フォト

カテゴリー

カテゴリー「音楽>楽器>クラヴィコード」の40件の記事

2017年5月21日 (日)

5月20日/世にも静かな Bar LIVE 3@中野、盛会御礼

昨日(5/20)のクラヴィコード演奏会: 世にも静かな Bar LIVE 3 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜 は大盛況、みなさまありがとうございました!m(._.)m

18558736_1726662250683805_789061395

さてお次は、新潟にて初期イタリアンチェンバロを使った演奏会(5/27〜28)、そして、高崎にて現代ピアノの演奏会(6/11)です。

〜アトリエミストラル コンサートシリーズ 世界を旅する音楽会 Vol.2〜
筒井一貴 ピアノコンサート
ベートーヴェン&シューベルト
2017年6月11日(日)15時開演(14時半開場)
高崎、アトリエミストラル(高崎市下小鳥町312-4)
一般3000円/当日3500円/高校生以下1500円

<プログラム>
ベートーベン
 ピアノソナタ第8番「悲愴」Op.13
 ピアノソナタ第17番Op.31-2(テンペスト)
シューベルト
 4つの即興曲Op.90(D899)
使用ピアノ:1905年製プレイエル3bis

ワタクシの演奏会としては非っ常〜に珍しく、有名曲が並んでおりますネ(・o・ゞ
・・・さぁ6月11日は高崎にGo!

2017年3月31日 (金)

ハイドンの生誕祭によせて "ソナタ ホ長調 Hob.XVI:31" の第1楽章を、高橋靖志氏によるクラヴィコードで

今日(3/31)は、ハイドンの誕生日ですよ〜。
ハイドンにも鍵盤楽曲はぎょ〜さんございますが、モーツァルトほど知られていないのがか〜なり残念で。

ソナタ第46番と言われることが多そうwな Hob.XVI:31 ホ長調の第1楽章、新潟の製作家:高橋靖志氏による5オクターブのクラヴィコードでどうぞ!(5年前の動画で御免w)

クラヴィコードは基本的に個々人が音楽と向き合うための楽器で歴史の表舞台にはなかなか登場しませんが、昔の音楽の世界では基本の基本として大切にされていたフシがあります。現代ではこのような楽器はもはや一部マニアックな好事家wだけのものとなってしまいましたが、実は古典鍵盤音楽を知る上で欠くことのできない楽器がクラヴィコード。この世界を知らずして現代ピアノを弾いても意味ないハズなんですけどね〜 (`・ω・´)シャキーン

もともと音量が非常に小さい楽器ですので、ノイズがまぁ気にならない程度の音量に抑えて少し能動的に「聴こう!」と念じながらw聴いてくださいませ〜(・o・ゞ

2017年3月21日 (火)

J.S.バッハの生誕祭によせて4声コラール "Gottes Sohn ist kommen" を、高橋靖志氏によるクラヴィコードで

今日(3/21)は、言わずと知れたJ.S.バッハの誕生日ですよ〜(・o・ゞ

J.S.Bachによる4声のコラールはまことに親しみやすく、格別の味わいがございます。その中から "Gottes Sohn ist kommen" を、新潟県三条市(旧下田(しただ)村)に工房を構える高橋靖志氏による2種類のクラヴィコードで弾きました。

クラヴィコードは個々人が「音楽と向き合う」ための鍵盤楽器としてチェンバロよりも大切とされており、実は人々にとって最も身近な鍵盤楽器でした。音楽をなかだちとした親密な空間を味わうには技術的に困難でない曲こそがふさわしく、是非とも身近なJ.S.Bachの姿を楽しんでくださいませ!

小型クラヴィコード版
このクラヴィコードの元ネタは1600年ごろにイタリアの修道院で作られたとされている楽器です


5オクターヴクラヴィコード版
18世紀後半を念頭に置いた高橋靖志氏オリジナルデザインです

2017年3月19日 (日)

3月18日@中野/古楽かふぇライブ&トーク「筒井一貴クラヴィコードライヴ」〜古楽喫茶店主に捧ぐ〜 御礼!

