フォト

カテゴリー

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の12件の記事

2015年8月29日 (土)

ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(c.1941) & PENTAX Q@つくば来楽庵

8/27-28のレコーディング、収録曲数はちょっとだったので、新しく入手した遊び道具も忘れずに持って行きました(・o・ゞ

・f5.6 1/100sec. (ISO800) 2015.8.28.
11890454_822122407906499_3288495635

戦前独逸、しかも大ツァイスによる16mm映画撮影機『Movikon 16』搭載用の超珍玉:Topogon 1.3cm F3.5 で〜す。残念ながらマウントアダプターが商品化されていないので、とりあえず両面テープでCマウントアダプターに貼り付けただけ、という乱暴さ。テキトーにちゃっと貼ったせいでしょっちゅうズレてw面倒なのですが、コレでも意外とイイんですねぃ^^

・f5.6 1/200sec. (ISO800) 2015.8.28.
11012992_822122464573160_6244363573

ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(c1941) & PENTAX Q
11930811_822122487906491_5519144025

2015年8月28日 (金)

作曲家:三島元樹氏レコーディングセッション@筑波山中

2015年8月27〜28日、筑波山北斜面「来楽庵」を借り切って、作曲家の三島元樹氏のニューアルバム作成のためのレコーディングセッションでした。今回アルバムのコンセプトに合致する録音場所を三島氏が偶然に発見し、その勢いで一気に下見まで済ませたのが全ての始まりでしたね〜(・o・ゞ

・筒井が縁合って入手したペトロフP118D1ウォルナット艶消しを持ち込みピアノプレップの山内氏のプレップアップから全ての始まり。三島氏は機材のセッティングまで全て自分で!

11951510_821717264613680_1386140537

三島氏はなんと処女作が最も大曲、それを筒井が弾いて録音に入れる・・・という実はかなりの大役を任されてしまってビビり倒していたのはココだけのハナシ。楽譜がエラく高い位置にありますが、譜面台を外していたタイミングの写真なのでこうなっただけです(・o・ゞ

11921613_1650940621785504_867469314

・ペトロフのアップライトピアノの録音のみならず、ebayで動作不良で安い楽器を落札して自分で整備し直した、おそらく戦前ボヘミア製のフルダブルフレンチホルンの録音も( ´ ▽ ` )ノ

11960081_821440137974726_6127302515

・・・ワタクシが吹いたらハレンチホルン(・x・ゞ

筒井の出番は終わりましたが、三島氏のレコーディングはまだまだ続きます。乞うご期待!

2015年8月27日 (木)

中華料理天津@筑波北条

腹が減ってはレコーディングはできぬ!( ̄ー ̄)

11951195_821010818017658_7000280194

三島氏が中学生だったかの頃、北条に出かけると必ずココでメシ食っていたという量が多くて安くてウマい地元中華(日本伝統型w)!

11898905_821010838017656_8881447761

・・・それにしても、確かにスゴい量でございました。レバニラのレバーが減らねぇ減らねぇヽ(´o`;

11781713_821010861350987_3046516168

2015年8月25日 (火)

9月12日/最も静かな鍵盤楽器、クラヴィコード 〜時を超えて蘇る モーツァルトの時代〜@狛江

5泊6日(長w!)の高校オーケストラ部の合宿から本日(8/25)帰京、ほとんどが初心者であることもあって(!)最初はそれこそなかなかスゴい音wを出していましたが、一日8時間もの稽古+早朝自主練習その他の賜物、目覚ましく上達してくれました、若いってイイなぁ〜(・o・ゞ

・・・さて。
秋の演奏第一弾はちょっと渋く狛江にて、クラヴィコードでありま〜す。
古典鍵盤楽器 徒然草 四 〜ショパンに続く道程〜​ @池袋(9/15)もどうぞよろしくです!)

・・・最も静かな鍵盤楽器、クラヴィコード・・・
 〜時を超えて蘇る モーツァルトの時代〜

9月12日(日)18時開演
狛江、東建ハウジング​・コミュニティトーケン107号室
料金:1000円(1ドリンク付/40名限定/要予約)

<使用楽器>
Alfons Huber & Albrecht Czernin 製作(2002年)
 モーツァルトの旅行用クラヴィコード(シュタイン製/1763年)

お申し込み:03-3488-3331/info@token-h.co.jp

11873457_416690998533007_7706894354

2015年8月21日 (金)

