フォト

カテゴリー

« 古き佳き時代をめぐる旅路@大宮公園 | トップページ | リスト『La lugubre gondora I/悲しみのゴンドラ第1』を、EHRBAR/エアバーが1928年ころに作ったアップライトピアノで »

2019年9月29日 (日)

1878年製スタインウェイ社製スクウェアピアノコンサート by 西野智也

今年はチェコフェスティバルには不義理して、市川駅すぐの隠れ家的な工房までピアノマニアな 西野智也 氏(ワタクシの周りはこんなヤツばっかw)によるスクエアピアノコンサートの応援に参上っ(`・ω・´)

Img_8129

スタインウェイ1878年製88鍵でなんと3本ペダルというバケモノ。1878年当時はソステヌートペダルを搭載しているピアノ自体がめっちゃレアだったのですから、ま〜驚くまいことか。古き佳き亜米利加の夢と希望がてんこ盛りな逸品でございました。

Img_8132

スクエアピアノの修復はなかなか厄介(というかめっちゃ面倒σ^_^;)で音響振動を与えては再調整の繰り返しにやたらと時間がかかるのですが、響板が超絶に健康で割れ一つないのが奇跡的。これからどんな楽器によみがえっていくのか楽しみですね〜(*´-`)

Img_8134

« 古き佳き時代をめぐる旅路@大宮公園 | トップページ | リスト『La lugubre gondora I/悲しみのゴンドラ第1』を、EHRBAR/エアバーが1928年ころに作ったアップライトピアノで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古き佳き時代をめぐる旅路@大宮公園 | トップページ | リスト『La lugubre gondora I/悲しみのゴンドラ第1』を、EHRBAR/エアバーが1928年ころに作ったアップライトピアノで »

最近の記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