フォト

カテゴリー

カテゴリー「音楽>メーカー>Bösendorfer」の12件の記事

2017年6月 6日 (火)

中島みゆき 作詞/作曲『水』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

気象庁は6日午前11時、「九州北部と山口県、それに九州南部が梅雨入りしたと見られる」と発表しました。もうそんな季節かぁぁぁ・・・とゆワケで、ほぼ月イチの120歳ウィーン式アクションのベーゼンドルファーを使った中島みゆき、今月は『水』です。

いかに中島みゆきと言えど、作品のすべてが人気曲であるハズもなく、この『水』は所収のアルバム《ララバイSINGER》の中でもはじっこで地味な曲wとのこと。・・・ですがこの曲、響きがかなり美しく、試しにピアノソロでじっくり弾いてみたら、なにやらピアノ曲として成り立ってしまったような気配 (`・ω・´)シャキーン

この曲の歌詞は実に読みづらくて難儀するのですが・・・
最初の最初に
 <水を探していた  ずっと探していた
 <水の形を探してみて  水に形のないことを知る

という「探しているものが本当に探しているものなのかがわからぬ不安」が示されていまして。コレ、中島みゆきの詩の重た〜い方向に一貫するテーマの一つですねん(・o・ゞ

2017年5月31日 (水)

ハイドンの命日によせて『ソナタ ハ短調 Hob.XVI/20』より第1楽章を、1978年製ベーゼンドルファー170cmで

今日(5/31)は、ハイドン(1732-1809)の命日ですよ〜。

ハイドンはピアノ弾きにとって単なる行きずりの作曲家wになってしまうことが少なくなく、あの「ソナチネアルバム」や「ソナタアルバム」で限られた数曲に触れるだけ、というおつき合いが少なからず。まぁそれも人生ですが・・・古い人間としてはお節介をしたくなるモンでございま〜す(・o・ゞ

実にロマンティックな傑作『ソナタ ハ短調 Hob.XVI/20』の第1楽章を、これまたはんなりと魅力的な音色の1978年製のベーゼンドルファー170cmモデルで弾いた動画です。この楽章のラスト、左手に前触れもなくオクターヴの連打が出現しますが、この処理次第で演奏の生死が分かれるほどに大切な部分ですよ〜 (`・ω・´)シャキーン

この1978年製170cmモデルはヤマハに買収される前のベーゼンドルファーの日本総代理店:日本ベーゼンドルファーに在籍していた福田夫妻が切り盛りする、掛川市の「Gala工房」の楽器で、ベーゼンドルファー独特の風情がとっても心地良いピアノでした。・・・4年前でチト恥ずかしいのですがσ(^_^;;;

Gala工房:http://gala-kobou.jp/
Gala工房経営者インタビュー:http://www.business-plus.net/interview/1207/364711.shtml

2017年5月 1日 (月)

中島みゆき 作詞・作曲『風の笛』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)使用

5月になりました。今年の1/3が過ぎ去って・・・きゃ〜(^^;;;;;
ほぼ月イチの中島みゆきonアンティークベーゼンドルファー、今回は《常夜灯》に収録されている『風の笛』です。

風がさわやかなこの季節は絶好の行楽シーズン。タイトルの『風の笛』はいかにもそんなイメージなのですが、当然ながら、中島みゆきの詩がそんなに単純であるハズがございませぬ(・x・ゞ

 <言葉に出せば通じることもある
  言葉に出せばこじれることもある
人と人とのコミュニケーションの簡単さ難しさ/単純さ複雑さを易しく/優しく語ると、まぁ意外とこんなもんですよね。「言葉」とは人類にのみ許されたのかも知れないとてもとても大切なお道具ですが、これほどまでに使い方がバラバラなお道具も他にないのでは・・・と思うときすらあります。方向は違えど、音楽もなかなかバラバラだとも思います。

 <言葉に出せない思いの代りに ささやかに吹け風の笛
想いが強過ぎると言葉にならない・・・という経験は誰しもあると思いますが、この詩はそれをうたっているわけではありませんね。
どうしても言葉が伝わらずに説明すればするほどいわゆる「真意」から離れてしまうことが度重なると、それよりは沈黙を選ぶ・・・というかなり厳しい状況が世の中には少なからず。さらには、自分の思いを言葉にするのがそもそも苦手なひとも少なからずなはず。言葉でなく風にのって伝わったらいいのにね・・・

2017年3月27日 (月)

