フォト

カテゴリー

カテゴリー「旅行>アメリカ」の23件の記事

2017年11月12日 (日)

"Reed Organ Society Gathering" York, Pennsylvania October 2017 報告動画公開!

2017年10月20〜22日に、ワシントンから北に2時間ほど離れた「York」にて行われた「Reed Organ Society Gathering, York, Pennsylvania, October 2017」に参加、名修復師の渡邉祐治さんとの珍道中はこれまでにご覧になった通りでございまして(・o・ゞ

その模様が早くもYouTubeに公開されておりました。最初にワタクシの超小型楽器挑戦の模様、そして最後に我々の写真がしっかりと登場しておりますので、どうぞご笑覧くださいませ〜。14'30"ちょい過ぎにもワタクシの演奏姿ありv(^^)v

2017年10月26日 (木)

Frank L.Moir(1852-1904) - Prelude を、WEAVER社の棚付リードオルガンで(ROS Gathering, York, PA, 2017)

2017年10月20〜22日に、ワシントンから北に2時間ほど離れた「York」にて行われた「Reed Organ Society Gathering, York, Pennsylvania, October 2017」に参加、ピアノ調律師そしてリードオルガン名修復師の 渡邉祐治 さんとの珍道中は、これまでにご覧になった通りでございまして。

・・・York にはその昔 Weaver Organ & Piano Co. があったとのことですが、そんなことはワタクシ知る由もなく(・o・ゞ
ROS Gathering 2017 の会場にはまさにその Weaver社製5オクターヴのオルガンが鎮座ましましており(実は For Sale だったw)、早起きは三文の得! とゆことで動画をせしめてきました (`・ω・´)シャキーン

Oliver Ditson Co. から出版されていた THE HALF DOLLAR MUSIC SERIES の中の一冊「Reed Organ Selections for Church Use(1906)」の編曲が手鍵盤のみのオルガンの特性を非常に良く活かしており、そこからの一曲です。リードオルガンの魅力は大向こうをウナらせるような超絶技巧では断じてなく、柔らかく優しい世界観にこそ。忙しすぎる現代人にこそ、この世界観の大切さをお伝えしたいワタクシでありま〜す。

2017年10月23日 (月)

夜のワシントン、ユニオン駅

ROS Gathering 最後のど田舎 Marietta から York に車で連れて帰ってもらっても、ワシントンD.C.までのバスが17時なので間に合わず、カナダはオンタリオ在住の修復&演奏家(本人はアマチュアと言い張っているw)Rodney Jantzi 氏の車で Baltimore まで送ってもらえてホッ。

AMTRAKWashington Union station まで・・・と思ったら切符が AMTRAK 用でなかったので切符を買い直して次の列車に乗換、という一悶着。Union 駅ではワタクシおそらく今世紀初めての McDonald's に入店、1970年代にたま〜に食していた「ファーストフード」と全く同じジャンク具合の懐かしさ、感涙にむせぶワタクシでありました。アメリカサイズの紙コップには仰天(・o・ゞ

22554740_1253556521457821_325133338

さて、本日の宿に向けて夜のユニオン駅を横断・・・古き佳き亜米利加の壮麗さが遺っていましたよ〜。

Img_1603

Img_1604

この一角にユニクロがあってやるなぁと思ったら、なんとこんな広告が。・・・つい最近、進出したばっかりだったんですねぃ(・o・ゞ

Img_1601

ROS Gathering ラスト、オルガンコンサート

ROS gathering の最後は、ヨーク郊外の Marietta に移動。会場の the Union Meeting House 据付のオルガンとリードオルガン3台の豪華コンサート( ´ ▽ ` )ノ

22769852_1452438331541567_541818688

22769950_1452438361541564_258107095

残響が長いワケでもない場所でしたがやたらと音が回ってくれて、二階でオルガンの見えない場所でもしっかりと聴こえるのが不思議というか、まぁ当然というか( ̄∇ ̄)

22553354_1452438391541561_103306705

22555379_1452438424874891_496158137

折に触れてオルガンの音を出しまくった営業活動wのせいか、けっこうたくさんのヒトに「二年後には弾けよ!」と言われて、つかみは充分かと(`・ω・´)

22555405_1452438468208220_754286079

パイプオルガンビルダー、Brunner & Associates LLC

本日(10/22)午前中は、ヨーク郊外のパイプオルガンビルダーを訪問。めいめい好き勝手にダラダラ見るというユルさ、なかなか心地よいかも( ̄∇ ̄)

