フォト

カテゴリー

« Cinor B 23mm F2.3(D) & PENTAX Q@浅草寺 | トップページ | Marchant(1850-1921)「The Sanctuary Series Book.14, for the American Organ, Piano or Organ」から『Melodiè religieuse』を、1900年ごろカナダはベル社の豪華棚付きリードオルガンで »

2023年3月 5日 (日)

Switar 13mm F0.9(D) & PENTAX Q/Wild Husky 足踏みオルガン日本めぐり旅@ギャラリーマルヒ(谷中)

リードオルガンシンガーのハスキーさんのお誕生日ライヴ@谷中〜😎
ハスキーさんが毎日毎日がっつり弾き倒しているYAMAHAの小型オルガン、それはそれは良き反応で低音の切れも芳しく、実に愉しいひとときでございましたぞ👌

Img_8947s

そしてそして、怪しい写真な発作真っ只中のワタクシにとって、こりゃ格好の題材にな〜る〜😛。昨今のレンズ好きな世界では「明るい単焦点鏡玉」がもてはやされて相場が異常に釣り上げられているフシもございますが、8mmムービーの世界には明るい単焦点鏡玉はフツーな顔で転がっているモンでしてな😏

f0.9 1/200sec. (ISO1600)
 Camera: PENTAX Q Lens: KERN Switar 13mm F0.9
Imgp5855as

f0.9 1/200sec. (ISO1600)
 Camera: PENTAX Q Lens: KERN Switar 13mm F0.9
Imgp5854as

スイスのKERN社のSwitarなる鏡玉はそれなりに有名でして、その中でも近くまで寄って撮れるMacro-Switarは四半世紀も前から神格化されて安定の高嶺/高値の花。ここで目をつけたのが使いづらそうなwこの鏡玉、Switar 13mm F0.9 でございます。F0.9という明るさは大きなフィルムサイズの世界ではおよそ考えられないほどに明るいのですが、絞りを開放にしたらピントが合う範囲がめっっっちゃ狭くなると同時に、物理的に避けられない滲みが盛大に出てゴキゲンなんですよ〜🤣

KERN Switar 13mm F0.9(D-mount) & PENTAX Q
Img_8953s

« Cinor B 23mm F2.3(D) & PENTAX Q@浅草寺 | トップページ | Marchant(1850-1921)「The Sanctuary Series Book.14, for the American Organ, Piano or Organ」から『Melodiè religieuse』を、1900年ごろカナダはベル社の豪華棚付きリードオルガンで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Cinor B 23mm F2.3(D) & PENTAX Q@浅草寺 | トップページ | Marchant(1850-1921)「The Sanctuary Series Book.14, for the American Organ, Piano or Organ」から『Melodiè religieuse』を、1900年ごろカナダはベル社の豪華棚付きリードオルガンで »

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