中島みゆき 作詞/作曲『桜らららら』&『ただ・愛のためにだけ』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

ウチの秘蔵っ子120年選手、ウィーンアクション85鍵の1894年製ベーゼンドルファーを使ったピアノソロで、中島みゆきの『桜らららら』と『ただ・愛のためにだけ』をどうぞ〜。

桜の季節は卒業/入学の季節とカブります。中島みゆきで卒業の季節と言えばなんと言っても『春なのに』ですが、同じように心に秘めた想いをそっと切なく語る詩が『桜らららら』でございます。そして切れ目なく続くのが『ただ・愛のためにだけ』。収録アルバムのララバイSINGER通り、この2曲を続けて録りました(・o・ゞ

この2曲のようにアコースティックギターの徹頭徹尾シンコペーションな伴奏っつ〜のをピアノで弾くのはなかなか困難で、ど〜してもイモくさくwなってしまうんですね〜。いや、まぁ、シンコペーションを「正確に刻む」こと自体は訓練でどうにかなりそうなモンですが、リズム感というシロモノは「時を正確に刻む」だけで自然発生してくれるような生やさしいモノではございませぬ。しかもこの2曲、シンコペ伴奏でありながら決して跳ねないはしゃがない、という恐ろしさを持っていることにオリジナルを聴きこんでみて初めて気づいたワタクシ。イヤ苦労しましたです ヽ( ̄▽ ̄)ノ

『ただ・愛のためにだけ』の一節、
 <これが始まりでも、これでおしまいでも
  ただ愛のためにだけ、生きてると言おう
なにやら「愛」という存在を大きく重く感じさせられてしまいますね〜(イヤ実際その通りですけどw)。ギター伴奏な軽いフォークソング的なノリに見せておきながら、決して跳ねないはしゃがない音楽にしているのも、むべなるかな。そ〜言えば『岬めぐり』なんつ〜フォークソングもあったなぁ・・・とか思い出したり。

余談ながら<ただ愛のためにだけ、生きてると言おう>の箇所のコード進行は、『麦の唄』の<麦は泣き 麦は咲き 明日(あした)へと育ってゆく>の箇所と同じですよ〜(・x・ゞ

2017年2月23日 (木)

中島みゆきの生誕祭によせて『糸』を、1894年製ウィーン式アクションのベーゼンドルファーで

本日(2/23)は、中島みゆきの誕生日ですよ〜(年齢を知ってめっちゃビックリ)
ウチの超秘蔵っ子120年選手、ウィーンアクションの1894年製ベーゼンドルファーを使った、有名な『糸』をどうぞ(・o・ゞ

この『糸』はもはや結婚式の新定番ともなっており、中島みゆきにしては珍しくw受け入れられやすそうな詩と音楽ではありますが、こと、このように「語りかける」曲を言葉がないピアノという楽器で表現するのはなかなかの難行苦行でありま〜す。

ピアノの音は一度出したら基本的には減衰するしかないワケで、実は楽器として致命的な弱点を持っている・・・というのはご存知な方も多いでしょう。このような「できない道具」を使って何かしら表現しようとするのですから、その「何かしら」に対して生半可な理解しかできていなければ必死に懸命に鼻息荒く「頑張る」しかできないのは無理からぬこと。ですが、わからないのに必死に「頑張って」しまっても、自己満足/自己陶酔/自己洗脳にしかなりゃしないんですね〜。

『表現する』とは「スピードを変える」ことでも「音の大きさを変える」ことでも「ヴィヴラートをかける」ことでも、いわんや「身体をめっちゃ揺する」ことでも「顔をしかめる」ことでも「鼻息を荒くする」ことでもございません。これらは単なる「無数にある手法(有効とは言ってないw)の一つ」に過ぎず、手法を知っているだけで聴き手に伝わる「凄い何かしら」が自然発生するハズはございません。むしろ、表現意図のない手法(=知識)の羅列は害悪でしかございませんが・・・おっと、自分にも跳ね返って来てエラいこっちゃなのですが(・x・ゞ

2017年2月 7日 (火)

中島みゆき 作詞/作曲『サッポロSNOWY』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島 みゆき 作詞/作曲『サッポロSNOWY』を、1894年にベーゼンドルファー社が作ったピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)を使って弾きました。盛大なピンボケ御免。m(._.)m

