フォト

カテゴリー

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の16件の記事

2016年1月31日 (日)

シューベルト生誕祭によせて、楽興の時 D780(op.94)-6

本日(1/31)のシューベルトの誕生日によせて、楽興の時 D780(op.94)より第6番。チェコ製のピアノ「ペトロフ」の高さ131cmのアップライトピアノで弾いています。とりわけ「親密さ」が大切なシューベルトの音楽に、良質のアップライトピアノはとても「しっくり」来ます(^^)

チェコ製のピアノ「ペトロフ」にはいまだにイマイチという印象を持つ人が多い(というか、そもそも知られていないw)のですが、実は日本人技術者がとにかく「普通」の方向のみを突き詰めて精〜密に手を入れたところ、大化けしまして。また、ヨーロッパの楽器づくりの伝統通りにアップライトピアノもグランドピアノ同様、きちんと手間をかけて作っていることもポイント高し。
クラシック音楽の世界でアップライトピアノの特性を積極的に使おう、という方向は一顧だにされていないようですが、なんでもかんでも超有名メーカーのフルコンサートグランドピアノばかりがもてはやされる、という風潮には大いに疑問を持っています。50人程度のサロンはかなり増えていますが、そこに入れるピアノの大きさや調整が「ハコ」に見合うかどうかの判断、なかなかどうして難しいです。演奏家もフルコンサートグランドピアノをが〜っつり弾くのに慣れていることが多いですし。

ここで考えていただきたいのは、100人入らない程度の空間にスタインウェイのフルコンサートグランドピアノ・・・ではないにしてもB型を入れたとして、お客さんに落ち着いてくつろいだ雰囲気を与えられるように楽器を静かにコントロールするのは相当に難しい、ということです。また、スタインウェイのB型は新品だと1200萬圓は吹っ飛びますし、中古でも700萬圓なんてザラなわけです。小さくても良質なグランドピアノは新品でもせいぜい400萬圓程度出せば入手できるのですから、差額を演奏会企画に回せば一石二鳥以上の効果を生みだせるのでありま〜す (`・ω・´)シャキーン

もちっと音楽自体の多様性に即した楽器選びができるような環境、そうしたいと切望する演奏者、そしてそのような音楽が聴きたいと願う聴衆が整うと、すんごく愉しいと思うんですがねぃ(・o・ゞ

2014.7.24. 白金台、チェコ製ピアノ「ペトロフ」専門店:ピアノプレップ
 ピアノ(ペトロフ P131M1):筒井 一貴

2016年1月27日 (水)

モーツァルト生誕祭によせて最初期の作品 K.9(5a)を、モーツァルトの旅行用クラヴィコードで

1763年、モーツァルト一家は7歳のアマデウス君とともに長期のヨーロッパ旅行に旅立ちます。最初に立ち寄ったのがアウグスブルクのかの有名な鍵盤楽器製作家のシュタインの工房、ここで一家は旅行用クラヴィコード(Reiseclavichord)を入手します。その楽器の完全コピーを使って弾いた、クラヴィーアのための小品 K.9(5a)です。

この作品は姉ナンネルの楽譜帳にアマデウス君が自ら書いており、筆跡からおそらくこのクラヴィコード入手後1年程度の1764年後半あたり、J.C.Bachと出会って以降のタイミングでロンドンで書かれたのではなかろうか、とされています。

クラヴィコードという鍵盤楽器はまだまだ市民権を得ているとは到底言えない楽器ですが、実は非常に小さな音量ながらも極めつけに世界観が多彩で、数ある鍵盤楽器の中でもとりわけ大切とされていた楽器でした。

C.P.E.Bach は名著『クラヴィーア奏法試論』の中で「チェンバロとクラヴィコードの両方を持つのが望ましいが、どうしても一方しか持てぬときはクラヴィコードを持つべし」と書いています (`・ω・´)シャキーン

2015.4.7. 池袋、重要文化財:自由学園明日館 Room1925
 モーツァルトの旅行用クラヴィコード(シュタイン製):筒井 一貴

2016年1月26日 (火)

2月16日/古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜@池袋、自由学園明日館ラウンジホール内部

2016年2月16日(火)19時開演、古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜 の会場は、池袋駅メトロポリタン口から7分程度。ココはホントに池袋か? と思わせられるほど雰囲気が変わった(迷いやすいとも言うw)一角に、重要文化財 自由学園明日館(みょうにちかん)は1921年建設当時の雰囲気を保ったまま静かにたたずんでいます。

