フォト

カテゴリー

カテゴリー「イベント・演奏会」の220件の記事

2019年9月23日 (月)

古き佳き時代をめぐる旅路@大宮公園

一昨日(9/21)原宿のカーサ・モーツァルト所蔵1920年代のベヒシュタインK型と同時代のフルートの共演は盛況、ありがとうございました!

さておつぎは10月5日に大宮公園にて、1927年製ベヒシュタインL型(165cm)を使ったソロ演奏会です。選曲は我ながらオモロくできた感触ありですよ〜 (`・ω・´)

Img_7169

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

古き佳き時代をめぐる旅路
100年前のベヒシュタインピアノで愉しむ


ベヒシュタインピアノ:筒井 一貴

2019年10月5日(土)14時開演(13時半開場)
3000円(手作りケーキ&紅茶付/40名要予約)
大宮公園、バッハアカデミー(さいたま市大宮区寿能町2−210−2)

主催 バッハアカデミー http://www002.upp.so-net.ne.jp/bach/
問合せ bach@zb3.so-net.ne.jp(バッハアカデミー)
bergheil69@me.com(筒井)  

20191005_leaflet

E.サティ (1866−1925)
 『星たちの息子』への3つの前奏曲(1891)
J.ハイドン (1697-1773)
 ソナタ Hob.XVI:20 ハ短調(1771)
F.リスト (1811−1886)
 悲しみのゴンドラ第1(1882)
L.v.ベートーヴェン (1770−1827)
 ピアノソナタ第17番(テンペスト)op.31-2 ニ短調(1801/02)

続きを読む "古き佳き時代をめぐる旅路@大宮公園" »

2019年8月23日 (金)

よみがえる古き佳き響きの世界 〜 100年前のフルートとベヒシュタインピアノ 〜 モーツァルトのクラヴィコードとともに

こないだウチの地元で昭和な焼肉を愉しんだ 素来聡子さん & 石井孝治さん は、100年前の逸品フルートを素晴らしい音色で奏でる稀有の存在でしてな。

そのお二人とワタクシが奏く カーサ・モーツァルト 所蔵1920年代のベヒシュタインK型という、まさに同時代の楽器の共演です。これに加えて筒井所蔵のモーツァルトのクラヴィコードとの共演も聴ける、というお得感満載(?)の演奏会ですよ〜 (`・ω・´)

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

よみがえる古き佳き響きの世界
100年前のフルートとベヒシュタインピアノ
モーツァルトのクラヴィコードとともに

フルート:
素来 聡子石井 孝治
ピアノ&クラヴィコード:筒井 一貴

2019年9月21日(土)15時開演(14時半開場)
4000円(全席自由/50名/要予約)
原宿、カーサ・モーツァルト(渋谷区神宮前1丁目10ー23 3階)

主催 音楽マネージメント ファルベ http://www.flutefarbe.com/
問合せ 044-572-0747(音楽マネージメント ファルベ)
           farbefl24.info@gmail.com(音楽マネージメント ファルベ)
bergheil69@me.com(筒井)  
後援 一般社団法人 日本フルート協会

20190921_leaflet1s

J. B.ルイエ (1680-1730)
 トリオソナタ op.II/12 ト長調(1725)
クヴァンツ (1697-1773)
 トリオソナタ 変ホ長調 QV 2:18(after 1720?)
モーツァルト (1756-1791)
 ヴァイオリンソナタ K.304 から、第2楽章
  (悲しみのメヌエット)(1778)
ゴーベール (1879-1941)
 ギリシャ風ディヴェルティスマン(1909)
 組曲(1921)
ハーティ (1879-1941)
 アイルランドにて(1918)
ヒンデミット (1895-1963)
 フルートソナタ(1936)

2019年8月15日 (木)

