスラム横丁のど真ん中に素晴らしい八百屋さん:新宿八百屋があるのですが、な〜んと見切り品のブロッコリーが三房100円で山ほど転がっているのを発見👀👀👀👀👀

Img_6396

持てるだけ三十房1080円wでゲット、ほんの少〜しだけ傷んでいる箇所はありましたが、帰宅後母親に手伝ってもらって一時間半で茹で上げ完了。この冬は青物が高くてじっと我慢の日々でしたが、しばらくは豊かな食生活wが送れそうで。家じゅうがブロッコリーの香りで満たされてますぞ😝

2021年12月23日 (木)

駅そば@高崎駅2-4番線ホーム

昨日(12/22)は、フルートの素来聡子さんと石井孝治さんと三人でYouTube収録のため高崎の アトリエミストラル まで遠征〜(*´-`)

Img_5965

腹が減ってはなんとやらで、高崎駅2〜4番ホームのそのスジでは有名らしい立ち食い蕎麦の取材。しかもFacebookで「2-4番線ホーム」でチェックインできるとは、どなたか知らんがよ〜くわかっていらっしゃるw

Img_5963

13時ちょい過ぎに入店したのですがほとんどが売り切れでさすがにランチどきの仕込みがカンペキなんだなぁと思ったのですが、このコロナ禍で平日の営業時間が7:00〜13:30になった張り紙を見て、間に合って良かったなぁとホッとした我々でございました。

Img_5962

噂に違わず大満足でしたが、なにやら蕎麦の量が多くてなかなか減らなかったような🤣💦

2021年12月11日 (土)

アズール弦楽合奏団演奏会@本所地域プラザ

今年のアズール弦楽合奏団の演奏会、本来は明日(12/12)でしたが、会場であったすみだトリフォニー小ホールの一貫性のカケラもないコロナ対応のために直前になって会場変更を余儀なくさせられて本日(12/11)になりましてな。

Img_5946

午前中護国寺にてリハーサル、いったん散会後にここ本所地域プラザにてこれから18時開演です。

Img_5952

偽チェンバロと鳴り物(ピンクの小っちゃなタンバリンw)でヒト暴れですぞ〜(*´-`)

Img_5948

昼メシは音楽監督のお膝元の駒込は「ほんま」にて、鶏ベースのきのこポタージュラーメンというもはやラーメンの概念を逸脱した創作麺。無化調の優しく濃厚な味わいで本番の成功は確約されましたとさw

2021年12月 6日 (月)

石和温泉公衆浴場、併設食堂

リードオルガンコンサートは首尾よく終了。ちょいとのんびりしてから、いざ石和温泉公衆浴場へGo〜!!

Img_5936

19時少し前に着いたところ地元の長年連れ添ってきたであろうイイ感じのご夫妻たちのたまり場となっていて、あぁ、昭和時代は確かに夜7時のニュース前に家族が集まっていたんだよなぁぁぁ・・・と、しばし過ぎ去りし昔を懐かしむ我々でありました。

Img_5938

まずはお作法としてきはめて正しい「石和で2番目にうまい正油ラーメン」を食してから温泉で身を清め、地元の方々を邪魔しつつwのささやかな夕食会でござ〜い(*´-`)

Img_5943

あまりにもフツーの優しい美味しさに満ちたお食事の数々、そっか、今日は日曜日だから銭湯行ってお食事して、な日だったのかなぁとも思ったりして。まぁ我々はいちいち大げさに感動しましたが地元の方々にとってはあったり前の日常なわけで、微笑ましく見守って下さってありがとうございました。

Img_5944

ココで衝撃のツッコミが店の方から。
「 親 子 な ん で す か ? 」爆爆爆www

2021年12月 4日 (土)

石和温泉公衆浴場

明日(12/5)は小淵沢の「スタヂオぴーの」でリードオルガンコンサート。せっかくなので、いつもの修復の渡邉祐治さんと安い健康ランドで一泊、途中の石和温泉(いさわおんせん)にナニやら良さげな銭湯があるとのことで立ち寄りましたよ〜。

Img_3561

あふれ出る昭〜和な風情そしてなんと食堂併設という舞台装置に大感動のワタクシ、21時少し過ぎての入湯だったのでお食事は終わっていましたが、そりゃ〜明日の帰りに寄らなきゃオトコがすたるw

Img_3563

時間差でじんわりじんわりと温まる温泉の質にも大満足で、入湯客のみの瓶の牛乳100円もためらわずにゲット。もう、明日のリードオルガンコンサートの成功は約束されたといえましょうw

Img_3565Img_3562

2021年10月 6日 (水)