Myonichi_map
Dsc06827

いつもはかつて教室として使われていたRoom1925を演奏会場として使っているのですが、今回はリキ入れて建物中央部の『ラウンジホール』を使うことに致しました。

Img_0975

教室よりもわりと広く天井が高〜いのが第一の魅力、明日館を10年以上使っている梅岡楽器サービスも、なんと、この『ラウンジホール』を演奏会に使うのは初めてとのこと。教室の親密な直接的な鳴り方というよりも、ゆったりしたサロンで響きを味わう、というような雰囲気の場所です。

Img_0974

重要文化財ですから、百年近く昔の建築でも可能な限り往時と同じ材料を使って修復しなければならない・・・ということは、まだまだ機械の効率性に比べて人間の感覚の方が先んじていた時代の室内音響が体験できるということです。
どうぞ、みなさま、ご期待くださいませ!

2016年1月23日 (土)

1月10日/ピアノプレップ新春オープンサロン 〜白金台でコンサート&チェコビールを嗜むひととき〜@白金台 アンコール動画/モンティ:チャールダッシュ

10日ちょい前のピアノプレップ@白金台での新春隠し芸大会w「ピアノプレップ新春オープンサロン」でのアンコールを動画でどうぞ!

この動画の中でイケメン笛吹きの中村栄宏くん が吹いているソプラノリコーダーは、日本のSUZUKIのプラスチック製ですゾ。プラスチック製だからこそ設計がモノを言い、多少ガッツリ息を吹き込んでも音が割れることなく、しっかりと鳴り響いてくれるのでありま〜す。

グランドピアノの大屋根を全開にしていても、伴奏は基本的にしっかり弾かないとリコーダーに負けちまうという (`・ω・´)キリッ
・・・まぁ実は、グランドピアノってぇシロモノは、大屋根全開にする方がコントロールしやすいんですけどね〜(・x・ゞ

2016.1.10. 白金台、チェコ製ピアノ「ペトロフ」専門店:ピアノプレップ
 リコーダー(ソプラノ/SUZUKI PLUMA):中村 栄宏
 ピアノ(ペトロフP194):筒井 一貴

2016年1月17日 (日)

FEINMESS DRESDEN Bonotar 105mm F4.5 & SONY NEX-3@多々良沼

1月16日土曜日『第二回「レコード合宿」in 館林』の最寄り駅は、東武小泉線成島駅。GoogleMapで見てみると、なにやら素敵そうな多々良沼という場所を発見。歩いても雑作もない距離ですし、なにやら野鳥の楽園らしそうな情報も見つけたので、今回は SONY NEX-3 に東独のごくごくごく普通の鏡玉:Feinmess Dresden による Bonotar 105mm F4.5 をくっつけてみましたです(・o・ゞ

・f11 1/640sec. (ISO200) 2016.1.16.
Dsc07319

・・・と、白鳥さんがたくさん、人間さまもた〜くさん。がっつり快晴でしたが、暖冬のおかげか実に気持ちの良い場所でした。それにしてもこの Bonotar 105mm F4.5 、超中堅な望遠鏡玉としてとにかく普通で実にイヤみがなく明快ですね〜。f11まできっちり絞って撮りました。

・f11 1/500sec. (ISO200) 2016.1.16.
Dsc07302

FEINMESS DRESDEN Bonotar 105mm F4.5 & SONY NEX-3
Img_0976

2016年1月16日 (土)

第二回「レコード合宿」in 館林

第二回「レコード合宿」in 館林、参画ちぅ( ̄^ ̄)ゞ

Img_0927

前世紀の音周辺文化の全てを担っていた無数のレコード音源のサルベージ、アナログな時代の発想の豊かさの一端にじかに触れ倒してま〜す(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_0932

ものの数十年前にはナニゴトも手軽ではなかった時代でしたから、その中でユニークで痛快で愉しく、時には大いなる勘違いにも満ちたw星の数ほどの着想の数々。完璧が当たり前なギスギスした現代に生きる我々が懐古趣味でなく思い返してみると、どこかしらになにかしら発見がありそうな(・o・ゞ

Img_0962

CDになっていないレコードが圧倒的に多く、レコードでないと聴けない雰囲気もある・・・ということ自体を現代人が忘れてしまっているフシがありますね(自分もすっかり忘れてましたわ〜w)

12523084_814695438677267_4729970343

レコードを「過去の遺物」としてデジタル化すれば仕事は終わりという方向ばかりでなく、自分の「聴く能力」そして「想像する能力」を能動的に使うための恰好の材料として、レコードのようなアナログな世界は大切だと思うんです。

Img_0952

大げさに言ってしまえば、決まりごとばかりの世界に生きねばならぬ現代人にとって「自分が生き物であってファジーな世界の住人であった」ことを再認識できる、「感覚を総動員する」世界でしょうか。きっと人生の質もかなり変わってくるのではなかろうか、と愚考する次第 (`・ω・´)シャキーン

Img_0941

・・・動いているジュークボックスを中身込みで観察できる機会、なかなかないでしょ?

