フォト

カテゴリー

« おぶせミュージアム 中島千波館、1923年製YAMAHAリードオルガン納入 | トップページ | R.D.Klaafman作曲(?)による『Communion』を「おぶせミュージアム・中島千波館」のヤマハ1923年製リードオルガンで »

2020年7月 8日 (水)

海沼ドライブインの奇跡のジンギスカン、そして通行止め回避の山越えw

さて、せっかく久々に遠出したからには、まっすぐ帰る選択肢はございません(`・ω・´)

Img_0916

小布施から長野市を抜けて犀川沿いの国道19号を一路松本へ。そう、昨日来の豪雨で茶色い濁流と化した犀川の迫力はすさまじく、眺めるとクラっと吸い込まれそうな。信州新町の少し手前でダムから轟音とともに濁流が放たれているのを見て思わず真ん前のドライブインにクルマを停める渡邉さん、こりゃ〜とてもぢゃないけど映像では表現できないよなぁ〜と嘆息しつつ振り返ると、いかにも昭和なドライブインなたたずまいの「海沼ドライブイン」の看板発見〜。それにしてもこのあたりにやたらとジンギスカンが多いのには、何か由来があるのかしらん?(*´-`)

Img_0927

*信州新町の「ジンギスカン街道」情報発見!
http://shin-machi.com/jingisukanroad/jingisukanstory.html

Img_0924

おそらくすりおろしりんごをた〜っぷり使っていながらもスパイスをあまり使っていなさそうな、濃厚なのにまったく口にまとわりつかないジンギスカンだれの素晴らしさたるや、もはや奇跡ではなかろうかとさえw

Img_0922

しかも温泉も宿泊もできるとのことで再訪を誓いつつ松本へクルマを転がしていくと、あろうことか電光掲示板に「土砂流出、R19通行止」でしかもガソリンが微妙。行けるとこまで行って篠ノ井線方面か大糸線方面に山越えだなぁとの楽観的(甘いw)判断のもと突き進むと、あんれまぁ、県道55号に抜ける少し手前で無情にも通行止😱、通行止め柵の写真を撮っていないほど余裕がなかった我々でございました。

Img_0933

ここで少しは険しくなさそうな信濃大町方面に舵を切ったのは正怪でしたが、県道469号の存在に気づかず、めっっっちゃ細い山道な野平神社→八坂の経路を爆走wして信濃常盤のGSで給油完了。お騒がせしました〜σ^_^;

« おぶせミュージアム 中島千波館、1923年製YAMAHAリードオルガン納入 | トップページ | R.D.Klaafman作曲(?)による『Communion』を「おぶせミュージアム・中島千波館」のヤマハ1923年製リードオルガンで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おぶせミュージアム 中島千波館、1923年製YAMAHAリードオルガン納入 | トップページ | R.D.Klaafman作曲(?)による『Communion』を「おぶせミュージアム・中島千波館」のヤマハ1923年製リードオルガンで »

最近の記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