フォト

カテゴリー

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の8件の記事

2015年3月30日 (月)

ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 (1954) Dマウント & PENTAX Q @茗荷谷

いよいよ春本番と言ってもよろしいかな?
またまた紙スペーサーでピントを出した 8mm映画撮影用固定焦点レンズ、おふらんすの銘玉 ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 を f8 に絞って撮りました。

・f8 1/400sec. (ISO200) 2015.3.30. 新大塚公園
10856832_746427218809352_5209439838

・・・同時に今年の1/4が過ぎ去ろうとしているのに愕然(・o・ゞ

・f8 1/400sec. (ISO200) 2015.3.30. 筑波大学附属高校正門横
11055257_746427348809339_8742161185

ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 (1954) & PENTAX Q
Img_9520

2015年3月28日 (土)

自由学園明日館(みょうにちかん)桜の見ごろまでもうちょっと

気温も陽射しもすっかり春ですが、桜の花の見ごろにはもうちょっとですね〜( ´ ▽ ` )ノ

・iPhone4S 2015.3.27.
11035535_744687948983279_5982310062

・・・ここで行う4月7日のフォルテピアノ&クラヴィコード演奏会: 古典鍵盤楽器 徒然草 弐 〜モーツァルト時代の鍵盤楽器たち〜 は10日後、散ってしまっているかもしれぬσ^_^;

・iPhone4S 2015.3.27.
10647075_744688005649940_8500393577

左奥は明日館の講堂、これから2年あまりの耐震工事のため、すっかり足場に囲われてしまいました(>_<)

2015年3月27日 (金)

4月7日/古典鍵盤楽器 徒然草 弐 〜モーツァルト時代の鍵盤楽器たち〜

2015年4月7日(火)19時開演(18時半開場)
池袋、自由学園明日館 Room1925(教室)
2500円(当日精算、全席自由)
主催:目白古楽ネットワーク(梅岡)
共催:自由学園明日館
<使用楽器>
ルイ・デュルケン(1790年モデル/フォルテピアノ)
 製作:Thomas & Barbara WOLF
シュタイン(1763年/旅行用クラヴィコード)
 製作:Alfons Huber & Albrecht Czernin


1925年フランク・ロイド・ライト建築の重要文化財「自由学園明日館」共催による古楽器による震災復興支援コンサート。素晴らしい音響の歴史的建造物で古典鍵盤楽器の演奏をお聴き頂きます。

Handregister

これから、現代の古楽器演奏ですらなかなか取り上げられない、ウィーン式ピアノの初期(=モーツァルトの時代)に実は一般的であった機構を大胆に試していこうと思います。その機構とは、ハンドレジスター(=手動ダンパー装置)そしてハンマーチェック(=ハンマー受け止め装置)なし、という機構です。

現在目にするフォルテピアノのほとんどはモーツァルトより新しい時代のタイプに「標準化」されてしまっているフシがありますが、昔は標準化とは無縁の時代であったはずです。標準化することで扱いが容易になるよう「改良」されたのは確かですが、逆にそれと同時に失ったものも少なくありません。

今回は、このモーツァルトの時代の構造に近いフォルテピアノに加えて、モーツァルトが7歳のときに入手した旅行用クラヴィコードの完全コピーを用いて、古いが故に実は新鮮で新しい未体験の響きを現代にお届けします!
このモーツァルトの旅行用クラヴィコードのコピー楽器は世界に他にも数台ありますがいづれも大変な有名人の所有で、この楽器の音が聴けるのは世界中で筒井周辺のみです。
・・・お聞き逃しなく〜(^^)v


http://concerts.clavichord.jp/fortepiano/Message.html

2015年3月14日 (土)

ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 (1954) Dマウント & PENTAX Q @旧古河庭園

・・・忙しいときってナゼか他のことをいろいろやりたくなりたくなるモンではございませんか?(・o・ゞ

・f5.6 1/500sec. (ISO200) 2015.3.13.
11017667_736718646446876_6576544428

とゆワケで、またまた8mmシネフィルム用の鏡玉を PENTAX Q につけて撮って来ました。おフランスの銘品、ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9(1954年製)固定焦点(!)です。少〜しだけレンズが撮像素子に近いようだったのでレンズアダプタに紙のスペーサーをかませてみたらあ〜ら不思議、f5.6でだいたいピントがあってしまいましたとさ。

・f5.6 1/320sec. (ISO200) 2015.3.13.
1502634_736718756446865_75371103415

本日は、駒込から西ヶ原への途中、旧古河庭園です。花いっぱいの風情ではありませんでしたが、空気はす〜っかり春(まだ日中だけですけどw)

・f5.6 1/800sec. (ISO200) 2015.3.13.
10863799_736718906446850_4629717411

ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 (1954) & PENTAX Q
Img_9520

2015年3月10日 (火)

「森の国」チェコ共和国のピアノで綴る音楽の調べ 〜Salon Concert at Piano Prep〜(再掲)

3月7,8日のクラヴィコード演奏会:『神童が使った鍵盤楽器  ~7歳のモーツァルトのためのクラヴィコード~』には多数のご来場、ありがとうございました!