2016年1月14日 (木)

1月31日/森と音楽の国 チェコからの贈り物 〜 ペトロフ アップライトピアノコンサート〜@高崎 使用楽器

ピアノの演奏会でグランドピアノを使わぬことはほとんどございませんが、会場に1905年製プレイエル(!)のグランドピアノがあるにも関わらずアップライトピアノで演奏会を行います!

チェコ製のピアノ「ペトロフ」にはいまだにイマイチな世評がつきまとっていますが、実はマトモな販売店が丁寧に技術を投入してマトモに販売すれば恐るべき実力を発揮する楽器でして。さらに会場のアトリエミストラルは元が信用金庫の建物、極めて頑丈な躯体のおかげかおよそ日本の建物とは思えぬほど音が響き渡ります。この音の世界を知らずに一生を送るのは、人生の楽しみを損なっているとすら思い、世の方々に対する使命感に駆られてwこの演奏会を企画しました。

収録した場所は異なりますが、この演奏会で使う楽器を使って去年の夏に録った動画です。このあとに楽器をアトリエミストラルに移動したのでありました。
今回の演奏会では弾かない曲wですが、スカルラッティのソナタ K.87 / L.33 ロ短調 です。

2016年1月12日 (火)

2月16日/古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜 使用楽器

「フォルテピアノは昔のピアノ」と一括りにされてしまいますが、その中にもめっっっちゃさまざまな種族wがおり、なかなか大変な世界でありま〜す。

今回、2016年2月16日(火)19時開演、古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜 では、ベートーヴェン(1771-1827)とシューベルト(1797-1828)の晩年に花開いた、ウィーン式6オクターヴフォルテピアノの世界、当然ながらモーツァルトともベートーヴェン中期の世界とも異なります。
・・・シューベルトはベートーヴェンのわずか1年後に亡くなっているとは、ついつい見逃してしまいがちなポイントでもありますね。

「会議は踊る、されど進まず」と揶揄されたウィーン会議(1814-15)の後、ヨーロッパは絶対王政vs市民運動で大変な状況に陥りましたが、得てして文化とはこのようなときに花開くものであります。1820年代のウィーンのピアノは実に美しく、いわゆる「ウィンナトーン」と呼ばれる甘美な世界はこのときに形づくられたと言っても過言ではないでしょう。「オリジナルウィンナトーン」とも言うべき時代のオリジナル楽器の音色を存分にお楽しみいただければと思います!

Img_0049

2016年1月10日 (日)

1月10日/ピアノプレップ新春オープンサロン 〜白金台でコンサート&チェコビールを嗜むひととき〜@白金台、盛況御礼

11157447_1686971721515727_406575982

1月10日の『ピアノプレップ新春オープンサロン 〜白金台でコンサート&チェコビールを嗜むひととき〜』は大盛況のうちに終了、みなさまありがとうございました!

12485965_960095637371633_8312131754

リコーダーとグランドピアノの合奏、悪知恵次第wで大屋根全開でも音量バランスとして問題なく可能、それどころか、リコーダーの中村栄宏くんは笛をエラくしっかり鳴らす腕前の持ち主なので、ピアノの方もしっかり鳴らすところは鳴らさないと負けるという(・o・ゞ

12491965_960095634038300_7398023645

さて、次の演奏会は高崎のアトリエミストラルにて、1月31日の日曜日『森と音楽の国 チェコからの贈り物 〜 ペトロフ アップライトピアノコンサート 〜』でございます。高崎は東京から普通列車でも2時間程度、そんなに地の涯wではございませぬ。素性の良いアップライトピアノの素性を最大限に活かせるピアノプレップの「ごく普通を極めた」精密調整の結果にご期待ください!

