フォト

カテゴリー

« 指揮者:清水雄太くん東京デビュー公演&永利@池袋西口 | トップページ | 諸田広美・松原聡 ジョイント・リサイタル 2015 [群馬公演]​ 舞台撮影/ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon16) & PENTAX Q »

2015年12月 9日 (水)

第12回1ビット研究会@西早稲田

『第12回1ビット研究会』に参加、先端のディジタルオーディオ技術研究の一端に触れて来ました。

身もフタもない言い方をすると・・・「アナログ→ディジタル→アナログ」という作業は「滑らかな世界をギザギザな世界に変えて、それを元の滑らかな世界に戻す」わけですから、どんなに頑張ったところで完璧に元通りになるハズがないワケであります。だからと言ってディジタル技術が無意味であるハズもなく、アナログなら「完璧に元通りになる」なんてぇコトも断じてないので、それではど〜する?

自分としても、どうせ自分の演奏を公開するならより「ナマ」に近い形で公開したいですし、かと言ってそれが「ナマ」そのもののクォリティになると演奏会に足を運んでもらえなくなるだろうなぁ・・・というジレンマががががw。一方、電気増幅を一切使わない時代のSPレコードの数々を「ナマ」で聴くと、その恐ろしく迫真な空気感に身震いがしますし。

Img_0737

まぁ、結局、いわゆる『精度を高める』という手法は数あるさまざまな手法の中の1つに過ぎないのでしょうね。そもそも目的もなく『精度を高め』ようといくら頑張ったところで意味はなく(精度を高めたところで満足してしまうと逆に害悪ですし〜w)、一体全体『精度を高める』とはど〜ゆ〜コトであるのか、そこまで含めていろいろ考えて実践することに勝るもの無し(・o・ゞ

« 指揮者:清水雄太くん東京デビュー公演&永利@池袋西口 | トップページ | 諸田広美・松原聡 ジョイント・リサイタル 2015 [群馬公演]​ 舞台撮影/ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon16) & PENTAX Q »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回1ビット研究会@西早稲田:

« 指揮者:清水雄太くん東京デビュー公演&永利@池袋西口 | トップページ | 諸田広美・松原聡 ジョイント・リサイタル 2015 [群馬公演]​ 舞台撮影/ZEISS Sonnar 2.5cm F1.4(1939, Movikon16) & PENTAX Q »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