出身高校オーケストラ部の夏合宿@富士五湖あたり

ただいま、出身高校オーケストラ部の夏合宿ちぅ( ´ ▽ ` )ノ

11896102_817985828320157_3469626671

今回は管も弦も初心者が多くてなかなか手ごわいですが、少しでも「進んだ」とか「できた」とかいう実感を持たせられると一気にコトが進むのが楽しくて。その一環として、昔の楽器を多数持ち込んで洗脳工作でありま〜す( ̄ー ̄)

・D管ナチュラルトランペット/C管ロータリートランペット/Es管(長管)ロータリートランペット/Es管アルトトロンボーン/10鍵だったかのベーム式以前の木管フルート
11898796_817985778320162_9554579446

・・・まぁ初めての経験ばかりですからほとんどすぐ忘れやがるwのですが、また思い出せばイイ(=思い出し方を伝えるのが中心となる)だけなので、大きな問題にはならぬです^^

・セルパン/戦前ボヘミア製らしきレッドブラスのフルダブルホルン/ナチュラルホルン/現代セミオートオーボエ(マリゴ13000番代)/プラ製ツィンク(コルネット)
11863450_817985794986827_2419802134

・・・全部ワタクシの私物楽器であるところがワタクシの廃人たる所以(・x・ゞ

2015年8月17日 (月)

チェコのビールとワインを楽しむ会@白金台

先日の日曜(8/16)の ピアノプレップチェコビールとモラビアワインの専門店 プシトロス との 初めてのコラボ企画、和気藹々と和やかな会でした。音楽も良し、試飲会も良し、それぞれ否定する必要は全くございませんが、このようなサロンがあるのですからせっかくなら幅を拡げてみたいですよね〜(・o・ゞ

11892031_1647049382174628_432427847

実はワタクシ、ピアノプレップ開店以前からプシトロスを利用していることもあり、一緒にこのようなイベントを組めるとは実に嬉しいことでありました。「また是非!」の声も多く、また一つ悪事の種wが増えましたとさ。

11907205_1647049448841288_412394801

・・・終わってからはまたもや中華、なんと三日連続www

2015年8月15日 (土)

桃源邨@横浜中華街

某黒羊氏が横浜某所にクラヴィコード見学に行くというコトで、コバンザメしてきました〜( ´ ▽ ` )ノ
・・・んで横浜に来たら中華街ですが、やっぱりココでしょ〜。知る人ぞ知る渋い渋い名店!( ̄^ ̄)ゞ

・絶品の甕出し紹興酒&猪生腸(豚の小袋)&辣子鶏丁
11889564_815105551941518_7648488150

・青菜牛肚(青菜と牛胃炒め)
11221415_815105565274850_5890972381

・夏期のみ提供の、荷葉飯(ハスの葉の五目ご飯)&緑豆粥
11873776_815105588608181_4416538507

2015年8月14日 (金)

中華街 吉祥寺本店@吉祥寺

ホルンとピアノの合奏レッスン後、吉祥寺とは思えぬ雰囲気たっぷりで落ち着いた中華〜( ̄ー ̄)
・・・ホルン嬢が別のレッスンでいないのがチト残念ですがσ^_^;

箸袋の「決して砂糖を溶かす為に温めて飲む酒ではない!」という表記がイカしてます。
11695954_814783098640430_3748532747

・味付玉子、豚舌煮込、牛モツ漢方薬煮込
11885366_814783128640427_7594966091

・レバーの唐揚、とり皮揚げ餃子
11855801_814783138640426_2211572413

2015年8月10日 (月)

吉松隆『プレイアデス舞曲集VI op.71(1998)』から、第6曲「けだるい夏へのロマンス」:ブリュートナーのグランドピアノ(Model.10, 166cm, 1948年製)で

前橋まちなか音楽館のオープンは去年(2014年)の9月、ココには小型でもピリッと締まったライプツィヒの名器:ブリュートナーのグランドピアノ(1948年製)がありまして。奥行きは166cmですが、ブリュートナーの装備として有名な4本目の共鳴弦もきっちりと。・・・となれば、悪事の一環として録画させてもらってこないワケには行きませぬ。

・・・はい、いつもの吉松隆で〜す(・o・ゞ
今まで春も秋も冬もアップしていましたが、ようやっと夏の曲。「けだるい夏へのロマンス」というホントにけだるい曲wです。

それにしても、1948年=昭和23年とは、終戦後3年しか経っていないタイミング。ブリュートナーは第二次世界大戦でご多分に漏れず大被害を被り、このころからようやっとピアノの生産を再開できたとのこと。日本では蒸気機関車のC62の生産、日本にしても独逸にしても、恐るべき復興の速さそして力強さですね!

