フォト

カテゴリー

« 台東の「鐡道芸術村」と「鐡花村」 | トップページ | 釈迦頭そして金針菜と太陽の里:太麻里 »

2018年1月11日 (木)

新生小吃部@台東

当局の目論見とは裏腹に残念なところがある町でも、普通の人はたくましく・・・と言うか昔と同じように生きているのが愉しくて( ´ ▽ ` )ノ

26230961_1528246227294110_391198922

ここ「新生小吃部」の立地は、旧台東驛前の一等地。テーブル数は10を少し超えるくらいで、なかなか大規模。

26734188_1528246220627444_864637827

ここにも普通にありましたの「米苔目(み〜たいむ〜)」に、寒い季節に身体を温めるのに良いとされている「麻油雞(ま〜よ〜ち〜)」。この麻油雞がスゴかった!

26734109_1528246223960777_865047468

ゴマ油=麻油で生姜をたっぷり炒めた後に骨つきの雞を投入、台湾の米焼酎(なのかな?)の「台湾米酒」だけで煮込む、といういたってシンプルな料理。そもそも薬膳として考えられているそうで、雞のウマ味と油をがっつり煮出して、しかもココのは同時に強〜烈な苦味が。

26733911_1528246213960778_779693910

・・・と、気づいたのは、台湾米酒のアルコールが飛び切っていない苦味、そしてアルコールのおかげの温かさ、そしてもともとの効能の相乗効果だったのかなぁとヽ(´o`;

26219338_1528246270627439_203764579

« 台東の「鐡道芸術村」と「鐡花村」 | トップページ | 釈迦頭そして金針菜と太陽の里:太麻里 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新生小吃部@台東:

« 台東の「鐡道芸術村」と「鐡花村」 | トップページ | 釈迦頭そして金針菜と太陽の里:太麻里 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

無料ブログはココログ