フォト

カテゴリー

« ダウランド(1563-1626)『涙のパヴァーヌ』を、1954年製ヤマハ5号リードオルガンで | トップページ | スクリャービン『2つの詩曲 op.63』から第1曲「Masque」を、1905年製プレイエル3bisピアノ(85鍵)で »

2021年8月21日 (土)

10月23日/沈黙は金・雄弁は銀 ACT.1@ソフィアザールバロック高円寺

「不要不急」というキーワードで全てが規制されてしまいがちなこのごろですが、ちょ〜っと待っていただきたい。人間という存在を単なる生き物でなく(この表現もチト語弊がありますが)人間たらしめているのは、他でもない「不要不急」ができる存在だからではないでしょうか。音楽活動に限りませんで、およそ全ての人間の活動は、等しく人間が自らの尊厳を守るために欠くことができないということ、皆が痛感させられてきたことでしょう。

某緊急事態宣言が延長に延長を重ねていること、思うところはそれぞれに強〜烈にございましょうが、この国の状況についてネット上で文句を言ったところでいっときのガス抜きにしかならない・・・のはサンザン経験してますよね〜。この国の状況に関わらず従来通りの活動が困難になってしまったのもまた確かですし、それなら範囲を絞った上で自分にできることを細々と続ける以外の選択肢は存在し得ないのではないでしょうか。この不要不急なwピアノ演奏会は10月23日の土曜日です。どこであってもナニをやってもウイルスな奴らが免罪符を発行してくれるハズもございませんが、それであっても、今、音楽家ができるのは不要不急の音楽以外にはないのであります。

我々にはすでに感染防止の経験が1年半以上あるワケですから、勘所はかなり理解できているはずです。定員50名のところ半分の25名に減らし、時間も少しコンパクトに抑えての開催、くれぐれも無理はなさらずですが、おいでくだされば嬉しいです。少しでも体調に不安があれば当日でも遠慮なくキャンセルしていただきたく、入場料は当日精算にしてあります。受付でのやり取りを少しでも減らすため、お釣りのないように3000円ちょうどの準備をしていただければ幸甚に存じます。


・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

2021年10月23日(土)14時開演(13時半開場)
高円寺、ソフィアザールバロック高円寺
(JR高円寺駅北口徒歩10分程度/中野区大和町1-29-12)
3000円(当日精算/25名限定、要予約)
共催 ソフィアザール
申し込み 090-8348-1170(ソフィアザール:遠藤)
  bergheil69@me.com(筒井)

声高で乱暴な主張ばかりの世の中、疲れませんか?

20211023_leaflet

<プログラム>
 モーツァルト (1756-1791)
  ロンド ニ長調 K.485
 シューベルト (1797-1828)
  即興曲 D935(op.142)-2
 グリーグ (1843-1907)
  「抒情小品集」から
 フィビヒ (1850-1900)
  小品集「気分、印象そして追憶」から
 ドビュッシー (1862-1918)
  夢
 ポンセ (1882-1948)
  間奏曲 第1番
 シャミナード (1857-1944)
  目覚まし時計
 サティ (1866-1925)
  『星たちの息子』への3つの前奏曲
                    (曲順不同)

*参考動画(本番の楽器はコレじゃないですよ〜)
ポンセ/間奏曲 第1番

« ダウランド(1563-1626)『涙のパヴァーヌ』を、1954年製ヤマハ5号リードオルガンで | トップページ | スクリャービン『2つの詩曲 op.63』から第1曲「Masque」を、1905年製プレイエル3bisピアノ(85鍵)で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダウランド(1563-1626)『涙のパヴァーヌ』を、1954年製ヤマハ5号リードオルガンで | トップページ | スクリャービン『2つの詩曲 op.63』から第1曲「Masque」を、1905年製プレイエル3bisピアノ(85鍵)で »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