さて、その舌の根も乾かぬうちに(ん?)、今度の日曜、白金台のペトロフピアノの専門店「ピアノプレップ」にてアップライトピアノを使ったサロンコンサートを行います。

2015年3月15日(日)14時開演(13時半開場)
ペトロフピアノ専門店『ピアノプレップ』(都営浅草線高輪台駅/南北線白金台駅)
2500円(お茶付/要予約/20名限定)

10993098_723114267807314_8294921846

ここの楽器は、チェコ製のペトロフという素性の良く素直な楽器を、特別なことはせずに(そもそも音楽に<必殺技=王道>はございません故w)基本に忠実にマトモに時間をかけて仕上げているので、演奏も自然と丁寧な方向に導かれてもらえます。この方向性は自分が考えている<クラシック音楽>の方向とウマいこと合致しており、なにやらとっても良い音楽ができそうな気にさせてもらえるンですね〜 (`・ω・´)シャキーン

演奏プログラム
・J.S.バッハ/リュートまたは鍵盤楽器のための
        プレリュード、フーガ、アレグロ BWV998
・モーツァルト/ソナタ K.331(トルコ行進曲付)
・ドヴォジャーク/ワルツ集 op.54 より、第1,2,4曲
・シベリウス/5つの小品 op.75(樹の組曲)
・シューマン/アラベスク op.18

ご予約はピアノプレップ公式HPよりどうぞ!m(._.)m
http://www.pianoprep.jp/cont5/main.html

2015年3月 7日 (土)

PENTAX Q と 8mmシネフィルムの画面サイズについて

最近しばしば遊んでいる「Dマウント」鏡玉、もともと8mmシネ(ムービー)撮影用カメラについていたものが多いのですが、PENTAX Q の撮像素子のサイズがこの8mmムービーのコマサイズより一回り大きいので楽しい現象が生まれています。

11044521_732259743559433_8927246500

上の画像は KERN Switar 12.5mm F1.5 の絞り開放で撮っていますが、要は PENTAX Q の撮像素子の範囲(=外側の枠)が8mmフィルムの範囲(=内側の枠)より大きいので、本来捨てられていたことで破綻していても問題なかった周辺部が写るようになった・・・ちぅことでありま〜す。
下の画像は f2.8 で撮ってます。フィルムだと現像しないとどう写るかがわかりませんでしたが、デジカメだとモニターで見えたまんまなので実にラクですね〜(・o・ゞ

Imgp1438frame

2015年3月 6日 (金)

KERN Switar 12.5mm F1.5 Dマウント & PENTAX Q@向島百花園

確定申告をちゃらりと終えて〜( ´ ▽ ` )ノ
葛飾税務署最寄りの青砥から京成電鉄で曳舟まで、下町の名園はすっかり春の装い。季節が動いてますね〜(((o(*゚▽゚*)o)))

・f1.5 1/2500sec. (ISO125) 2015.3.5.
10827997_732090460243028_1711890777

昔の8mmフィルム用鏡玉:KERN Switar 12.5mm F1.5 を PENTAX Q につけて撮ってみた向島百花園で〜す(・o・ゞ

・f1.5 1/2500sec. (ISO125) 2015.3.5.
10562549_732090760242998_3324605292

あまり絞っていないこともあって、まぁお世辞にも「良い写り」ではないですが、この癖だらけの写り、たまに遊んでみたくなるモンでありま〜す。発色のナチュラルさにもあらためて感銘。

・f2.8 1/800sec. (ISO125) 2015.3.5.
11001656_732090893576318_7972018629

KERN Switar 12.5mm F1.5 & PENTAX Q
Img_7445

2015年3月 2日 (月)

神童が使った鍵盤楽器  ~7歳のモーツァルトのためのクラヴィコード~(再掲)

今度の土日の両日16時開演、田園都市線市が尾駅すぐの 喫茶真理庵 にて、7歳のモーツァルトのための旅行用クラヴィコードの完全コピー楽器を使った演奏会を行います。

2015年3月7、8日(土、日)両日とも16時開演(15時半開場)
古楽名曲喫茶『真理庵』(田園都市線市が尾駅徒歩2分)
3000円(お茶付/要予約/20名限定)

使用楽器:アマデウス君が7歳のとき、父レオポルドに買ってもらったシュタイン製の旅行用クラヴィコードの完全コピー(2002年 Alfons Huber & Albrecht Czernin/筒井所蔵)

10898040_696846833767391_6951039718

クラヴィコードはピアノが登場する以前の鍵盤楽器、そして「音楽を学ぶための楽器」として、実はハープシコード=チェンバロよりも重要視されておりました。昔の楽器は現代人にとっていささかとっつきにくい(楽器自体も演奏する人物も(爆)ことはまぁ否めませんが・・・会場はとても落ち着ける喫茶店。いわゆるクラシック音楽にありがちな「かしこまり過ぎで硬い雰囲気」とは無縁の場にしたいと思っています。

この世知辛いご時世、ひとときのやすらぎを味わいにおいでくださいませ(・o・ゞ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

無料ブログはココログ