22713218_1452085291576871_424960478

22550328_1452086018243465_594719236

この Brunner & Associates LLC はヨークから車で30分ほどさらに郊外、三階建ての素敵な煉瓦作りの建物と、近代的な建物の二段構え。

22713213_1452085734910160_819186527

22712157_1452085574910176_322886174

パイプオルガンっつ〜シロモノは普通の部屋よりもデカいワケで、規模としては建築屋さん状態でありま〜す。

22712328_1452086114910122_569442692

22712188_1452085944910139_676080228

Img_1554
工房3階からの眺め。一面のトウモロコシ畑、のどかな景色ですねん(^^)

22791574_1452086068243460_111810398
コレ、オルガンのパイプを丸洗いする「風呂桶」ですぞ(・o・ゞ

2017年10月22日 (日)

驚異のシアターオルガン

今回、めっちゃ期待していたのが、無声映画とそれに実演で音楽をかぶせる「シアターオルガン」の鑑賞!(`・ω・´)

22550084_1451487204970013_487542625

22550129_1451487224970011_817383587

まさに古き佳き亜米利加な雰囲気てんこ盛りで、コメディー映画の内容についていけなくてもσ^_^;愉しい愉しい(^^)

22555313_1451487248303342_607382749

22713594_1451487291636671_869283204

蓄音機で聴くのと全く同じジャジーなノリあり、蒸気機関車の走行音の模倣あり、各種変な声wあり、オーケストラ以上の多種多彩な表現を一人で操るのがシアターオルガン。配線がこれまた複雑な電気仕掛け、それでもあくまでも管を鳴らすオルガンというところがミソ。ピアノの音も入っていてどうしてるのかと思ったら、まさかの生ピアノを電気仕掛けの遠隔操作で鳴らしていてさすがにノケぞったでした。

22713142_1451487314970002_492761406

1804年 David Tannenberg 遺作そして最大のオルガン

今日(10/21)は午前中いつものトコで、ランチ前オルガンコンサートは歩いて五分ぐらいの別の場所(^^)

22550462_1451327761652624_209593056

1804年 David Tannenberg の遺作そして最大のオルガン、そして同じ場所にリードオルガンを並べたミニコンサートでした。

22548863_1451327798319287_608947891

お約束でコンサート後に弾かせてもらえるのが参加者の役得でございまして。パイプオルガンとリードオルガンとは見るからに違う楽器ですが、音を較べたらなおさら。同じ「オルガン」という名前がつけられていても、感覚を完全に変えないとならない・・・とゆ〜か、感覚が自然に変わるのがまことに愉しく( ̄∇ ̄)

22548786_1451327728319294_811650912

2017年10月21日 (土)

"Reed Organ Society Gathering" York, Pennsylvania October 2017

"Reed Organ Society Gathering" York, Pennsylvania October 2017 はじまりはじまり〜( ̄∇ ̄)

22553249_1450374108414656_517715098

22555529_1450374165081317_714506350

この展示会場の響きが素晴らしく、リードオルガンが嬉しそうに鳴ること鳴ること。とゆ〜ことは話し声にはエコーがかかって聞こえやがるwので、ただでさえ苦手な英語が聞き取れない聞き取れねぇのですが!σ^_^;

22538697_1450374215081312_540830541

22552917_1450374388414628_766461005

・・・メゲずに頑張りますっ(`・ω・´)

22555659_1450374251747975_693064541

2017年10月20日 (金)

Central Market House

York の街は建物だけ見ると栄えているように見えましたが、やたらと「FOR RENT」が多く、それい上に閉まっている店が多いのが不思議。歩いているのも老人ばかりだし「終わった街」な雰囲気満載の寂しさよ。

Img_1377

・・・ですが、なんとか見つけましたの Central Market House!

Img_1379

高くてマズく無駄に量が多いアメリカ食からこれで解放される・・・と思いきや、オープンは週に3回火木土で朝7時から、しかも Core Hours が9時半から14時までちぅやる気の無さ。

Img_1441

・・・アメリカって、実は文明後進国であった!(・x・ゞ

Martin Library

ひときわ豪壮な建物に「LIBRARY」と。入ってみると、なんともカッコ良くゆったりしたスペース。ヨークのマーティン図書館でございました。

22548630_1449546295164104_402284338

図書館とは文化を蓄積する施設の一つ。図書館の質が大学の質である、という観点すらあるワケですから、その整備が文化的にどれだけ大切であることか。

22555441_1449546331830767_306610999

まぁ、なんつ〜か・・・土地が広いって、ホントにイイですねんσ^_^;

22555406_1449546368497430_280986638

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>中国 | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Monti | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