3月18日、中野の Space 415 にてクラヴィコード演奏会: 古楽かふぇライブ&トーク「筒井一貴クラヴィコードライヴ」〜古楽喫茶店主に捧ぐ〜 は満席のお客さまでしたが、ウチのクラヴィコードの音がきっちり通ってくれました(・o・ゞ

Img_3263

クラヴィコードはまだまだマトモに知られているとは到底言い難い楽器で、音がロクに聴こえないことが有り難がられる風潮wをいまだに感じます。音量が小さいことは事実ですが、聴こえない楽器が「音楽を学ぶのに最適な楽器」として大切にされ続けるハズがございませんよね〜。

Img_3264

クラヴィコードとはマトモな楽器をマトモに弾けば「マトモに鳴る」楽器であること、そして、音量がきはめて小さいと言っても身じろぎもできないような息詰まる雰囲気の中で聴かねばならぬ楽器ではないこと、どんどん伝えて行きたい所存でありま〜す (`・ω・´)シャキーン

Img_3265

首都圏では次は5月20日、中野五叉路に面した Bar Hamlets にて15人限定: 世にも静かな Bar LIVE 3 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜 です。ココ、お酒もとっても酔いですよ〜^^

中京圏では4月16日、名古屋から小一時間、三河湾に向かう途中の西尾市の さんがい亭(名鉄西尾線桜町前駅/徒歩5分) にて30人限定: 世にも静かな 音物語 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜 です。どうぞご期待くださいませ!m(._.)m

2017年3月 4日 (土)

3月18日@中野/古楽かふぇライブ&トーク「筒井一貴クラヴィコードライヴ」〜古楽喫茶店主に捧ぐ〜

3月12日(日)には チェンバロは語り、歌い、踊る ACT.5 ですが、引き続き、3月18日(土)にはクラヴィコードの演奏会を中野で行います (`・ω・´)シャキーン

古楽かふぇライブ&トーク「筒井一貴クラヴィコードライヴ」
〜古楽喫茶店主に捧ぐ〜

2017年3月18日(土)15時開演(14時半開場)
中野、Space 415(東京都中野区新井2-48-12 2F)
3000円(当日精算/30名)

10898040_696846833767391_6951039718

  ---- 8< -------- 8< -------- 8< -------- 8< ----

〜『古楽かふぇ』主催者より〜
2017年2回目の古楽かふぇ、クラヴィコードの音楽をお話を交えてお楽しみいただきます。音量控えめ、サイズ小さめのこの楽器の音楽は、聴き手側が少しだけ、"耳を澄まして"聴こうとすることで、聴く楽しみが増します。少し耳を澄まして聴いていると、懐かしい何かを、胸の内に呼び起こしてくれるような気持ちに出会えるかも・・・

今回は「古楽喫茶店主に捧ぐ」との副題を掲げました。そのワケは・・・
かつて横浜市内に有った「古楽名曲喫茶 真理庵」
古楽かふぇ庵主も何度か訪れ、丁寧にいれられたコーヒー、絶妙な焼き加減のトーストを、店内に流れる古楽を聴きながら食し、耳も胃袋も心も癒やされておりました。

この「真理庵」の庵主様が、筒井一貴さんの奏でるクラヴィコードの音楽をとても好まれ、真理庵内でも幾度か演奏会が催されて、多くの来場者が筒井一貴さんのクラヴィコード演奏と真理庵の喫茶メニューを楽しまれました。

「古楽名曲喫茶 真理庵」は、2015年3月15日をもって閉店されましたが、クラヴィコードの音楽が聞こえる『静かで芳醇な あのひととき』を、古楽かふぇで再び体験していただきたく。そして、古楽ファンが集う場を作ってくださった真理庵の店主様に心からの感謝を込めて、このひとときを捧げたく。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。初めての方も、既に愛好家の皆様も、気楽に気軽にご参加ください

<プログラム>
W.A.モーツァルト
・K.3〜5:父レオポルドが筆写した小品
・K.9a(5a):ヴォルフガング自筆が残っている小品
J.パッヘルベル
・アポロンの六絃琴(Hexachordum Apollinis)より、アリア第4
J.C.F.フィッシャー
・組曲集『音楽のパルナス山』より、組曲第6「Euterpe」


