フォト

カテゴリー

カテゴリー「グルメ・クッキング」の300件の記事

2021年7月16日 (金)

柿乃木@藤岡市

本日は久々のグンマー行脚で、いつものw渡邉號同乗(^^)

高崎のアトリエミストラルで「リードオルガンを聞く会」の映像しぅろくを済ませて富岡へ、そして帰りの藤岡市の国道254号線沿いの超地元密着な店が渡邉氏お気に入りとのことで突入。

Img_4661

ワリとなんでもありそうな店、名物がひれかつ丼とのこと。「せがれのひれかつ丼」はご飯300g、「おやじのひれかつ丼」はご飯400g、それでも多い人のために「孫のひれかつ丼(だったかな?w)」がご飯200g。

Img_4664jog

ちょっと前まではフツーに「おやじ」を完食できたと思うのですが、最近少々限界を感じるwようになったので「せがれのひれかつ丼」をチョイス、このあたりはソースカツ丼文化ですが、ソースをかける形態でなくソース味のたれに漬けた感じなのが興味深し。

Img_4665

や〜、大満足でございました (*´-`)

2021年5月13日 (木)

玉ねぎまつり〜♪

Img_4126

こないだの100g10円の新玉ねぎをサクッと消費した矢先にま〜た発見。このどデカい玉ねぎ4個の見切り品100円が転がってくるとは、神サマはちゃぁんと見ていらっしゃいますナ(*´-`)

Img_4128

重さを測らなかったのが痛恨wですが、全〜部刻んでが〜っと炒めて適当スパイスカレーのモトになりましたとサ(´-`).。oO

Img_4130

2021年5月10日 (月)

底値の新玉ねぎ発見(*´-`)

東京周辺って人口が半端なく消費形態も多種多様ですから生鮮品ブローカーもまた多種多様にハンパなく発達してますが、さすがにこの値段を切る新玉ねぎは見たことがないかも。しかもコレ佐賀産ですから、流通コストを吸収するメカニズムが不思議で不思議で。

Img_4116

オリーブオイルで軽くアブって、みりんとウチではコレしか使わないニンニク醤油1:1の蒸し焼きで春の味覚万歳!

Img_4114

2021年4月28日 (水)

春の味覚拝受

春の味覚のおすそ分けをありがたく拝受、天ぷらが常道とは言えウチには天ぷら粉はおろか粉系な素材が全くございませんでな。

Img_4032

さすがに粉までおねだりするのは沽券にカカワりますしw、このためだけに小麦粉買ったらその時点で赤字確定ですしww、パスタを挽いて粉にするのもくっそ面倒ですしwww

Img_4033

・・・ハイ、軽く数分湯がいてキレイな緑色が出ましたぜ。タラの芽のほろ苦さは天ぷらにしてこそだったようで、少し青くさい苦みがこれまたイイ感じでございました。ストレートでもよし、酢醤油でもよし、北海道でグリーンアスパラを食したときのマヨネーズ&醤油でも合いそうな(*´-`)

Img_4039

2021年4月21日 (水)

ホープ軒本舗@大塚

本日は高円寺→駒込という都区内横断の午後、となれば使うきっぷはJRの『都区内パス』760円ナ〜リ。

Img_4012

駒込19時終了ではウチの最寄りまでのんびり帰ると外食リミットの20時ギリギリになってしまうと気づいてヒラめいたのが、高校生の頃にたま〜に食していた大塚の『ホープ軒本舗』。山手線の車窓からなんとなく店が見えるので、なんだか小ぎれいになったなぁとは思えど、ここ20年くらいw気になっていたんですわ。

Img_3996

おそらく前世紀以来の再訪、果たして、昔のようなどんぶりのフチはおろか外側まで背脂でギトギトだった昔日の面影はきれいさっぱりと滅菌消毒され洗い流されており、文化祭の食販がごとき「お願いします」やら「ごゆっくりどうぞ」やらいかにも過剰に「失礼」を畏怖する現代っ子っぽくお上品くさいwやり取りも、昔の大塚という土地ガラ(^x^;を知るオジさんにはむちゃくちゃ鼻につきましたが、現代の物販って全てがこうなってしまう運命でしょうからグチグチ言うのはココだけにしときましょか ヽ( ̄▽ ̄)ノ

Img_3994

もはや万事が中庸化された現代のヌルさに骨抜きにされてしまった時代の犠牲者なのでしょうか、味のパンチもま〜るで全然物足りなくなっており、少なくとも脂は多めにしてもらうべきだったなぁwと反省至極。ラーメン二郎やら横浜家系ラーメンがウケているこの時代、個性をウリにするのは難しいでしょうが、滅菌消毒されたお上品な背脂系ラーメンとはこれいかにw

