フォト

カテゴリー

カテゴリー「グルメ・クッキング」の282件の記事

2020年9月11日 (金)

途の駅ほっこう/置戸町

電波がないトコばかりにいたこともあって食堂なんぞに出会えるハズもなく、やっとこさの昼メシは17時半。

Img_1446

なんとなく選んだ道沿いに見つけたのは地元の名店らしく、地元の玉ねぎをがっつりスライスしてど〜んと乗せた昔懐かしい少し甘めな醤油味のオニオンラーメンが絶品ちぅの絶品で。

Img_1449

味も量も大満足というか、このラーメンとカツ丼のセット、両方とも普通に一人前にしか思えんし。まだまだ大食らいなワタクシですが、残り少なくなってからなかなか減らないという感覚に久々になれましたとさw(*´-`)

Img_1447

2020年8月23日 (日)

California Style Kitchen/印西牧の原

動画しぅろくが終われば、ピアノ工房ピアピットの親分行きつけのお店にGo!

Img_1200

カリフォルニアで長年暮らしていたというオーナーの味も盛りつけも洗練されていて、量はアメリカ〜ン (*´-`)

Img_1202

うっかりwタコスのプレートを発注してしまって、去年出向いたメキシコの屋台タコスとま〜るで違う洗練ぐあいに「こんなシャレオツなのタコスぢゃねぇ」と口走る失礼なワタクシ。イヤ、その、まことに美味しゅうございましたw

2020年7月 8日 (水)

海沼ドライブインの奇跡のジンギスカン、そして通行止め回避の山越えw

さて、せっかく久々に遠出したからには、まっすぐ帰る選択肢はございません(`・ω・´)

Img_0916

小布施から長野市を抜けて犀川沿いの国道19号を一路松本へ。そう、昨日来の豪雨で茶色い濁流と化した犀川の迫力はすさまじく、眺めるとクラっと吸い込まれそうな。信州新町の少し手前でダムから轟音とともに濁流が放たれているのを見て思わず真ん前のドライブインにクルマを停める渡邉さん、こりゃ〜とてもぢゃないけど映像では表現できないよなぁ〜と嘆息しつつ振り返ると、いかにも昭和なドライブインなたたずまいの「海沼ドライブイン」の看板発見〜。それにしてもこのあたりにやたらとジンギスカンが多いのには、何か由来があるのかしらん?(*´-`)

Img_0927

*信州新町の「ジンギスカン街道」情報発見!
http://shin-machi.com/jingisukanroad/jingisukanstory.html

Img_0924

おそらくすりおろしりんごをた〜っぷり使っていながらもスパイスをあまり使っていなさそうな、濃厚なのにまったく口にまとわりつかないジンギスカンだれの素晴らしさたるや、もはや奇跡ではなかろうかとさえw

Img_0922

しかも温泉も宿泊もできるとのことで再訪を誓いつつ松本へクルマを転がしていくと、あろうことか電光掲示板に「土砂流出、R19通行止」でしかもガソリンが微妙。行けるとこまで行って篠ノ井線方面か大糸線方面に山越えだなぁとの楽観的(甘いw)判断のもと突き進むと、あんれまぁ、県道55号に抜ける少し手前で無情にも通行止😱、通行止め柵の写真を撮っていないほど余裕がなかった我々でございました。

Img_0933

ここで少しは険しくなさそうな信濃大町方面に舵を切ったのは正怪でしたが、県道469号の存在に気づかず、めっっっちゃ細い山道な野平神社→八坂の経路を爆走wして信濃常盤のGSで給油完了。お騒がせしました〜σ^_^;

2020年5月31日 (日)

山椒の実、到着!

某所山奥から自生の旬の味覚がチルド便で届きましたよ〜(*´-`)

Img_0429

枝やらトゲやらをパーフェクトに分けて送ってくださるとは感謝感激で、あとは湯がくだけでハイできあがり〜。旬の味覚が年間通しての味覚になりそうな雰囲気でございますな(`・ω・´)

Img_0431

も〜、家の中じゅうが山椒の香りで、コレだけでメシが食えそうσ^_^;

Img_0433

2020年5月25日 (月)

安直ムング豆カレー

完熟ちょい過ぎトマト4個100円をゲット、新玉ねぎもどデカいのが1個30円とくれば、テキトーに刻んで炒めてスパイスミックス入れて30分煮込むだけの安直カレーでござい。

Img_0385

弾きこもりw用にひよこ豆とムング豆は某新大久保のイスラム横丁でごっそり買い込んであったので、豆の在庫は潤沢。玉ねぎ刻んで1ℓ450円だったかのオリーブ油で炒めて、常備菜wの醤油漬けニンニク刻んで放り込んで、一番熟れすぎたトマトを刻んでスパイスミックスと一緒に投入。

Img_0387

トマトから出た水が少しトロっとしてきたら、ムング豆を浸けておいた水と一緒にザバッと入れてあとはひたすらぐつぐつぐつぐつ。美味しゅうございました(*´-`)

Img_0388

2020年4月18日 (土)

「ONLINE PARTY MARKET」支援:目黒「Bar Valse」

2017年秋にクラヴィコードライヴを行うなどお世話になっている目黒のクラシック音楽バー「Bar Valse」がご多聞にもれずに苦境に立たされておりまして、少しでも力になれればと情報を載せることにいたします。一人呑みの習慣が全くないワタクシなのですが、ここ Bar Valse には足を向けては寝られないんですよね〜(ナニか違うw)