フランソワ・クープラン《クラヴサン曲集第3巻》所収「第13オルドル」から『Les Lis naissans/百合の花ひらく』を、フレンチクラヴサンで

2019年7月27日に高円寺北口から10分程度の閑静な住宅地のど真ん中にある「ソフィアザール高円寺バロック」所蔵のフレンチクラヴサンを使って行った演奏会実況録画、フランソワ・クープラン(1668-1733)の《クラヴサン曲集第3巻》(1722年)所収「第13オルドル」から『Les Lis naissans/百合の花ひらく』です。

このクラヴサンは多彩極まりない才人の 永野光太郎氏 が2018年末に納入した楽器でようやく半年経ったばかりですが、音響振動に対する反応が抜群に良く、いわゆるエージングが進むわ進むわでいつも仰天させられています。本番にむけてわりと頻繁に鳴らし込みをさせてもらえたのですが、とにかく音が良〜く伸びるようになり、それとともに音が減衰する過程もまっこと上品にふわっと消える感じに。これぞエージングの醍醐味ですね〜 (`・ω・´)
・永野光太郎オフィシャルサイト:https://oratokoratok.jimdo.com

音楽は派手なだけでは成り立ちません。『Les Lis naissans/百合の花ひらく』はきわめて単純な曲ですが、少〜しずつ空気が変わって行く雰囲気は慎ましやかで上品なクラヴサン音楽の真骨頂の一つと思います。どうぞお楽しみくださいませ〜! ヽ( ̄▽ ̄)ノ

2019年7月28日 (日)

『バロック方面より風来たる ACT.1』@高円寺盛会御礼

みなさま、 昨日(7/27)は久々のソロ演奏会『バロック方面より風来たる ACT.1』にご来場いただきありがとうございました!

Img_7583

ある時代までのアコースティック楽器って、現代な目で見ると不合理だったり無駄だったりして意味がわからないコトが少なくないそうですが、そこから出てくる複雑怪奇な音空間の魅力は筆舌に尽くしがたし。

Img_7581

永野光太郎氏の手によるこの18世紀フレンチチェンバロはハンパない見識と的確な取捨選択の賜物か、現代では真っ先に滅菌消毒されてしまう「音魂」を十全に備えているのが奇跡的でして。

Img_7582

このような「昔っぽい雰囲気」が満載な体験はそうそうできるものではございません。この場所とは長いつきあいになりそうです(*´-`)

2019年6月30日 (日)

オーケストラ「☆の王子さま」@かつしかシンフォニーヒルズ

出身高校オーケストラ部の卒業生が多数参加しているアマオケ「☆の王子さま」の演奏会がご近所なのをイイことに、チラシの挟み込みっっっ (`・ω・´)

Img_7258

若い楽員に「つついさん自ら挟み込みするなんてめっっっちゃシュール!」とウケが取れたので、目的の半分は達成されたかしらん。それはイイとしても、団長の某音楽準備室のマスターに「つついさん、髪(紙)が亡くなりました!!」とめっちゃ叫ばれたのも書いておかねば。てめ〜ぶっころすσ^_^;
・・・とゆワケで、7/27の バロック方面より風来たる ACT.1@高円寺、絶賛ご予約受付ちぅ〜(*´-`)

20190727_front



そしてもいっちょ、9/21の よみがえる古き佳き響きの世界@原宿も興味深い催しですよ〜。フルートの 素来聡子さんと 石井孝治さん との三人で織りなす、いにしえの柔らかな響きの世界にどうぞ!(*´-`)

そして、10/5には こんな1927年製のベヒシュタインを使って 大宮公園の バッハアカデミー でピアノソロ怪催、そろそろ各方面の活動再怪ですぞ(`・ω・´)

続きを読む "オーケストラ「☆の王子さま」@かつしかシンフォニーヒルズ" »

2019年5月18日 (土)

ヴァイオリン&ピアノライヴ@しずく会/小田原

半年に一度の恒例となった、小田原駅近の「しずく会」でのくされ縁wな柏木真樹師との日本酒ライヴ、はや3回めと相成りました(・o・ゞ

Img_6871

電子ピアノの立奏もちゃっちゃとコナせるようになり、「電子ピアノってこんなにちゃんと音が出るんだ〜」という驚きの声もあったりして、まぁ嬉しい限りでございます。実はナマ楽器と合奏するとかなり「 手 伝 っ て も ら え る 」ので、電子ピアノでも充分にいろんな音が出ているように聴こえさせられるんですよ〜。これこそが合奏の不思議なところであり醍醐味でもあり、これができなきゃ意味が無いところでもありま〜す (`・ω・´)

