フォト

カテゴリー

« シューベルト『クッペルヴィーザー・ワルツ』を、ペトロフのアップライトピアノ(P131M1)で | トップページ | 吉松隆『プレイアデス舞曲集VI op.71(1998)』から、第5曲「秋の舟唄」:ペトロフのアップライトピアノ(P118P1)で »

2015年7月14日 (火)

廃止間近の湧網線2/1987年3月

忘れたころに投下する、古い鉄道ネタでございます。暑くなったところで雪景色をど〜ぞ。・・・前回は5/13で2ヶ月経ったのネ(・o・ゞ

前回鉄道ネタと同じく1987年3月、4月に国鉄が分割民営化されてJRになろうとするタイミング、サロマ湖南岸を走っていた湧網線(ゆうもうせん)でありま〜す。

このときホントに無茶だったワタクシ、いくらアルミサッシでそれなりの気密が保たれているとは言え、無人駅「能取(のとろ)」の待合室で一晩明かしたのでありました。どこでも寝られるワタクシ、さくっと眠りについたのはイイのですが(イイのか?w)、確か午前4時ごろに寒くて目が覚めたらまぁ当然ながら身体中の節々が冷えきっていて動きづらいのなんの。能取駅は集落の中なので、自動販売機のホットの飲み物を5本ぐらい入手して・・・まだ生きてマス(^^ゞ

湧網線 能取ー常呂 1987.3.11. 921D(常呂656→能取704)
 Camera: Canon T90 Lens: NewFD24-35mm F3.5L
Neg135_05826

・・・霧氷がこのように美しいとゆ〜ことは、この日の朝はめっちゃ冷え込んだとゆ〜ことですw。

湧網線 能取ー常呂 1987.3.11. 924D(能取901→常呂909)
 Camera: Canon T90 Lens: NewFD50mm F1.2L
Neg135_05830

湧網線は一日5往復ですから、列車と列車の間には数時間の待ち時間があり、撮影場所を変えるのは当然。能取駅反対側の1:50000地形図で目星をつけておいた場所に移動。

湧網線 北見平和ー能取 1987.3.11. 925D(能取1307→北見平和1315)
 Camera: Canon T90 Lens: NewFD50mm F1.2L
Neg135_05837

この3枚はほぼ道沿いで、簡単に撮れました。風光明媚なところはその分人間も少ないちぅわけで、民営化前に廃止されるのは当然とは言え、実にもったいないことでした。

« シューベルト『クッペルヴィーザー・ワルツ』を、ペトロフのアップライトピアノ(P131M1)で | トップページ | 吉松隆『プレイアデス舞曲集VI op.71(1998)』から、第5曲「秋の舟唄」:ペトロフのアップライトピアノ(P118P1)で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃止間近の湧網線2/1987年3月:

« シューベルト『クッペルヴィーザー・ワルツ』を、ペトロフのアップライトピアノ(P131M1)で | トップページ | 吉松隆『プレイアデス舞曲集VI op.71(1998)』から、第5曲「秋の舟唄」:ペトロフのアップライトピアノ(P118P1)で »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

無料ブログはココログ