2021年4月17日 (土)

二葉會館@金町

古き佳き時代の楽器の音色そして表現をことのほかお好みなだけでなく、正統的な現代の楽器演奏としてまとめられる実力者:フルートの素来聡子さんと石井孝治さんとのYouTubeしぅろくを激狭の拙宅秘蔵のウィーン式アクションのベーゼンドルファーを使って決行しましてな。

Img_3999

まぁなんとか使えそうなテイクがそこそこまとめて録れてお気に入りの激安焼肉に電話したところなんと30分待ちとのことで、まさかこの地元でと思うような孤高な優良洋食:二葉會館サンセールの前にそれとなくご案内、果たしてまんまとw食いついてくださり、落ち着いたディナーと相成りましたとさ。葛飾な値段ゆえ圧倒的にリーズナブルなのもポイント高し (*´-`)

Img_3988

ココ二葉會館は一昔前までは独立した結婚式場付の洋食で、昭和に一流を提供し続けるべく頑張っていた証がきっちり残っていましてね。このガラのわりぃw城東地区、こんな存在がポツポツと残っているのが七不思議かも。

Img_3983

2021年1月18日 (月)

ひさびさのいわき詣で:チーナン食堂/いわき

本日(1/18)はひさびさにいわき芸術文化交流館アリオス(いわきアリオス)の楽器弾きこみなお仕事(`・ω・´)

Img_2923

ココは所蔵している楽器もヨいのですが、それより楽しみなのは豪華ランチでしてな。今日は弾きこみ要員はワタクシ1人だったので、いつも同乗させてもらっている調律師氏発案で海鮮丼ランチの次に地元の名店でラーメンという乱暴狼藉w

Img_2914

この年季の入った普通のラーメンの味わい深さ、背脂が浮いていてこってり系かと思いきやまさかのあっさり系にまずビックリで。しかも絶妙な塩味に野菜っぽい甘みにベタつかない脂やら、複雑さにヤラれました。こりゃ毎日でも飽きないでしょね〜(*´-`)

Img_2919

2021年1月11日 (月)

鏡開き〜♪

本日(1/11)は鏡開きの日ですが、ウチに鏡餅を飾る場所なんぞあるハズもなくw

Img_2795

例によって母親のヒキの強さ、去年11月に賞味期限切れ一ヶ月後で400g4袋が100円だった無添加表示な中国製つぶあんこしあんセット。ちょっと水を加えて塩ひとつまみで煮立たせれば、誰でもカンタンなお汁粉かぜんざいか。

Img_2797

ん? 賞味期限切れてるだろって? 滅法おいしかったので無問題〜(*´-`)

2020年12月26日 (土)

酸菜完成〜♪

クリスマスのタイミングで、めでたく酸菜ができました♪

Img_2684

少し塩が強かったので食い過ぎないようにしなきゃと思えど、ウマいウマい。年末まで持つかしらん?w

2020年12月15日 (火)

激安白菜で酸菜の仕込み

寒〜くなったタイミング、なぜか一玉120円の安〜い白菜が2つ入荷。わが母親の引きの強さにはホントに助かるんですね〜(*´-`)

Img_2573

ひさびさに、塩だけで漬けて乳酸発酵させる中国東北部風の酸菜の仕込みでございま〜す。・・・と言っても、半分に裂いて塩をばばばと擦り込んで重ねて詰め込んで重しをして10日ぐらい放置するだけなんですがね〜(`・ω・´)

Img_2574

おいしくな〜れ!

Img_2575

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 文化・芸術 旅行>アジア>フィリピン 旅行>アジア>中国 旅行>アジア>台湾 旅行>アジア>韓国 旅行>アジア>香港 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>北米 旅行>北米>アメリカ 旅行>日本>中国地方 旅行>日本>中部地方 旅行>日本>九州地方 旅行>日本>北海道 旅行>日本>北陸地方 旅行>日本>四国 旅行>日本>山陰 旅行>日本>東北地方 旅行>日本>甲信越 旅行>日本>近畿地方 旅行>日本>関東地方 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 鉄道>写真 鉄道>模型 鉄道>模型>マヌ34 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>オーディオ 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>ピアノ工房ピアピット 音楽>メーカー>ADLER 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>BELL 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>Chicago Cottage Organ 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>Farrand & Votey 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>KAWAI 音楽>メーカー>NISHIKAWA 音楽>メーカー>Packard 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Battmann 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Bruckner 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Böhm 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Clementi 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Fauré 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Hindemith 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>MacDowell 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Reinecke 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Tchaikovsky 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>特殊管楽器 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