昨日(2/6)今シーズンの『さっぽろ雪まつり(大通会場・すすきの会場)』が始まりましたhttp://www.snowfes.com/が、『サッポロSNOWY』とは、いかにもこの時期の題名の曲ですね。非常に美しい曲ですが、まぁ中島みゆきですから、例のごとく、いまだ叶わぬ恋と孤独感とを切々と語り続けていまして、お祭り気分もへったくれもございませんw

さて・・・美しくも切ないイントロからの歌い出し、
大陸からの強い寒気が下がって
と、単調さをことさらに強調するように全く歌う素振りを見せずに始まりますが、昔の天気予報キャスターどころかさらに無味乾燥な「気象通報」を彷彿とさせられるなぁ・・・と感じるのはワタクシだけでしょうか。これで何度天気図を自分で描いてみたことか(・o・ゞ

そして各節のラストに置かれている
今日も天気予報 長距離で聞く
といういわば「決まり文句」は、現代ではもはや知る人も少なくなったであろう、電話で市外局番+177番をダイヤル(!)して聞く天気予報のこと。このサービスは今なおしっかり続いていますぞ!
http://www.jma-net.go.jp/common/177jmh/telephon.html

『サッポロSNOWY』が発表された1991年当時、旅行に出る前にテレビの天気番組や新聞の天気図を見るのは当然のこと、さらに念を入れて旅先の気象台が発表する天気予報を長距離電話で聞く、というのは少なくともワタクシの周りではそんなに珍しいことではありませんでした。黒電話の音質ですから無味乾燥な棒読みがさらに聞きづらかったりもするのですが、これで旅に出る気分が高まっていたような記憶もありますね〜。

ですが・・・この『サッポロSNOWY』では、想い人と過ごしていた札幌を離れた主人公が長距離電話で札幌の天気予報を毎日のように聞いている、という情景/構図。それに加えて二番の
氷の国の人は涙のかわりに負けん気なジョークを言う
という一節、主人公のおそらく<サッポロSNOWY まだ SNOWY 帰れない>という「負けん気=プライドゆえに戻れない葛藤」でしょうか。なかなか痛々しく感じられますが、実は多かれ少なかれ誰にでもこのような一面はあるんですよね。

中島みゆきの曲を歌詞のないピアノソロで弾くのには限界がありますが、切々とした心情を美しくしみじみと歌い上げているところ、昔のピアノの表現力を借りて少しでも近づけられればいいなぁ・・・と。

2017年1月 4日 (水)

中島みゆき 作詞/作曲『帰省』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

今年2017年も3日と半日・・・とゆコトは、一年の1/100近くが過ぎ去ってしまったとゆ、恐ろしい現実(・o・ゞ
中島 みゆき 作詞/作曲『帰省』を、1894年にベーゼンドルファー社が作ったピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)を使って弾きました。

この『帰省』の歌詞は1月のこの時期にアップするのにぴったり、それにしても中島みゆきにしては「毒が少ないw」印象、そして内容もまったく厳しくないむしろ平凡な情景を描いています。まぁ、辛辣な着眼点はちゃぁんとw備えておりまして・・・
まるで人のすべてが敵というように
 肩を張り肘を張り 押しのけ合ってゆく >
という指摘は、都会に生きる人間として、なんと言うか、誰もが「あぁ、そうだよなぁ」と頷いてしまう姿勢ですね〜(・x・ゞ

けれど年に2回 8月と1月
 人ははにかんで道を譲る 故郷からの帰り >
ここに、これまたごくごく普通の表現でほんのりと優しさをにじませてくれるのがニクいなぁ・・・と。みなさん、優しい気持ちになっていますかの?

この『帰省』の曲調は優しさにあふれており、まことに美しい。中島みゆきの音楽は歌詞があってこそ独特な魅力を放つものが多いですが、この『帰省』は歌詞が無くても充分に味わえるような気がしています。

2016年12月24日 (土)

中島みゆき 作詞/作曲『LOVERS ONLY』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

中島 みゆき 作詞/作曲『LOVERS ONLY』を、1894年製ベーゼンドルファー(ウィーン式アクション/85鍵)を使って弾きました。

あの日あなたに聞いたのに>の後に、<Merry Xmas, Merry Xmas
と、2度下降のいわば「ため息音型」で D-flat -> F7 というなんとも言えない/癒えないコード進行の上に歌われるのは、呪詛なのか、未練なのか、それとも自虐なのか・・・
しかもその前フリが、
ほんのひと月前の別れも 昔のことと許される夜>という歌詞はクリスマスソングとしてはあまりにもあんまり、そして炸裂する2度下降の「ため息音型」の執拗なまでの連発。でもコレこそが中島みゆきの世界なのでしょうね。
・・・ピアノだけだと華やかな曲に聞こえてしまうところが、またな〜んとも微妙で(・o・ゞ

