フォト

カテゴリー

カテゴリー「音楽>メーカー>Gröber」の4件の記事

2016年10月30日 (日)

サティ『グノシエンヌ第6番』を、1820年代のウィーン式フォルテピアノで!

Soundcloud 紹介第2弾は、ちょいとキテレツなネタです。

サティは1866年生まれですから、現代ピアノの時代の作曲家。その『グノシエンヌ第6番』を、音域6オクターヴの1820年代のウィーン式アクションのフォルテピアノで弾いています。いわゆる「オリジナル」ということを厳密に語るとほぼ暴挙に近いですが・・・「楽器の響き方の性格」を考えると、現代のピアノで弾くよりもよほど「味」が生まれるのは必定。

気がついてしまったのが運の尽きwで、やってみないワケには行かなくなってしまいましてネ。グノシエンヌの中でもサティらしさが際立っているこの「第6番」の雰囲気が、より独特になってくれました(・o・ゞ

サティ(1866-1925)『グノシエンヌ第6番』
2016.2.16. 池袋、自由学園明日館 ラウンジホール
 1820年製 グレーバー ウィーン式フォルテピアノ:筒井 一貴

2016年2月21日 (日)

サティ/グノシエンヌ第6番をウィーン式6オクターヴフォルテピアノで

今年はサティ(1866ー1925)生誕150年。
6月5日高崎にて、サティ存命当時1905年製のプレイエルピアノでオールサティ演奏会を行います。さぁ今すぐスケジュールにチェック!

つい先日2月16日の『古典鍵盤楽器 徒然草 伍』でアンコールで弾いた、グノシエンヌ第6番の動画をどうぞ!

ここで使っているピアノは1820年代のウィーンの楽器ですから、サティとは国も場所も遠く遠〜く離れています。ぶっちゃけ、現代の演奏のほとんどが作曲家が生きていた時代と遠く遠〜く離れた現代楽器での演奏ですから、その逆があっても別に不思議はあんめぇ・・・と ( ̄ー ̄)

まぁ昔々のピアノと100年ちょい昔のピアノとに共通点が全くナイわけではなく・・・「きわめて良く響くように作られた木の箱に弦を張ってそれを叩いて音を出す」という実にざっっっくりした共通点はございます。この「きわめて良く響く木の箱」でかもし出される響き、えも言われぬ柔らかさそして温かさに満ちておりまして、いろんな使い方をしないのも実にもったいないおハナシ。狭量な古楽器オリジナル原理主義は自ら可能性そして多様性を放棄しているワケで、それはそれで良きコトなのかも知れません。

演奏会においでくださった「pic kumasan」がブログに詳細にレポートしてくださいましたが・・・<もしかしたら江戸川乱歩のドラマに使われそうな世界です>そして<最後のアンコールはサティの曲でした、本当にサスペンスドラマみたいでした>という雰囲気w、どうぞお楽しみくださいませ〜(・o・ゞ

2016.2.16. 池袋、重要文化財:自由学園明日館 ラウンジホール
 1820年代オリジナル6オクターヴフォルテピアノ(グレーバー製):筒井 一貴

2016年1月 7日 (木)

2月16日/古典鍵盤楽器 徒然草 伍 〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜@池袋、自由学園明日館ラウンジホール

2016年2月16日(火)19時開演(18時半開場)
池袋、自由学園明日館  ラウンジホール(豊島区西池袋2-31-3)
3500円(当日精算/高校生以下1500円/50名)Tsutsui_groberblog
使用楽器:
 Johann Georg Gröber 作(1820年オリジナル)
    ウィーン式6オクターヴ フォルテピアノ

主催 目白古楽ネットワーク(梅岡)
共催 自由学園明日館
申し込み
 umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)
 bergheil69@me.com(筒井)

東日本大震災復興支援コンサート with 明日館
古典鍵盤楽器 徒然草 伍
〜ウィーン周辺の音楽さまざま〜

1820年周辺のウィーン式のフォルテピアノは「美しい」の一言です
ベートーヴェン最晩年のユーモアにあふれた小品:バガテル集
チェルニーがモーツァルトのメロディーで綴った素敵な花束:幻想曲
「レリーク」として知られるシューベルトの明るくも深く沈潜する未完の大ソナタ
「美しさ」のさまざまな姿をこの時代のオリジナルフォルテピアノの音色で
フランク・ロイド・ライトによる重要文化財建築の美しさとともに!