そして、次なる東京での演奏会は2月16日の火曜日池袋の自由学園明日館にて『古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜』でございます。シューベルトが生きていた時代のオリジナルフォルテピアノを重要文化財の建物に持ち込んでの演奏会、どうぞご期待くださいませ!m(._.)m

2016年1月 8日 (金)

4月10日/チェンバロは語り、歌い、踊る ACT.4@世田谷、松本記念音楽迎賓館

前回から1年以上経ってしまいましたが、4月にチェンバロの演奏会を行いま〜す。

2016年4月10日(日)14時開演(13時半開場)
世田谷、松本記念音楽迎賓館(世田谷区岡本2-32-15)
4000円(当日精算/50名)
共催 松本記念音楽迎賓館
申し込み
 03-3709-5951(松本記念音楽迎賓館)
 bergheil69@me.com(筒井)

10497300_614459078672834_1940906180

世田谷の閑静な超高級住宅街の一角、パイオニアの創業者である故松本望氏の邸宅を、その遺志にもとづいて一般に開放している「松本記念音楽迎賓館」があります。
・・・閑静な超高級住宅地、ということは不便、ということでもありますが、チェンバロの(に限らずですが)演奏会には何と言っても雰囲気が大切であります。最大50名しか入れない木をふんだんに使ったホールで、チェンバロは水を得た魚のごとく響き渡ります。
是非ともその雰囲気を「浴びに」いらっしゃってくださいませ!

<プログラム>
 G. ベーム (1661-1733) 組曲 ヘ短調
 J. パッヘルベル (1653-1706) アリエッタ へ調
 J. ハイドン (1732-1809) ソナタ ロ短調  Hob.XVI/32
 J. S. バッハ (1685-1750) パルティータ第4番  BWV828

2016年1月 7日 (木)

2月16日/古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜@池袋、自由学園明日館ラウンジホール

2016年2月16日(火)19時開演(18時半開場)
池袋、自由学園明日館  ラウンジホール(豊島区西池袋2-31-3)
3500円(当日精算/高校生以下1500円/50名)Tsutsui_groberblog
使用楽器:
 Johann Georg Gröber 作(1820年オリジナル)
    ウィーン式6オクターヴ フォルテピアノ

主催 目白古楽ネットワーク(梅岡)
共催 自由学園明日館
申し込み
 umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)
 bergheil69@me.com(筒井)

東日本大震災復興支援コンサート with 明日館
古典鍵盤楽器 徒然草 伍
〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜

1820年周辺のウィーン式のフォルテピアノは「美しい」の一言です
ベートーヴェン最晩年のユーモアにあふれた小品:バガテル集
チェルニーがモーツァルトのメロディーで綴った素敵な花束:幻想曲
「レリーク」として知られるシューベルトの明るくも深く沈潜する未完の大ソナタ
「美しさ」のさまざまな姿をこの時代のオリジナルフォルテピアノの音色で
フランク・ロイド・ライトによる重要文化財建築の美しさとともに!

<プログラム>
 ベートーヴェン (1771-1827) 6つのバガテル op.126 (1823-24)
 チェルニー (1791-1857)
    『フィガロの結婚』のモティーフによる幻想曲  op.493 (1842?)
 シューベルト (1797-1828) ピアノソナタ ハ長調  D840(未完)(1825)

東日本大震災復興支援コンサート with 明日館HP
http://concerts.clavichord.jp/fortepiano/Message.html
※コンサートの収益から義捐金を寄付いたします

2016年1月 6日 (水)

J.S.バッハ/『パルティータ第4番 BWV828』から、アリア

本日(1/6)は世田谷のお屋敷:松本記念音楽迎賓館にて楽器説明員のおしごと・・・というか楽器の音出し役とも言う(・o・ゞ

ココのフレンチチェンバロ、今日はなんとモダンピッチでおおむね安定していたので、最近はチェンバロをモダンピッチで録ることはそうそうないこともあり、いそいそとw収〜録〜(^^)v

2016年1月 5日 (火)

北海道の旧型客車列車/1983-84年年末年始

今年の年初めの鉄道ネタは、旧型客車列車でございま〜す。

1983-84年、高校二年生の年末年始を北海道で過ごしてしまったワタクシ、おりしも白糠線が1980年の国鉄再建法施行を受けた特定地方交通線廃止の第1号として1983年に廃止されて最初の正月だったのですが・・・このころは旧型客車列車もかなり減ってきていた時代で、狙いがどっちつかずに(・o・ゞ

函館本線 昆布ーニセコ 1984.1.4.
 Camera: Canon EF Lens: NewFD80-200mm F4
Pos135_02605
羊蹄山バックの超有名お立ち台、天気にイマイチ恵まれなかったこの旅行(このころから天気悪い男の素質はあったらしいw)最終日、まさかの完全快晴に狂喜乱舞。