昔の楽器の表現力/ポテンシャルはそもそもの「格」が違い、それをクラシック音楽にだけ使っていてはまことにもったいない。100年前の欧米には現代とは比べものにならぬほど多くのピアノメーカーがあり、そのどれもが個性あふれる音色を誇っていました。このピアノ黄金期の銘器:一世紀以上昔のウィーン生まれのベーゼンドルファー、1894年製ウィーン式アクションのピアノの音色をお楽しみください。弦やハンマーに至るまで完全にオリジナルそのまま、という状態のヴィンテージピアノは世界的にも相当に貴重です。

2016年12月 8日 (木)

シベリウスの生誕祭によせて『樅の木 op.75-5』を、ベーゼンドルファーで

今日(12/8)はフィンランドの英雄的作曲家シベリウス(1865-1957)の誕生日ですよ〜(・o・ゞ

あまりにも(その筋ではw)有名な、5つの小品 op.75 より第五曲『樅の木』を、ベーゼンドルファー225シュトラウスモデルを使って弾きました。なお、この op.75 は「樹の組曲」と言われることが多く、ワタクシも普通に良い名称とも思ってはおりますが、コレはシベリウス本人によるものではございませぬ。

えてして、ピアノ弾きは難しい曲ばかり弾いている自分に疑問を感じたり飽きたりすると比較的簡単な曲に走る傾向wにありますが、コレがな〜かなかどうして「サマにならない」んですね〜。

音が多い曲はとにかくブルドーザーがごとくが〜〜〜〜っっっと押しまくればそれなりにサマになって聞こえたりもしますが、音が少ない曲はそうは行きませぬ。音をどのようにつなげるか、重ねるか、余韻をどのようにコントロールするか・・・などなどが全てそれなり以上に決まらないと一発でバレるという恐ろしさ。

2016年12月 2日 (金)

50歳の誕生日によせて、中島みゆき『誕生』を、1894年製ウィーン式アクションのベーゼンドルファーで

今日(12/2)はワタクシ(1966-)の50歳(51回めね(^_-)-☆)の誕生日ですよ〜w
・・・折り返し地点でありま〜す(・ω・ゞ

さて、この節目、どクラシック音楽な方向のネタを開陳するのはちょ〜っとあまりにも(どっちだw)いつも通りなので・・・中島みゆきの『誕生』を弾いてみましたぞ! (`・ω・´)シャキーン

ワタクシ、しばらく前から中島みゆきの強く突き抜けた日本語表現の世界を知ることになり、こりゃ〜相〜当〜にヤバい世界を知ってしまったなぁと。とりわけ、最近知った『Nobody is Right』の世界観には深〜く頷くところがありましてね〜。
しかも音楽を聴いてみると、日本語の歌唱表現能力はむちゃくちゃに高いわ、息継ぎはめっちゃ長いわ、しかも歌うのにかなり難しそうな旋律ばかりだわで仰天。ピアノで弾いても遜色ない旋律を、ピアノみたいなw長い長〜い息継ぎで歌えるって、一体全体ナニモノよ?(・o・ゞ

今回の楽器はウチの超〜秘蔵っ子、100%オリジナルの1894年製ウィーン式アクションのベーゼンドルファーです。秘蔵しすぎで12年も手を入れていない状態を怪善wwwすべく、11月半ばに名取孝浩さんにほんの短時間で(^^;調整&調律していただいたのでした。
もちろん、古い楽器で100%オリジナルを保たせているので凸凹はそこら中にありますが、それを補って余りある楽器自体の魅力が伝われば。現代のカッチリ単純明快な方向とは異なる複雑怪奇魑魅魍魎な音空間かも知れませんが、なんでもスッキリ割り切ってしまう世界のどこに深く愉しい魅力がありますか!



なお、調律前の12年放置していた状態で、これまた、中島みゆきの『愛される花、愛されぬ花』を録っていますので、併せてど〜ぞご笑覧くださいませ(爆
昔の楽器の音色の特質かなぁと思えば意外と酷くはないかも・・・ですが、要所要所で破綻しているのはバレバレ(・x・ゞ



ではでは、これから最低50年間w、どうぞよろしくお願いします〜m(._.)m

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janaček | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