フォト

カテゴリー

« 二葉會館@金町 | トップページ | フォーレ『コンクール用小品』を、19世紀末のフルートとベーゼンドルファーで(フルート:素来聡子) »

2021年4月21日 (水)

ホープ軒本舗@大塚

本日は高円寺→駒込という都区内横断の午後、となれば使うきっぷはJRの『都区内パス』760円ナ〜リ。

Img_4012

駒込19時終了ではウチの最寄りまでのんびり帰ると外食リミットの20時ギリギリになってしまうと気づいてヒラめいたのが、高校生の頃にたま〜に食していた大塚の『ホープ軒本舗』。山手線の車窓からなんとなく店が見えるので、なんだか小ぎれいになったなぁとは思えど、ここ20年くらいw気になっていたんですわ。

Img_3996

おそらく前世紀以来の再訪、果たして、昔のようなどんぶりのフチはおろか外側まで背脂でギトギトだった昔日の面影はきれいさっぱりと滅菌消毒され洗い流されており、文化祭の食販がごとき「お願いします」やら「ごゆっくりどうぞ」やらいかにも過剰に「失礼」を畏怖する現代っ子っぽくお上品くさいwやり取りも、昔の大塚という土地ガラ(^x^;を知るオジさんにはむちゃくちゃ鼻につきましたが、現代の物販って全てがこうなってしまう運命でしょうからグチグチ言うのはココだけにしときましょか ヽ( ̄▽ ̄)ノ

Img_3994

もはや万事が中庸化された現代のヌルさに骨抜きにされてしまった時代の犠牲者なのでしょうか、味のパンチもま〜るで全然物足りなくなっており、少なくとも脂は多めにしてもらうべきだったなぁwと反省至極。ラーメン二郎やら横浜家系ラーメンがウケているこの時代、個性をウリにするのは難しいでしょうが、滅菌消毒されたお上品な背脂系ラーメンとはこれいかにw

« 二葉會館@金町 | トップページ | フォーレ『コンクール用小品』を、19世紀末のフルートとベーゼンドルファーで(フルート:素来聡子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二葉會館@金町 | トップページ | フォーレ『コンクール用小品』を、19世紀末のフルートとベーゼンドルファーで(フルート:素来聡子) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