フォト

カテゴリー

カテゴリー「写真>昔のレンズ/カメラ」の66件の記事

2018年10月14日 (日)

1980年の旧型国電/飯田線・大糸線・宇部線・小野田線

本日(10/14)「鉄道の日」でございま〜す。せっかくなので懐古趣味でも・・・あ、いつものコトか(・o・ゞ

我が鉄道趣味が模型から始まったか写真から始まったかは定かでないですが、どうやら小学6年生ごろのブルートレインブームがきっかけの一つだった模様です。ですが、中学1年後半ぐらいから何故か興味が古い方に偏るようになり、旧型国電=国鉄旧性能電車に惹かれるようになりましてナ。中学2年(1980年)の夏休みの初めに飯田線そして終わりに大糸線、冬休みにはなんと宇部線小野田線に遠征したのでした。

飯田線 伊那福岡ー田切 1980.7.16.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_01523s

飯田線 伊那福岡ー田切 1980.7.16.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_01607s

モーター音の唸り、油をひいた木の床、手動の出入り扉、当然ながら非冷房のいかにも頑丈そうな戦前型の中に入ると、80系湘南型電車はエラくモダンに見えますね〜 ヽ( ̄▽ ̄)ノ

大糸線 安曇沓掛ー信濃常盤 1980.8.28.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_01805s

大糸線 安曇沓掛ー信濃常盤 1980.8.28.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_01715s

飯田線ではスカ色(=横須賀色)に湘南色、大糸線ではスカイブルー、そして宇部線・小野田線では茶色に前面の黄色い警戒色、というバラエティーも愉しめた昭和の一コマでございま〜す。

宇部線 岐波ー阿知須 1980.12.20.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_02112s

宇部線 岩鼻ー宇部 1980.12.20.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_02116s

小野田線 雀田ー浜河内 1980.12.20.
 Camera: FUJICA ST701 Lens: FUJINON55mm F1.8
Neg135_02210s

2018年3月31日 (土)

Topogon 1.3cm F3.5(c.1941,Movikon K16) & PENTAX Q@善福寺公園

本日(3/31)は、高校時代の師の勤続45年め(!!)のご勇退おつかれさま会@池袋のあとに名残りの桜を求めて荻窪に転進、善福寺公園に。・・・善福寺川緑地とは場所が違うので注意ね(^^;;

善福寺公園 2018.3.31.
f5.6 1/640sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(c.1941)
Imgp4349

善福寺公園 2018.3.31.
f5.6 1/500sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(c.1941)
Imgp4362

今回は、戦前1941年あたりの大ツアイス製16mmフィルム映画撮影用の広角レンズ:Topogon 1.3cm F3.5 の活用。小さな小さなビー玉みたいな可愛いレンズですよ〜!

Img_3505

ですが、なんとゆ〜か、やはり小さいフォーマットの撮影だといささか大味になってしまいますね〜。まぁいくらトポゴンが特殊なレンズと言っても、タンバールのように写りが特殊なワケでもなし。

善福寺公園 2018.3.31.
f5.6 1/500sec. (ISO400)
 Camera: PENTAX Q Lens: ZEISS Topogon 1.3cm F3.5(c.1941)
Imgp4388

さしもの現代中国でも「Movikon16→PENTAX Q」なんつ〜珍妙な組み合わせのアダプターなんぞ作っておらず、2015年秋に自分で freeCAD でモデリングして3Dプリンタ出力してもらったマウントアダプターがきっちり威力を発揮。まことに愉しい時代となりました(・o・ゞ

Img_0305

2018年3月30日 (金)

Dogmar 7.5cm F4.5(c.1924)@水元公園

昨日(3/29)は、地元葛飾は水元公園とすぐ隣の「さくら土手」に。今回は屍体ではなく、明るく穏やかな雰囲気でございます(・o・ゞ

水元公園 2018.3.29.
f6.3 1/500sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: GOERZ Dogmar 7.5cm F4.5
Dsc08426

鏡玉は数種類持ち出しましたが、ココはやはり100年弱昔のベルリンはゲルツ(Goerz)社による名玉:ドグマー(Dogmar)7.5cm F4.5 をご紹〜怪いたしましょう。

Camera: SONY NEX-3 Lens: GOERZ Dogmar 7.5cm F4.5
861014_560790777372998_877126125149

キヤノンFD用のボディにつける硬質プラスチック製のキャップに孔をあけてレンズを装着すれば、あとはヘリコイド付中間リングとFD-NEXのマウントアダプターをかませれば簡単に撮影可能〜 (`・ω・´)シャキーン

水元公園 2018.3.29.
f6.3 1/500sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: GOERZ Dogmar 7.5cm F4.5
Dsc08460

このドグマーは中判用冩眞機についていたものを外したもので、焦点距離7.5cmですからNEXにつけると35mm判換算110mm程度。それにしてもこの滑らかな諧調描写はまっこと美しく、しかも全く硬くないのにピントが実に明晰。