22552618_1091106941023438_544561494

今、ヤツらのせいであらゆる業種が苦しくさせられてしまっていますが、実は忙しくし過ぎていた自分をゆっくり見つめ直す機会、とも捉えられるのではないでしょうか。もはや「経済成長」だとか、数を集めれば勝ち組だとか、アレもコレも手広く、という人間社会のあり方自体が持ちこたえられなくなっていることが、実はそこら中に噴出しているいわゆる「現代の歪み」などに象徴されているような気がしています。「ヤツらのせい」というだけで思考を止めてしまうのは、大事を誤ってしまうような気がしてなりません(`・ω・´)

そんな中で、それぞれが「ココは!」という場所をお持ちかと思います。数多くでなくてもイイですから、少しずつでも支援の動きを広めていきませんか?(*´-`)

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

【ご支援ご協力のお願い】
 この度ONLINE PARTY MARKETに登録いたしました。

 https://tsurezure.theshop.jp/items/28127830

 こちらはオンライン飲み会用の背景画像(¥500)をご購入いただくことで、
 手数料などを引いた大半の売り上げが飲食店にまわるサイトです。
 当面の店舗維持費として使わせていただきたく
 当店でも選りすぐりの画像をご用意いたしました。
 ぜひご活用いただき、ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
               bar valse 齊藤容平

是非ともココからお立ち寄りくださいませ!

2020年1月18日 (土)

柏木Vn教室新年会〜

Img_9400

某柏木Vn教室の新年会、はじまりはじまり〜(*´-`)

Img_9401

今年のワタクシの持ち寄りは、茹でて漬けるだけのお手軽鶏レバーのニンニク醤油漬けでした(`・ω・´)

Img_9398

2020年1月14日 (火)

今年最初のスマイル治療院&モッコリ豚/新座

いつもは年末に出向くのにサボっていた今年最初の身体いぢめ、スマイルくんの施術は相変わらずさすがのお手前で詰まっていた自覚症状が見事に消えてスッキリ。となると、施術後はやっぱり良質wな脂とタンパク質を摂取せねばならんワケでしてな(`・ω・´)

Img_9367

ですが、なんと残念なことに今度の日曜で閉店、志木駅南口に屋号も変えて再出発とのこと。ココのニンニクトリプルそして醤油っぽくないスープは大ファンだったので残念至極。

Img_9365

2020年1月 5日 (日)

激安アボカド納豆パスタ

8個50円で完熟少し行き過ぎたアボカドをゲット、と来れば、切って混ぜるだけなアボカド納豆パスタ。パスタが5kg500円でごっそり仕入れてあるのもポイント高〜し(`・ω・´)

Img_9344

常備してあるニンニク醤油大さじ一杯のみですじゃ。アボカドと混ぜるので二杯でも三杯でも塩辛くは感じないでしょうが、塩分が心配なオトシゴロ。

Img_9345

・・・切って混ぜて撮るだけで投稿できたし(*´-`)

Img_9346

2019年11月17日 (日)

Piacenza から日本人ワイン醸造家一時帰国!

農工大ピアノ部の後輩で、ワインにハマって脱サラしてあれよあれよという間にイタリアのワイン造りの現場に斬り込んでいるという愛すべき大変態:美濃和 駿(みのわ しゅん)くんの一時帰国イベントに参上っ(`・ω・´)

Img_9067

なんでも Milano から南へ1時間程度、弦楽器の街として有名な Cremona のほぼ隣町の Piacenza で地元の土壌の性格に逆らわずに何年も(!)かけて発酵させるというおよそ現代のスピード感とは真逆の造り手のところで修業ちぅとのこと。畑も借りてようやくこぎつけたという試験醸造のワインは、やはり先輩のワインの性格を受け継いでいることがはっきりと伺えて頼もしい限り。

Img_9069

妹さんの悪意を感じるがごとく味の濃いwおでんなどもめっちゃ美味しくて、ワタクシ最近めっきり酒が飲めなくなったハズなのに全種類飲めてしまったのが良いのかどうなのか(*´-`)

Img_9065

実はワタクシ、ちょうど彼らが農工大ピアノ部在学中にワインとチーズに傾いていたんですわ。わりかし頻繁にw国分寺南口マルイの地下(ちょうど改装工事が終わったのもタイミング良かったらしいw)で買ったブツを部室に差し入れて、開栓後1時間ずつとか時間を置いてワインの味の変化を一緒に体験していたのがま〜さかこんな時限爆弾になっていたとは。まぁセキニンは感じるが責任は取らないもんね。教育とは時限爆弾なり💣

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 文化・芸術 旅行>アジア>フィリピン 旅行>アジア>中国 旅行>アジア>台湾 旅行>アジア>韓国 旅行>アジア>香港 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>北米 旅行>北米>アメリカ 旅行>日本>中国 旅行>日本>中部 旅行>日本>九州 旅行>日本>北海道 旅行>日本>北陸 旅行>日本>四国 旅行>日本>山陰 旅行>日本>東北 旅行>日本>甲信越 旅行>日本>近畿 旅行>日本>関東 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 鉄道>写真 鉄道>模型 鉄道>模型>マヌ34 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>ピアノ工房ピアピット 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>KAWAI 音楽>メーカー>NISHIKAWA 音楽>メーカー>Packard 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Battmann 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Bruckner 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Clementi 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Faurè 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>MacDowell 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Tchaikovsky 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>特殊管楽器 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

無料ブログはココログ