Img_6870

残念なのはここ1年でアルコールの処理能力がガタ落ちしてしまったことで、せっかくのウマい日本酒を十全に嗜めなくなってしまったこと。
・・・まぁそれでも一杯めのビールはウマい♪

Img_6875

2019年5月13日 (月)

7月27日/バロック方面より風来たる@高円寺バロックザール

ここしばらくな〜んとなく調子がスグれず、ソロの演奏会は控えておりましたが、よ〜やっと活動再怪しますよ〜 (`・ω・´)

蓄音器なオトコのコも〜どで遊んでいただいていたソフィアザールのオーナー氏から「秋じゃ遅い、高円寺はわりかし空いてるんだからとっとと演奏会やって!」と尻を叩かれまして(いや、ホンマ、ありがとうございますw)、7月末という暑いさなかですがホールの中は涼しいですしwどうぞおいでくださいませ!

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

2019年7月27日(土)14時開演(13時半開場)
高円寺、ソフィアザール高円寺バロック(バロックザール)
(JR高円寺駅北口徒歩10分程度/中野区大和町1-29-12)
4000円(当日精算/50名)
共催 ソフィアザール
申し込み 090-8348-1170(高円寺バロック:遠藤)
  bergheil69@me.com(筒井)

20190727_front

くれぐれも「バロック方面から風来坊ぢゃないっすよ(・ω・ゞ

<プログラム>
 フォルクレ (1699-1782)
 「クラヴサン曲集第4」抜粋
 フランソワ・クープラン (1668-1733)
 「クラヴサン組曲集」より、第6オルドル、第13オルドル
 J-N-P. ロワイエ (1705?-1755)
 「クラヴサン曲集」抜粋

2019年5月 4日 (土)

柏木真樹Vn教室、大発表会@すみだトリフォニー(小)

柏木 真樹 (Maki Kashiwagi) 師のVn.教室の大発表会、始まりま〜す。

Img_6815

チェンバロも見えますが、ワタクシはチェンバロは弾かず、スタインウェイのフルコンで伴奏し倒しですぞ(`・ω・´)

Img_6816

2019年1月12日 (土)

1月20日/押上でソナタな午後を@押上猫庫

今年も1/30が過ぎようwとしていますが、演奏会第一弾は次の日曜日(明日ぢゃないよ)1月20日14時開演@ 押上猫庫 でございま〜す(・o・ゞ

1959年製のスタインウェイO−180を使っての、おなじみVn.の 柏木 真樹師 とのデュオ。ソナタ2曲のお腹いっぱいプログラムですよ〜 (`・ω・´)シャキーン

20190120_oshiage

2019年1月20日(日)14時開演(13時45分より飲食可能!)
押上猫庫 (押上駅徒歩7分)
4000円/茶菓付(要予約当日精算30名)
演 奏 : Vn. 柏木 真樹 & Pf. 筒井 一貴

プログラム
モーツァルト
 ピアノとヴァイオリンのためのソナタ K.378
グリーグ
 「抒情小品集」から(ピアノソロ)
 ヴァイオリンソナタ ハ短調 op.45

2018年12月31日 (月)

年明けお年賀の怪@押上文庫(1/2〜3)

新年の1月2〜3日、いつもの 押上文庫 の二階和室にて、新年のお座敷遊びの怪を怪催いたします。

http://www.oshiagebunko.com/fcblog/21384.html

「投扇興(とうせんきょう)」という、扇を投げて「蝶」と呼ばれる的に当ててそれらの位置関係で点数が決まるという遊び。極めて単純な遊びなのですが、扇には複雑な空気抵抗がかかりますし、そもそも的に当てるのが意外と難儀だったりしますね〜。体力のあるなしにかかわらずルールが単純、というハマる要素が満載なお遊びです。