根室本線 厚岸ー糸魚沢 1984.1.1.
 Camera: Canon EF Lens: NewFD80-200mm F4
Pos135_02432
1984年の元日、釧路の先の厚岸ー糸魚沢の別寒辺牛(べかんべうし)湿原の中を走る区間。旅行記録によると駅間10.6kmを歩き通したとのことで、よ〜やったもんだ(呆

釧網本線 遠矢ー細岡 1983.12.31.
 Camera: Canon EF Lens: NewFD80-200mm F4
Pos135_02309
釧路湿原、冬の時期は湿原は凍っているのでどこにでも踏み込めるのですが、踏み込んだところで高低差がないので湿原の拡がりをそれっぽく見せるような写真は実にムツカシござった。混合列車を期待していたのですが、考えてみれば大晦日に運ぶ貨物があるハズがなかった〜(汗

2016年1月 3日 (日)

Voigtländer-Zoomar 36-82mm F2.8 (1959) & NEX-3@浅草

都バス一日乗車券(500円)を駆使して、都内適当大回りをしてきました〜。
金町→浅草→巣鴨→池袋→新大久保→渋谷→新橋→本所吾妻橋→金町 という謎なコースでも500え〜ん。ですが、せっかく立ち寄った職安通りの韓国市場でSuicaだけで財布を忘れてきたことに気づき・・・逆に散財を免れたという正しい意見。お賽銭をそもそも忘れていたのは内緒よw(・x・ゞ

持って出た鏡玉は、いかにも怪しげな Voigtländer-Zoomar 36-82mm F2.8 (1959)でありま〜す。これぞ年初めの正しいレンズ(・o・ゞ

・f8 1/400sec. (ISO400) 36mm側 2016.1.2.
Dsc07220

・f8 1/320sec. (ISO400) 82mm側 2016.1.2.
Dsc07186

Voigtländer-Zoomar 36-82mm F2.8 (1959) & NEX-3
Img_0816

本来の姿はコレ!
Voigtländer-Zoomar 36-82mm F2.8 (1959) & BESSAMATIC
Img_0825

2016年1月 2日 (土)

J.S.バッハ/『パルティータ第2番 BWV826』から、アルマンド

年頭の辞は書けないワタクシですが、年頭の動画アップはできるのでありま〜す。これぞ演奏家のカガミ!(年頭に録画したワケぢゃないのは内緒よw)

かのチェルニー先生もおっしゃってますが・・・「感動させるより驚かせる方がはるかにたやすい」のが人々の大多数であります故、公開演奏が「結果を出している」という主張に満ちた方向(=ナニかしていると主張する方向)に向かうことは当然ですし、キレッキレなスピーディーな方向に向かうこともまた当然ではありますが・・・古楽器の世界がそればかりで覆い尽くされてしまうのって、ナニか置き忘れているような気がしてならないんですね〜( ´ ▽ ` )ノ
スピーディーに結果を出すことばかりが求められるこの世の中、古楽器の世界ですら昨今はそのような傾向が無きにしもあらず。・・・ま〜、現実として、それ以前にあたしにゃキレッキレな演奏なんて、そもそも腕前が追いつかないとゆ事実もありますが、ちぇっ(・x・ゞ

ま、まぁ、面倒なハナシはともかくとしてw、単純にチェンバロの優しく豊かな響きを楽しんでいただきたく・・・パルティータ第2番 BWV826 の第2曲、アルマンド(Allemande)です。



世田谷の高台、多摩川を見下ろす高級住宅地の一角にある『松本記念音楽迎賓館』という隠れ家的な(不便ともいう)楽園、フレンチ2段チェンバロ(製作:クラブサン工房アダチ)を所蔵しており、一般の用に供されています。ここのホールは詰め込んでも50人程度、至近距離でチェンバロの音色そして空気を浴びるがごとく味わえる稀有の空間です。

2016年1月 1日 (金)

2016謹賀新年

年が明けましたが、ど〜も「区切りをつける」のができないワタクシ、年頭の辞を考えてもロクなものができないのでありま〜す(・o・ゞ

Photo

ま、まずい、サティ没後150年と書いてますが、正しくはサティ生誕150年でしたっっっ
それにしても、年々、なにをやるにしてもかなりの困難を伴うような時代になってしまいました。遅々として進まずなワタクシではありますが、少しずつでも・・・年末にかけての大掃除25年分を始めないとなぁ(爆

なにとぞ、今年もよろしくおつき合いいただけますように。m(._.)m

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

無料ブログはココログ