※お申込は「こくちーずPro」のこちら(http://www.kokuchpro.com/event/kcafe20170318/)が基本ですが、メールでも受け付けております。
お名前と連絡先電話番号、申込み人数をご記入の上、
下記アドレスに送信してください。
宛先: kcafe@dream.jp

■終演後、出演者を交えての茶話会を行ないます。
お気軽にご参加ください(お飲み物とお菓子をご用意しております)
●お問い合わせ︙E-mail : kcafe@dream.jp
TEL: 070-6940-2070(留守電折返し対応)

2017年1月27日 (金)

W.A.モーツァルトの生誕祭によせて、最初期の小品 K.3(1762年)をモーツァルトの旅行用クラヴィコード(複製)で

今日(1/27)は、他でもないW.A.モーツァルトの誕生日ですよ〜。

ワタクシのところには、モーツァルトが7歳のとき(1763年)に入手して以後終生愛用した旅行用クラヴィコード(現、ハンガリー国立博物館蔵)の忠実な複製がございましてネ(・o・ゞ

このクラヴィコードを使って収録した、1762年(入手する1年前ですね^^)に父レオポルドが筆写したヴォルフガングの作品:K.3の動画をどうぞ。場所は特別に音楽専用スペースではなく、東京は狛江の地元工務店:東建ハウジング(トーケン株式会社)のコミュニティスペースの一室です。



クラヴィコードは音量は非常に小さいのですが表現力はおよそ想像を絶する幅広さを持っていまして、それぞれが音楽の世界と向き合うために必須の楽器として何百年にもわたって愛されていたフシがございます。そのような楽器ですから、いわゆる音楽専用の場所で弾いてしまうと、クラヴィコードがかもし出す親密さに満ちた音楽の世界は逆に伝わりづらいんですね〜。・・・無論、それを否定するモノではございませんし、それを拒む自分でもございませんがw

さて本日19時半開演にて、<日常の音楽を紹介する>という趣旨でチェンバロの演奏をまさにこの狛江のトーケン株式会社で行います(部屋は違います)が、それならばクラヴィコードも持ち込まなくちゃ・・・とゆコトで、楽器が増えました (`・ω・´)シャキーン

ワタクシの演奏としては珍しく無料、本日終業後に、どうぞおいでませ!

人集まる処に音楽あり
〜暮らしのうるおいを作るホームコンサートの実体験をどうぞ〜
2017年1月27日(金)19時半開演(終演予定20時半)
トーケン株式会社(東建ハウジング)事務所、展示スペースにて開催
住所:東京都狛江市岩戸北1-7-9
※入場無料/要電話予約:03-3488-1005(トーケン株式会社)

15673232_620738594794912_24240177_n

2016年12月 5日 (月)

W.A.モーツァルトの命日によせて『グラスハーモニカのためのアダージオ K.356(617a)』を、モーツァルトの旅行用クラヴィコードで

昨日(12/4)の演奏会古き佳き独逸の銘器、いぶし銀の輝き:1909年製ブリュートナー・ピアノ 〜ブーニンをコンクール優勝に導いたピアノ〜には多数のご来場をいただき、ありがとうございました!m(._.)m

さて・・・今日(12/5)は、他ならぬW.A.モーツァルト(1756-1791)の命日ですよ〜(・o・ゞ

ウチにはモーツァルトが7歳のときに入手した旅行用クラヴィコードの複製があるのですが、それを使って、最晩年の作品『グラスハーモニカのためのアダージオ K.356(617a)』を弾きました。

クラヴィコードという楽器はまだまだロクに知られておらず、変に神格化されてしまったり、そもそも音が出ないと思われてしまったり、誤解されることも少なくない楽器ですが、まぁこんなクラヴィコードも世の中に存在しています。クラヴィコードは実際に体験しないことには想像すらできない楽器。いつか是非とも実演を聴きにいらしてくださいませ!

