フォト

カテゴリー

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の9件の記事

2016年5月30日 (月)

新生釜石教会の津波被災ピアノ初演奏@さいたまピアノ工房

5年前の東日本大震災の津波で被災した釜石市の 日本基督教団 新生釜石教会 のグランドピアノの修理を さいたまピアノ工房 / Saitama Piano Atelier が引き受け、釜石に向けた発送を翌日に控えた2016年5月27日、そのピアノを工房で最初に音出しをして欲しい・・・と言われて断る理由はどこにもございません (`・ω・´)シャキーン

そして、このピアノが蘇って新生釜石教会に戻ってくるときのための歌が既に作られていて、弾いてもらえると嬉しい・・・と音源ファイルを送られたからには、修復を終えたこのピアノで最初にこの曲を耳コピしてでも弾くことこそが演奏家の役割/使命でございます。・・・意地とも言うw
動画前半は筒井のピアノソロ、後半はさいたまピアノ工房一同の合唱と筒井の伴奏で〜す。




この釜石のピアノの周りには、書ききれないような不思議なご縁が集まっており、驚き怪しむことしきりです。イレギュラーな出来事が起こると、必ず「ご縁/偶然」が数多く生まれますが・・・単なる日常生活にも「ご縁/偶然」は満ちているような気がしますね。気づかないのは我々のモンダイwなのかも(・o・ゞ

ストーリー(=切り口)ができると、それをきっかけとして周辺に以前からあった偶然に我々が気づくようになること、少なくなさそうに思います。意思こそが真実なのかも知れないなぁ・・・と。

2016年5月27日 (金)

新生釜石教会の津波被災ピアノ修復@さいたまピアノ工房

本日(5/27)、久々に さいたまピアノ工房 / Saitama Piano Atelier に出向いてきました。

さいたまピアノ工房は、5年前の東日本大震災の津波で被災した釜石市の 日本基督教団新生釜石教会 のグランドピアノの修理を引き受け、明日(5/28)が釜石に向けた発送の日。そのピアノを工房で最初に音出しをして欲しい・・・と言われて断る理由はどこにもございません (`・ω・´)シャキーン

Img_1312

このピアノが置かれていた礼拝堂は津波に襲われ1階天井まで浸水、泥の中にひっくり返っていたピアノを牧師はじめ皆で助け起こし、一部の音が出ないまま支援者や市民たちが奏でていたとのこと。
釜石復興の象徴として、そして震災の記憶を残すためにこのピアノの修復を決めたのは、ようやく昨年(2015年)夏。修復するかどうかの意見が割れたのは無理もないこと、しかし「捨てたら取り返しがつかない」と修復を決めたのでした。

Img_1313

圧倒的な現実の前には音楽の力は小さく弱い・・・かのように思えますが、一部の音が出ないままでも、このピアノは被災者たちのカラオケ大会に用いられ、飲兵衛横丁のママさんと一緒に「与作」を奏でた! という現実も同時に存在します。
人間にとっては、「生き物として生存せねばならぬ」という方向と「人間らしく生きねば」という方向と、おそらくは両面を兼ね備えていることこそが必要なのではないでしょうか。・・・この両者に優先順位をつけざるを得ないことは頻繁にあるにせよ。

Img_1314

このピアノの修復記念コンサートは新生釜石教会にて6月5日。なんと自分が高崎で行う サティが生きたパリの音・・・オリジナル楽器で生誕150年のサティを とマトモにバッティングしている・・・というまさかのオチが(・o・ゞ

木材と金属などが渾然一体となっているものがピアノという「楽器」であるということ、そしてそのような楽器が海水に浸かってしまったときにどのようなことになってしまうのか・・・しかもその状態のピアノを修復するためには無数の調査と判断と決断に基づいた実作業(!)が伴うわけで、 さいたまピアノ工房のひたむきさにただひたすら感服するのみです。
さいたまピアノ工房のブログ、このピアノの修復過程の記事一覧を是非ともご覧になってくださいませ!

2016年5月26日 (木)

6月5日/『サティが生きたパリの音』・・・オリジナル楽器で生誕150年のサティを@高崎

さぁ、次々と演奏会が目白押しでありま〜す (`・ω・´)シャキーン
6月5日高崎にて、 サティが生きていた時代のパリの音色が日本で聴ける、なかなか得難い機会ですよ〜 !

2016年6月5日(日)15時開演(14時半開場)
高崎、アトリエミストラル(高崎市下小鳥町312-4)
3000円(当日3500円)高校生以下1500円/全席自由(50名、要予約)
お問合せ&ご予約:アトリエミストラル 090-8047-3757(櫻井)
ピアノ演奏:筒井 一貴

<曲目>
エリック・サティ1866-1925
使用ピアノ:プレイエル 3bis 型 1905年製

天国の英雄的な門への前奏曲
貧者の夢
おまえが欲しい(ジュ・トゥ・ヴ)
星たちの息子 全曲版

20160605_satietakasaki

2016年5月25日 (水)

5月21日/音楽と写真でつづるチェコ冬紀行@錦糸町から、スク(スーク)『愛の歌 op.7-1』(部分)

5月21日、『音楽と写真でつづる、チェコ冬紀行@錦糸町』、つつがなく終了いたしました。みなさま、ありがとうございました!