<プログラム>
 ベートーヴェン (1771-1827) 6つのバガテル op.126 (1823-24)
 チェルニー (1791-1857)
    『フィガロの結婚』のモティーフによる幻想曲  op.493 (1842?)
 シューベルト (1797-1828) ピアノソナタ ハ長調  D840(未完)(1825)

東日本大震災復興支援コンサート with 明日館HP
http://www.h3.dion.ne.jp/~bergheil/clavichord/fortepiano/Welcome.html
※コンサートの収益から義捐金を寄付いたします

2015年8月 4日 (火)

9月15日/古典鍵盤楽器 徒然草 四 〜ショパンに続く道程〜

ショパンと言えばプレイエルピアノ・・・というのは今ではかなり有名になりましたが、ショパンはプレイエルピアノがないところで育っていることに気づいている人は極めて少ないです。この演奏会では『プレイエル以前のショパン』に焦点を当てます。

2015年9月15日(火)19時開演(18時半開場)
古典鍵盤楽器 徒然草 四 ~ショパンに続く道程~
 池袋、自由学園明日館 Room1925(重要文化財)
<使用楽器>
Johann Georg Gröber 製作(1820年オリジナル
 ウィーン式6オクターヴ フォルテピアノ

入場料:3000円(収益の一部を東日本大震災復興義捐金といたします)
お問い合わせ/お申し込みbergheil69@me.com

Myonichi_map

ショパンという、当時においても別格な特異点的な存在が生まれた1800年代初頭のポーランドには、それこそどこでもウィーン式のピアノが存在していました。まさにその時代のオリジナルのフォルテピアノを使って、若きショパンが親しんでいた作曲家の作品を前半に、後半にはショパンのワルシャワ時代のポロネーズ(遺作)とパリに居を構えて間もなくのマズルカを据えました。

ショパンが特異点とは言っても、あくまでも伝統から生まれた存在。ショパンは1810年生まれ、その頃の音楽のあちらこちらにいわば「ショパンらしさ」があるのはむしろ当然で、それを1820年代のオリジナルフォルテピアノで体験できる機会には大きな意味があります。

加えて、初代プレイエル(Ignaz Pleyel)はウィーン出身の作曲家そしてピアノメーカーですから、ショパンの創造力の源泉として少年期に体験していたウィーン式フォルテピアノが重要な役割を果たしていたこと、もっともっと重要視されるべきと思います。

・・・論より証拠、まずは体験するところからお楽しみください!
会場は、旧帝国ホテルの設計などで有名な建築家:フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計による、重要文化財:自由学園明日館(みょうにちかん)です。池袋駅からものの6〜7分という至便な場所でありながらこのようにタイムスリップできる場所はそうそうございません。

<プログラム>
フィールド (1782-1837)
 ノクターン ヘ長調 H.40(第6番)
カルクブレンナー (1785-1849)
 『お手をどうぞ』による幻想曲 op.33
フィールド (1782-1837)
 ノクターン イ長調 H.36(第4番)
フムメル (1778-1837)
 ポロネーズ『気まぐれな麗人』変ロ長調 op.55
オギニスキ (1765-1833)
  ポロネーズ『さらば祖国よ』イ短調
ショパン (1810-1849)
  ポロネーズ(遺作)変イ長調 B.5 / KK IVa-2 / WN3
  ポロネーズ(遺作)変ロ短調 B.13 / KK IVa-5 / WN10
  ポロネーズ(遺作 op.71-2)変ロ長調 B.24 / WN15
  4つのマズルカ op.7

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