2016年10月15日 (土)

神童時代のモーツァルトとイタリア 〜モーツァルトの旅行用クラヴィコードで〜 御礼

錦糸町という町はいかにも下町なイメージですが、実は駅から5分も歩けば閑静で落ち着ける場所がございまして。・・・ナニを隠そう、ワタクシもこのアートサロンカフェ『C de C/セドゥセ』を知るまでは全く知らなかったのですが(・x・ゞ

Cdec_20161015_tsutsui

このような立地のまさに隠れ家カフェ、室内音響も非常に素直で、ココはクラヴィコード演奏に良さそうだなぁ・・・という勘が見事的中、クラヴィコードの繊細で優しい音色がカフェ全体に鳴り響いた贅沢なひとときをお楽しみいただけたようです。

Cdec

クラヴィコードの演奏は、せいぜい数十人の規模で行ってこそ。ご来場いただけた方々、どうもありがとうございました。m(._.)m

Cdec_20161015_cake

2016年10月14日 (金)

アルベルティの命日によせて、モーツァルトの『ソナタ ハ長調 K.545』より第2楽章を、モーツァルトの旅行用クラヴィコードで

今日(10/14)は、イタリアの無名w作曲家、ドメニコ・アルベルティ(ca.1700-1740)の命日とされている日ですよ〜。

アルベルティは、古典派の鍵盤楽器のためのソナタなどの左手に飽きるほどw使われる<ドソミソドソミソ>な伴奏を頻繁に使い、この伴奏音型は「アルベルティ・バス」と呼ばれるようになった・・・とか。・・・とは言え、アルベルティがこの伴奏音型を編み出したというワケではございません。ご注意あれ〜。

さて<ドソミソドソミソ>の伴奏音型の屈指の使い手と言えば、モーツァルト。有名なK.545ハ長調のソナタの第2楽章を、モーツァルトの旅行用クラヴィコード(複製)で弾いています。



さて、明日(10/15)17時開演、この楽器を主に使う演奏会@錦糸町で〜す。ゆったりと聴けますので、土曜日の夕刻、くつろぎにいらしてくださいませ〜m(._.)m

神童時代のモーツァルトとイタリア
2016年10月15日(土)17時開演(16時半開場)
錦糸町、アートサロンカフェ C de C(セドゥセ/Café de concert)
一般3500円/学生3000円/要予約
お菓子・1ドリンク(コーヒーor紅茶)


クラヴィコード&ピアノ演奏: 筒井 一貴
予約先: C de C 03-6362-2068 / kbbach@eb.mbn.or.jp

2016年9月 1日 (木)

パッヘルベルの生誕(受洗)祭によせて『アリエッタ へ長調』@国際クラヴィコードシンポジウム

本日(9/1)は、パッヘルベル(1653-1706)の誕生日もとい受洗日ですよ〜(遅刻するトコだったwww)。
北イタリアのマニャーノ(Magnano)で隔年で行われている、第11回国際クラヴィコードシンポジウム(2013.9.3.〜9.7.)にて弾いた『アリエッタ ヘ長調』です。・・・もう3年も前か〜(・o・ゞ

発表者が一人来られなくなって枠が一つ空いたということで新潟のチェンバロ&クラヴィコード製作家の高橋靖志さんの楽器のプレゼンが急遽決まり、ワタクシ楽譜もiPadも持って行っていたおかげで演奏することができたのでした。「国際クラヴィコードシンポジウム」で、日本人製作による1600年ぐらいに作られたクラヴィコードの複製楽器を、その譜面台にiPadを乗せて日本人:小池宏幸氏の作った楽譜アプリ:piaScoreを見て、日本人のワタクシが演奏する、ということ、また楽しからずや^^

クラヴィコードの音は生演奏で人間が『聴く意思』を持って聴いている場合には意外としっかり聴こえますが、録音では絶対的な物理量として捉えられるので「有効音量」が非常に小さく聴きづらいかも知れません。まぁここはひとつ、クラヴィコードに最適な場所の一つの雰囲気を味わっていただければと思います (`・ω・´)シャキーン

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