フォト

カテゴリー

« 「ピアノの誕生は1709年」が誤りである根拠 | トップページ | クリストフォリ1726年製ピアノのアクション動作動画 »

2015年4月11日 (土)

マッフェイによるクリストフォリのピアノ取材記事(1709年取材/1711年出版)のその後

「ピアノの誕生は1709年」という誤解のもととなった(と言われるのも迷惑なハナシでしょうがw)マッフェイ(Scipione Maffei)侯爵による有名な紹介記事について、史実を詳細に述べてみます。

マッフェイ(Scipione Maffei)侯爵によるクリストフォリのピアノについての紹介記事は、最初に1711年にヴェニスで出版された『イタリア文人誌(Giornale de' letterati d'Italia)』紙上に発表されました。これはマッフェイが1709年にクリストフォリと会って実際に楽器を見て書いた紹介記事です。この中で、マッフェイは「彼はすでに3台の普通サイズの新しい楽器を作っていた」と書いています。すなわち、1709年の段階で既にクリストフォリは少なくとも3台のピアノを作り上げていたという記述しかされていないのに、これが誤解されて1709年にピアノが発明された、という誤った認識が広がったのです。

なお、この紹介記事は、わずかな印刷上の訂正をほどこしたうえで1719年にヴェニスで再出版されています(Rime e Prose del Sig. Marchese Scipione Maffei, Parte raccolte da varij libri, e parte non piú stampate)。ここで、1711年版には楽器の名称が「Gravecembalo col piano e forte」となっていて、1719年版では「Gravicembalo col piano e forte」と変更されていることは(どれだけの意味があるかはともかくとしてw)知っておく必要があります。

そしてその後このマッフェイ侯爵によるイタリア語記事をドレスデンの宮廷詩人ケーニヒ(Johann Urlig König)がドイツ語に翻訳し、1725年にドイツ・バロックの代表的な作曲家で理論家でもあったマッテゾン(Johann Matteson, 1681-1764)の主宰する音楽雑誌『音楽批評(Critica Musica)』に所収されてハンブルクで出版されています。すなわち、ドイツ語圏にクリストフォリの発明が印刷物の形で伝わったのは、ようやく1725年以降、しかもそれは1709年当時の最新情報(^^;が16年も遅れて伝わったのでした。

さてもう一点、マッフェイはあくまでも文筆家であり、自分自身メカニズムを理解して記述することが困難であったことを認めています。つまり、マッフェイが1709年に実際にクリストフォリに会って楽器を見て正確に記述しようと大変な努力をしたとはいえ、その結果出版された図面を全面的に信用するわけにはいかない、という指摘も可能です。現時点では、クリストフォリのアクションの初期型がどのような機構であったのか、確認するすべはありません(マッフェイが記述した図面を実際に製作してみると充分に機能するので、信頼に値することもまた事実です)

そして、マッフェイが1709年に取材した情報のドイツ語版が出版された1725年の翌年の1726年にはクリストフォリは決定版のアクションを備えた楽器(現ライプツィヒ大学楽器博物館所蔵)を作り上げているわけですから、1711年出版のイタリア語文献そして1725年出版のドイツ語文献に記載されていた楽器とは、そもそも次元の違うレベルに達していたのでした。クリストフォリの楽器の斬新な構造が正しく伝えられず、結局はピアノの歴史の中で誤解に満ちた認識をされている理由の一つが、この紹介文献とのタイムラグでもあったのではないでしょうか。

下に記載しているアクション図を見比べても、マッフェイが1709年に取材して描いたアクションと1726年のクリストフォリのアクションとの差は、歴然としています。

古いまとめですが、ピアノの誕生周辺の資料はこのページにまとめています。ご興味があればご一読くださいませ!m(._.)m

・1726年製クリストフォリピアノのアクション図
Cristofori_action_1726

・ケーニヒのドイツ語訳所収(1725年出版)クリストフォリピアノのアクション図
 (1709年マッフェイ侯爵取材、1711年イタリア語で出版)

Cristofori_action_1709

« 「ピアノの誕生は1709年」が誤りである根拠 | トップページ | クリストフォリ1726年製ピアノのアクション動作動画 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ピアノの誕生は1709年」が誤りである根拠 | トップページ | クリストフォリ1726年製ピアノのアクション動作動画 »

最近の記事

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

無料ブログはココログ