フォト

カテゴリー

カテゴリー「旅行>台湾」の109件の記事

2018年1月15日 (月)

南廻線(台湾)電化前の記録

今回(1/9-13)の台湾南東部めぐり、1/12の久々の撮り鉄も〜どはiOS用の台湾バスアプリのおかげで鉄道移動をする必要がなく、とっても効率的に撮れました(`・ω・´)

鉄道記録写真はきっちり撮るのが自分のスタイル、ここはやはり BESSAMATIC 用のデッケル鏡玉を使用、太麻里では Dynarex 90mm F3.4、多良では Skopagon 40mm F2 で決ま〜り〜ヽ(´▽`)/

・・・50年前の西ドイツの一眼レフ用の鏡玉、やっぱり好きだなぁ( ̄^ ̄)

南廻線 太麻里駅 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Dynarex 90mm F3.4
Dsc07754

南廻線 多良駅(廃駅) 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Skopagon 40mm F2
Dsc07698

南廻線 太麻里駅 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Dynarex 90mm F3.4
Dsc07669

Voigtländer SKOPAGON 40mm F2(1961) & SONY NEX-3
11707561_790343921084348_8823332649

Voigtländer DYNAREX 90mm F3.4(1960) & SONY NEX-3
26814734_1531751726943560_689812113

2018年1月13日 (土)

帰国@名古屋空港

無事帰国しました・・・が、ココは名古屋空港。パスポートの入国スタンプには「CHUBU」とヽ(´o`;

26239315_1529899230462143_860778560

入国も税関もやたらとスムーズで、着陸後30分程度で乗継便の搭乗口に着いてしまいましたとさ(`・ω・´)

26238776_1529899250462141_586629933

名古屋から羽田までの飛行時間は40分程度ですが、それだけで済まないのが飛行機の移動。チトめんどくさいですが、まぁ自業自得(^o^;

26230994_1529899253795474_101805931

そろそろ帰国便搭乗@桃園国際空港

直通のMRTでサクッと桃園国際空港まで35分、ラクな時代になったモンでして。そろそろ帰国便の搭乗です( ´ ▽ ` )ノ

26907700_1529788287139904_797670064

さっきの城中市場の水果売場にも、しっかりと釋迦が。その目で見てみると、意外と見つかるモンですね〜( ̄^ ̄)

26230484_1529788277139905_187986239

老牌牛肉拉麵大王@台北

台北の昔ながらの一角、城中市場奥深くの炸醤麺の名店で〜す( ̄^ ̄)

26196350_1529743240477742_514041257

朝がセブンイレブン弁当だったので、大椀でがっつり。それでも75元と適価なのが嬉しくて。

19059095_1529746473810752_169736293

人によっては『台湾のラーメン二郎』と呼ぶほどの太麺かつニンニクがっつり系、台北に来たらココにはできる限り寄りたいところですね〜ヽ(´o`;

26804415_1529746477144085_784843846

普悠瑪列車(プユマ号)台東→台北

台東発802の普悠瑪列車(プユマ号)で一気に台北まで。台鐡が台東まで電化されて、台東〜台北がほぼ四時間に。・・・それなりに高いですけどヽ(´o`;

26734341_1529530970498969_267646445

で、台東の鉄道駅前はホントに一切ナニもなく朝メシ抜きだなぁ・・・と思っていたら、あって良かったwのセブンイレブンσ^_^;

26814800_1529530977165635_342644989

26731022_1529530983832301_803922963

この「港式油雞便當」が、意外とイケたの65元。賞味期限も日本のコンビニ弁当の異常な短さほどでもないのが「フツ〜の感覚」なんぢゃないかなぁと。日本車両製の振り子式電車でかなり揺れるとのことで、一気に喰いました( ´ ▽ ` )ノ

26231690_1529531073832292_729207639

2018年1月12日 (金)

御金香米苔目@台東

台東の鉄道駅は中心部からとんでもなく離れていて、しかもそこまでのバスの便の難解さが根本的に変。明日の朝は早めの出発なので、面倒は先に済ませておく=鉄道駅の近くに宿を取るのが吉(`・ω・´)

