フォト

カテゴリー

« 松田町寄(やどりき)ロウバイまつり | トップページ | Caleb Simper(1856-1942)「17 Voluntaries for the Organ, American Organ or Harmonium」第2巻から第3曲『Offertoire』を、戦前1930年代前後の日本樂器 第八號 リードオルガンで »

2024年2月 2日 (金)

トーカイ製ベントサイドスピネットで、ヘンデル『組曲 ニ短調, HWV437』からサラバンドを

一世を風靡したトーカイ製ベントサイドスピネットで、ヘンデル『組曲 ニ短調, HWV437』からサラバンドです。
古楽器も作ってパイプオルガンも弾いてしまう調律師の嶋田ひろみさんからのトーカイ製ベントサイドスピネットがピアピットに登場ですぞ(*´-`)

ピアノな方々でチェンバロと言えば判で押したように J.S.バッハを弾くことが多いように見受けられますが、いやいやいや、J.S.バッハは基本的に複雑で大〜変です。ヘンデルを忘れてはなりませぬぞ〜😉

オリジナルの独自な一体型の爪周りを、現代一般的なチェンバロの構造に換装してばっちりオーバーホールしてあり、しっかりした鳴りになってます。

*ピアノ工房ピアピット(千葉県印西市)
ピアノは本気で直せば古いピアノでも必ずよみがえります
http://www.piapit.com/repair.html

« 松田町寄(やどりき)ロウバイまつり | トップページ | Caleb Simper(1856-1942)「17 Voluntaries for the Organ, American Organ or Harmonium」第2巻から第3曲『Offertoire』を、戦前1930年代前後の日本樂器 第八號 リードオルガンで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松田町寄(やどりき)ロウバイまつり | トップページ | Caleb Simper(1856-1942)「17 Voluntaries for the Organ, American Organ or Harmonium」第2巻から第3曲『Offertoire』を、戦前1930年代前後の日本樂器 第八號 リードオルガンで »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

無料ブログはココログ