2015年8月 9日 (日)

葡萄屋@高崎

昨日(8/8)、高崎の 松原 聡​ & 諸田 広美​ 夫妻の新居兼スタジオ:アトリエ・ガヴォーのお披露目パーティー後、前橋の一番ヶ瀬 勉​ 邸=前橋まちなか音楽館に転がり込んだワタクシσ^_^;

11223803_812461045539302_8384928190

松原邸に忘れた楽譜を配達してもらって高崎駅まで送ってもらう途中、諸田嬢のお母様が思い出した店に。

11825076_812461055539301_6774998114

実に上品なお味でございました・・・なんでも48年続けられているそうで(°_°)

11216241_812461082205965_7795093459

2015年8月 4日 (火)

9月15日/古典鍵盤楽器 徒然草 四 〜ショパンに続く道程〜

ショパンと言えばプレイエルピアノ・・・というのは今ではかなり有名になりましたが、ショパンはプレイエルピアノがないところで育っていることに気づいている人は極めて少ないです。この演奏会では『プレイエル以前のショパン』に焦点を当てます。

2015年9月15日(火)19時開演(18時半開場)
古典鍵盤楽器 徒然草 四 ~ショパンに続く道程~
 池袋、自由学園明日館 Room1925(重要文化財)
<使用楽器>
Johann Georg Gröber 製作(1820年オリジナル
 ウィーン式6オクターヴ フォルテピアノ

入場料:3000円(収益の一部を東日本大震災復興義捐金といたします)
お問い合わせ/お申し込みbergheil69@me.com

Myonichi_map

ショパンという、当時においても別格な特異点的な存在が生まれた1800年代初頭のポーランドには、それこそどこでもウィーン式のピアノが存在していました。まさにその時代のオリジナルのフォルテピアノを使って、若きショパンが親しんでいた作曲家の作品を前半に、後半にはショパンのワルシャワ時代のポロネーズ(遺作)とパリに居を構えて間もなくのマズルカを据えました。

ショパンが特異点とは言っても、あくまでも伝統から生まれた存在。ショパンは1810年生まれ、その頃の音楽のあちらこちらにいわば「ショパンらしさ」があるのはむしろ当然で、それを1820年代のオリジナルフォルテピアノで体験できる機会には大きな意味があります。

加えて、初代プレイエル(Ignaz Pleyel)はウィーン出身の作曲家そしてピアノメーカーですから、ショパンの創造力の源泉として少年期に体験していたウィーン式フォルテピアノが重要な役割を果たしていたこと、もっともっと重要視されるべきと思います。

・・・論より証拠、まずは体験するところからお楽しみください!
会場は、旧帝国ホテルの設計などで有名な建築家:フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計による、重要文化財:自由学園明日館(みょうにちかん)です。池袋駅からものの6〜7分という至便な場所でありながらこのようにタイムスリップできる場所はそうそうございません。

<プログラム>
フィールド (1782-1837)
 ノクターン ヘ長調 H.40(第6番)
カルクブレンナー (1785-1849)
 『お手をどうぞ』による幻想曲 op.33
フィールド (1782-1837)
 ノクターン イ長調 H.36(第4番)
フムメル (1778-1837)
 ポロネーズ『気まぐれな麗人』変ロ長調 op.55
オギニスキ (1765-1833)
  ポロネーズ『さらば祖国よ』イ短調
ショパン (1810-1849)
  ポロネーズ(遺作)変イ長調 B.5 / KK IVa-2 / WN3
  ポロネーズ(遺作)変ロ短調 B.13 / KK IVa-5 / WN10
  ポロネーズ(遺作 op.71-2)変ロ長調 B.24 / WN15
  4つのマズルカ op.7

2015年8月 3日 (月)

天天厨房@日本・台湾祭りin上野

8/1〜2の土日に「日本・台湾祭りin上野」開催。かなりお世話になっている千歳烏山の「台湾チャイニーズ 天天厨房」が出店、しかも昼過ぎにFacebookを見たらスタッフ不足とのコトで・・・運動不足体力不足な身体ながら、お手伝いして来ました〜。・・・このレアな姿を見よ!( ̄^ ̄)ゞ

10983381_808957189223021_4615370906

おそらく大学の学祭(写真部でお好み焼きやってた)以来なので、四半世紀ぶりwwwww

11828649_808957205889686_6707316619

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

無料ブログはココログ