26733934_1529039413881458_165947754

とゆワケで、台東最後の食事は、店構えは昔ながらでも店の中がちょっとハデめな米苔目のお店。おぉ、ココには「猪心湯」があるではないかっ。心臓心臓〜ヽ(´▽`)/

26733994_1529039410548125_111431648

結局、今回の台東訪問では米苔目は「乾」ばかりで「湯」は食べませんでした。心残りがあるのは重要でございます故ヽ(´o`;

26231502_1529039423881457_195906027

寶桑豆花@台東

本日(1/12)はなかなか充実しておりますが、ちびっと女子力ネタをどうぞヽ(´o`;

26229546_1528940680557998_289023938

豆花(とぅふぁ)とは、日本の絹ごし豆腐を軽〜く滑らか〜にしたような台湾スイーツ。この名店があるとのことで、オジさん単身で突入っっっ(`・ω・´)

26230595_1528940677224665_548586870

当世風にシャレオツにせずとも大丈夫なのかしらん、流行っているのに昔ながらの雰囲気満載。これならオジさんでも軽〜くちゅるりんと喰えました・・・の綜合豆花たったの35元な〜りヽ(´▽`)/
・・・三種類の具材のお値段で全四種類を入れてもらえるなら、当然の選択でありま〜す。

26731245_1528940683891331_776708880

嘉興小吃部@太麻里

さて、首尾よく撮り鉄しぅりょう。ようやっとメシ〜ヽ(´▽`)/

26733905_1528839210568145_849720504

太麻里(たいま〜り〜)も鉄道駅が少し中心部から離れていますが、ものの15分で目抜き通りに・・・って一本なのですが。

26231420_1528839230568143_755315078

このような集落ですから果たして香ばしい店ばかりでしたが、今回まだ食していない「猪血湯(ず〜しゅぇいたん)」を探して端から端まで、見つけましたぞ(`・ω・´)
・・・ご飯はごく普通の「雞肉飯」です(^^)

26219348_1528839250568141_519027452

台湾で最も美しい駅:多良(廃駅)

太麻里で3列車交換を首尾よく画像に収められ、チャッと別の撮影地にバスで移動できたワタクシ(貧乏性とも言うw)

26231587_1529114200540646_867052963

・・・多良(とぅおりゃん)という、2006年に廃止されるも逆に「多良車站最美麗的車站」といて人気が出てしまった、という鉄道駅。確かになかなかの絶景ですが、これから電化工事が進んでどのように変わるのかがちょっと気になるところではありますねヽ(´o`;

26733377_1529114203873979_652724574

しっかりと列車の撮影もしたのですが、マトモに逆光で、こ〜ゆ〜ときに限ってキレイに晴れやがってw列車側面が真っ黒に。

26734325_1529114213873978_185046180

こりゃ撮影を続けてもダメだと急遽バスの時刻を見たら、太麻里に戻れるタイミングが一往復だけ残っている鈍行客車列車の通過時刻にギリギリ間に合いそうだったので賭けたという。
・・・賭けに勝てた撮り鉄写真はこちらからど〜ぞ^^

釈迦頭そして金針菜と太陽の里:太麻里

台東の少し南、「釈迦頭」や「金針菜」などの産地として知られる太麻里(たいま〜り〜)にやって来ました〜(`・ω・´)
#金針菜のスープ「金針湯」はこちらからど〜ぞ

26730600_1528748963910503_666720695

ここは実に風光明媚で、見渡すとそこら中に釈迦頭の畑が。バスの車窓からも「釋迦」の売店があちこちにあるのが見えて、持って帰れないのに途中下車したくなる衝動にかられたりして。
・・・台湾では「頭」なしなのは知っていましたが、文字が違っているのにはチト驚いたσ^_^;

26220158_1528748987243834_386010421

26230195_1528749003910499_892519925

26219245_1528749007243832_476150881

それに加えて、この駅の香ばしいことったら(^^)。最後まで非電化で残っていたこの路線、ついに去年の9月から電化工事を本格化させたという情報が入って、久々の撮り鉄も〜どに( ̄^ ̄)
撮り鉄写真はこちらからど〜ぞ^^

26219695_1528749020577164_469550856

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | レッスン | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>中国 | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>FAZIOLI | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>NISHIKAWA | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>Streicher | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Buxtehude | 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Clark | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Lefébure-Wély | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Moir | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Monti | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Royer | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>作曲家>大中寅二 | 音楽>作曲家>鷲見五郎 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