13256534_1566075487020393_799426327

動画を録っていたのですが、iPhoneが近かったのに録音レベルを下げ忘れて見事にクリップ・・・一曲全部公開するのもナンですし、スークの『愛の歌 op.7-1』の一部を公開いたしま〜す。

13232880_1566075533687055_609928656

ピアノ弾きは基本的に右側しか公開しないwモンですが、この動画のような左側からの方向、自分で見てもなかなか新鮮ですねん(・o・ゞ

さぁ次は6月5日高崎にて、『サティが生きたパリの音・・・オリジナル楽器で生誕150年のサティを』です。サティが生きていた時代のパリの音色が日本で聴ける、なかなか得難い機会ですよ〜 (`・ω・´)シャキーン

2016年5月18日 (水)

サティ生誕祭によせて『グノシエンヌ第7番』を、ペトロフのアップライトピアノで

し、しまった。昨日(5/17)は、サティの151回めの誕生日でしたね〜♪(^^;;;;;
例によって自分の動画、今年始めに素性の抜群なアップライトピアノで行ったコンサートの実況です。

サティの『星たちの息子』第1幕より→『グノシエンヌ第7番』→『梨の形をした3つの小品』第1曲(実質は第3曲めw)という経緯をたどった曲、ピアノソロ曲としては『グノシエンヌ第7番』として好事家に知られている・・・はず!(・o・ゞ



Soundcloud にも音声をアップしましたです(・o・ゞ

2016年5月11日 (水)

5月21日/音楽と写真でつづるチェコ冬紀行@錦糸町

次のコンサートは5月21日の土曜日、演奏だけに留まらぬ企画です。チェコのピアノ曲を、クリスマスマーケットの時期のチェコ田舎巡りの写真、そしてその旅行にまつわるお話とともに。演奏家とカメラマン、ともにワタクシ (`・ω・´)シャキーン

観光では訪ねる機会がめったにない普通の街の景色にこそ、自然を愛する素朴なチェコ人たちの国民性があらわれます。「ナマのチェコ」の姿をお楽しみくださいませ!

2016年5月21日(土)17時半開演(17時開場)
錦糸町、C de C(セドゥセ/Café de concert)(墨田区太平1ー6ー1ー101)
1ドリンク付3500円(アルコール可)/全席自由(40名、要予約)
お問合せ&ご予約: C de C
03-6362-2068 / kbbach@eb.mbn.or.jp
ピアノ演奏&写真: 筒井 一貴

<曲目>
スメタナ ポルカ『ピルゼンの思い出』
ドヴォジャーク ユーモレスク op.101-1,7
ヤナーチェク 『草かげの小径にて』第一集
スーク 愛の歌  ほか

20160521_cdec_leaflet1

2016年5月10日 (火)

クラヴィコード Bar LIVE リハーサル映像

めっちゃテキト〜に弾いていますが、5月8日のクラヴィコード LIVE のリハーサル動画をどうぞ(・o・ゞ



2016年5月 9日 (月)

世にも静かな Bar LIVE 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜 盛会御礼

昨日(5/8)の『世にも静かな Bar LIVE 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜』は、せっかくの Bar LIVE ですので、ドリンクを作っている最中にテキト〜に弾き始めるとか、曲の途中で止めて怪説wするとか、救急車が通ったときには同じ部分を繰り返すとか(気づかれなかった模様w)、自由にヤラかしてみました。

Img_1301

ホールに有名演奏家を「見に行く」だけがクラシック音楽の受け取り方ではありませんが、サロンコンサートと言っても普通のコンサートから逸脱させるのはリスキーwですし、またこの現代ニッポンでは自由さを表立ってヤラかすのはムツカシゴザる(・x・ゞ

Img_1302

きっちり感を出してたかと思うとユルくなってみたりする楽しいイケメンマスターと、初対面でワタクシのクラヴィコードネタにめっっっちゃ食いついて来たスタッフ氏、そしてこの場所でのライヴに誘ってくださった農工大写真部の先輩のおかげで、無駄にきっちりならない方向を狙った Bar LIVE ができました。ありがとうございました〜m(._.)m

Img_1298
イケメンマスターとワタクシのイチオシのシェリー酒:EL CANDADO(pedro ximenez)でございま〜す(・o・ゞ

2016年5月 3日 (火)

もつ焼き大渕@金町withスマイル治療院

母親の腰が一週間で一気に曲がって整形外科に行かせたところ、<骨粗鬆症に伴う、腰椎の軽い圧迫骨折>という、さすがに寝たきりになる危険を感じる診断。これは一刻も早く骨格と筋肉の調整をさせないとマズいと直感、困ったときの飯田橋:スマイル治療院に往診に来てもらって一時間の治療を一週間弱あけて二日間、いつもながらの丁寧な施術を見ているうちに腰が伸びて来て一驚。

・・・ここまでしっかりやってもらえたので、感謝を込めて一献♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

Img_1266

Img_1263

・・・京成金町駅南側の渋〜い一角にて、ホルモン、モツ煮、タン味噌漬け、生コブクロ、いづれも美味な〜り( ´ ▽ ` )ノ

・定番ちぅの定番、モツ煮&ホルモン、スーパードライは残念(^^;
Img_1271

・タン味噌漬け&生コブクロ
Img_1273

・・・奥の座敷も風情良し!
Img_1268

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

無料ブログはココログ