リハビリ怪始〜

某事態宣言の怪除にともない、ゆるゆると人間としてのwリハビリ怪始でござい🐌

そして我がお財布のリハビリwのためにも、みなさま方におかれましては 10月23日高円寺14時怪演な、 沈黙は金・雄弁は銀 act.1 にご来場賜りますように臥して、違った、伏してお願い申し上げ候!🙇🏻

Img_5498

ウチから徒歩2分の二郎インスパイア系にて、野菜ちょいマシニンニクアブラの二辛。リハビリと言いつついつも通りなのはココだけのハナシ🤭

Img_5496Img_5497

2021年7月16日 (金)

柿乃木@藤岡市

本日は久々のグンマー行脚で、いつものw渡邉號同乗(^^)

高崎のアトリエミストラルで「リードオルガンを聞く会」の映像しぅろくを済ませて富岡へ、そして帰りの藤岡市の国道254号線沿いの超地元密着な店が渡邉氏お気に入りとのことで突入。

Img_4661

ワリとなんでもありそうな店、名物がひれかつ丼とのこと。「せがれのひれかつ丼」はご飯300g、「おやじのひれかつ丼」はご飯400g、それでも多い人のために「孫のひれかつ丼(だったかな?w)」がご飯200g。

Img_4664jog

ちょっと前まではフツーに「おやじ」を完食できたと思うのですが、最近少々限界を感じるwようになったので「せがれのひれかつ丼」をチョイス、このあたりはソースカツ丼文化ですが、ソースをかける形態でなくソース味のたれに漬けた感じなのが興味深し。

Img_4665

や〜、大満足でございました (*´-`)

2021年5月13日 (木)

玉ねぎまつり〜♪

Img_4126

こないだの100g10円の新玉ねぎをサクッと消費した矢先にま〜た発見。このどデカい玉ねぎ4個の見切り品100円が転がってくるとは、神サマはちゃぁんと見ていらっしゃいますナ(*´-`)

Img_4128

重さを測らなかったのが痛恨wですが、全〜部刻んでが〜っと炒めて適当スパイスカレーのモトになりましたとサ(´-`).。oO

Img_4130

2021年5月10日 (月)

底値の新玉ねぎ発見(*´-`)

東京周辺って人口が半端なく消費形態も多種多様ですから生鮮品ブローカーもまた多種多様にハンパなく発達してますが、さすがにこの値段を切る新玉ねぎは見たことがないかも。しかもコレ佐賀産ですから、流通コストを吸収するメカニズムが不思議で不思議で。

Img_4116

オリーブオイルで軽くアブって、みりんとウチではコレしか使わないニンニク醤油1:1の蒸し焼きで春の味覚万歳!

Img_4114

2021年4月28日 (水)

春の味覚拝受

春の味覚のおすそ分けをありがたく拝受、天ぷらが常道とは言えウチには天ぷら粉はおろか粉系な素材が全くございませんでな。

Img_4032

さすがに粉までおねだりするのは沽券にカカワりますしw、このためだけに小麦粉買ったらその時点で赤字確定ですしww、パスタを挽いて粉にするのもくっそ面倒ですしwww

Img_4033

・・・ハイ、軽く数分湯がいてキレイな緑色が出ましたぜ。タラの芽のほろ苦さは天ぷらにしてこそだったようで、少し青くさい苦みがこれまたイイ感じでございました。ストレートでもよし、酢醤油でもよし、北海道でグリーンアスパラを食したときのマヨネーズ&醤油でも合いそうな(*´-`)

Img_4039

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 彫金 文化・芸術 旅行>アジア>フィリピン 旅行>アジア>中国 旅行>アジア>台湾 旅行>アジア>韓国 旅行>アジア>香港 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>北米 旅行>北米>アメリカ 旅行>日本>中国地方 旅行>日本>中部地方 旅行>日本>九州地方 旅行>日本>北海道 旅行>日本>北陸地方 旅行>日本>四国 旅行>日本>山陰 旅行>日本>東北地方 旅行>日本>甲信越 旅行>日本>近畿地方 旅行>日本>関東地方 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 鉄道>写真 鉄道>模型 鉄道>模型>マヌ34 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>オーディオ 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>ピアノ工房ピアピット 音楽>メーカー>ADLER Organ 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>BELL Organ 音楽>メーカー>BELTON 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>Chicago Cottage Organ 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>Farrand & Votey Organ 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>KAWAI 音楽>メーカー>NISHIKAWA Organ 音楽>メーカー>Packard Organ 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Battmann 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Bruckner 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Böhm 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Caplet 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Clementi 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Fauré 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Gael 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Godard 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Hahn 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Hindemith 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>MacDowell 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>Massenet 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Reinecke 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Tchaikovsky 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>特殊管楽器 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