フォト

カテゴリー

« Voigtländer ALPIN(フォクトレンダー、アルピン) | トップページ | らーめん弁慶@門前仲町 »

2012年11月 1日 (木)

《ヴァイオリンを弾くための 身体の作り方・使い方》

「音楽と知的に関わる」という立場でずば抜けた頭脳(とワタクシが書くことさえおこがましいのですが)をもつ柏木真樹氏の労作です。
音楽表現が少しでも上手になってくるとたいてい直面するのが『脱力』ではないでしょうか。ワタクシの理解では『脱力』とは『必要なところ以外は弛緩させる』ということなのですが・・・そもそも必要なところがわからない状態なのですから、この理解も表面的で字面だけのものになってしまいます(・o・ゞ
我々に必要なのは<自力でマトモに考えるために、どう考えるかを正しく考える>というワケわからん姿勢だと思いますが、柏木氏はコレを整理して提示できる希有の人材です。ヴァイオリンを弾かない人でも、音楽をやらない人でも、この姿勢に触れるだけでも一読の価値あり!
281062_300094793432930_799115286_o

« Voigtländer ALPIN(フォクトレンダー、アルピン) | トップページ | らーめん弁慶@門前仲町 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《ヴァイオリンを弾くための 身体の作り方・使い方》:

« Voigtländer ALPIN(フォクトレンダー、アルピン) | トップページ | らーめん弁慶@門前仲町 »

最近の記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