ワタクシは両日とも16時以降ユルく常駐してます。賽銭箱も置いてありますので、お 年 賀 歓 迎 でございます(・o・ゞ

Img_5534

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 グルメ・クッキング ファッション・アクセサリ レッスン 写真>Instagram 写真>昔のレンズ/カメラ 学問・資格 文化・芸術 旅行>アメリカ 旅行>ヨーロッパ 旅行>中南米 旅行>中国 旅行>台湾 旅行>韓国 旅行>香港 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 鉄道 音楽 音楽>Soundcloud 音楽>YouTube 音楽>アンドレ・ギャニオン 音楽>クリストフォリピアノ 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 音楽>メーカー>BECHSTEIN 音楽>メーカー>Blüthner 音楽>メーカー>Broadwood 音楽>メーカー>Bösendorfer 音楽>メーカー>DIAPASON 音楽>メーカー>EHRBAR 音楽>メーカー>FAZIOLI 音楽>メーカー>Grotrian 音楽>メーカー>Gröber 音楽>メーカー>HORUGEL 音楽>メーカー>NISHIKAWA 音楽>メーカー>Packard 音楽>メーカー>PETROF 音楽>メーカー>Pleyel 音楽>メーカー>Steinway 音楽>メーカー>Streicher 音楽>メーカー>YAMAHA 音楽>中島みゆき 音楽>作曲家>Alberti 音楽>作曲家>Alkan 音楽>作曲家>Bach 音楽>作曲家>Beethoven 音楽>作曲家>Boëllmann 音楽>作曲家>Boëly 音楽>作曲家>Brahms 音楽>作曲家>Burgmüller 音楽>作曲家>Buxtehude 音楽>作曲家>Cabezón 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) 音楽>作曲家>Chopin 音楽>作曲家>Clark 音楽>作曲家>Couperin 音楽>作曲家>Czerny 音楽>作曲家>Debussy 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) 音楽>作曲家>Dvořák 音楽>作曲家>Faurè 音楽>作曲家>Fibich 音楽>作曲家>Field 音楽>作曲家>Fischer 音楽>作曲家>Flor Peeters(1903-1986) 音楽>作曲家>Franck 音楽>作曲家>Frescobaldi 音楽>作曲家>Froberger 音楽>作曲家>Galuppi 音楽>作曲家>Giustini 音楽>作曲家>Granados 音楽>作曲家>Grieg 音楽>作曲家>Haydn 音楽>作曲家>Händel 音楽>作曲家>Janáček 音楽>作曲家>Lefébure-Wély 音楽>作曲家>Liszt 音楽>作曲家>Marcello 音楽>作曲家>McDowell 音楽>作曲家>Mendelssohn 音楽>作曲家>Merikanto 音楽>作曲家>Moir 音楽>作曲家>Mompou 音楽>作曲家>Monti 音楽>作曲家>Mozart 音楽>作曲家>Pachelbel 音楽>作曲家>Ponce 音楽>作曲家>Rinck 音楽>作曲家>Royer 音楽>作曲家>Rubinstein 音楽>作曲家>Satie 音楽>作曲家>Scarlatti 音楽>作曲家>Schubert 音楽>作曲家>Schumann 音楽>作曲家>Scriabin 音楽>作曲家>Sibelius 音楽>作曲家>Suk 音楽>作曲家>Séverac 音楽>作曲家>Wagner 音楽>作曲家>三島元樹 音楽>作曲家>中国人作曲家 音楽>作曲家>吉松隆 音楽>作曲家>大中寅二 音楽>作曲家>鷲見五郎 音楽>楽器>アップライトピアノ 音楽>楽器>クラヴィコード 音楽>楽器>スクエアピアノ 音楽>楽器>チェンバロ 音楽>楽器>フォルテピアノ 音楽>楽器>リードオルガン 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ 音楽>楽譜作成(lilypond) 音楽>蓄音器 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード 音楽に思うこと

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