水元公園 2018.3.29.
f6.3 1/640sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: GOERZ Dogmar 7.5cm F4.5
Dsc08492

そして、水面などの光を反射しているところのヌメッとするような質感ときたら、なにやら艶かしいほどではございませんか。やはり、100年前の西洋人たち、科学技術と感覚との融合が相当〜に高度だったのでしょうね。恐るべし。

水元公園 2018.3.29.
f6.3 1/500sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: GOERZ Dogmar 7.5cm F4.5
Dsc08500

 

2018年3月29日 (木)

桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる/タンバール(Thambar)9cmF2.2

<桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる>

江戸川公園(江戸川橋) 2018.3.28.
f2.3(センターフィルター付) 1/3200sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: LEITZ Thambar 9cm F2.2
Dsc08123dark

昨日(3/28)の茗荷谷〜江戸川橋散歩、iPhoneだけで撮るのはさすがにもったいなく、戦前ライツ社の妖玉:タンバール9cmを久々に持ち出しました。1934年から10年ちょいの期間で3000本弱しか生産されず、しかもプロが散々に使い倒した玉でしょうから、実残存本数はどの程度なのでしょうか。つい最近、ライツ社が復刻版を生産してぼちぼちと世界中のマニアの手に渡り始めているようです。くっっっそ高くて呆れましたが、経済活動のためには必要ですね〜(・x・ゞ

Camera: SONY NEX-3 Lens: LEITZ Thambar 9cm F2.2
Img_3476

球面レンズでは光軸から離れた光はうまいこと結像できない(点が点にならないとか直線が曲がっちまうとかですネ)のですが、それを逆に「味」として活かそうとして設計されたのがこの鏡玉。単純に申し上げて、イイ感じにボケさせようとしたレンズですわ。

筑波大学附属高校正門前 2018.3.28.
f2.5(センターフィルター付) 1/3200sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: LEITZ Thambar 9cm F2.2
Dsc08034

単純にピンボケにしたのでは「表現」になんぞならないのは、誰でも判断できようかと。実はこのレンズはもとは意外とシャープで、それを絞りを開けるにしたがって「滲ませる」のが狙いと見ています。しかもそのボケを感覚的に「イイ感じ」にさせよう・・・という「理論と感覚との融合」を狙った実に意欲的なレンズなんですね〜。

筑波大学附属高校正門前 2018.3.28.
f2.5(センターフィルター付) 1/2500sec. (ISO200)
 Camera: SONY NEX-3 Lens: LEITZ Thambar 9cm F2.2
Dsc08033

2018年2月28日 (水)

3月4日演奏会@押上、直前猛稽古(?)

今日(2/28)は、3月4日にせまった演奏会: 墨東押上発スタインウェイ・サロン act.1 前の猛稽古(?)に会場の 押上猫庫/押上文庫 を襲撃!

Imgp4268

Imgp4267

稽古後は、当然ながら美味い日本酒といつもながら絶妙なつまみで極楽極楽。 最近ちょいと冩眞機づいているので、昔の8mm映画フィルム用の Angenieux 12.5mm F1.8 を PENTAX Q にくっつけて持参、いやはや、この店は繪になります。

Imgp4295

Imgp4309

さぁ、みなさま、日曜日午後は押上に Go!(`・ω・´)

・Angenieux 12.5mm F1.8 & PENTAX Q
28575642_1575590922559640_194419594

2018年2月22日 (木)

Orion 2.8cm F6 & NEX-3@高輪

しばらく前に、農工大ピアノ部の若者が研究室で発掘されたフィルムカメラをゲット。聞くところによると、エラく状態の良さげな Canon A-1マクロFD100mm F4 なのはイイとしても、標準レンズがナイとのこと。さすがにそれでは不憫なので防湿庫をゴソゴソすると、こ〜ゆ〜ときだけなぜかすぐに見つかる旧FD50mm F1.8 & FL50mm F1.4(II)σ^_^;

Dsc07849

しばらく貸すから受け渡しがてら軽く街歩き・・・とゆワケで、高輪近辺を怪しくウロウロ。ワタクシの雨男はあ〜変わらず健在で、よりによって霙混じりの冷たい雨∑(゚Д゚)

Dsc07879

・・・ワタクシの方は、久々のロシア玉の Orion 2.8cm F6 でございました。あ〜寒かった( ̄^ ̄)

28378743_1569499259835473_150736438

2018年1月15日 (月)

南廻線(台湾)電化前の記録

今回(1/9-13)の台湾南東部めぐり、1/12の久々の撮り鉄も〜どはiOS用の台湾バスアプリのおかげで鉄道移動をする必要がなく、とっても効率的に撮れました(`・ω・´)

鉄道記録写真はきっちり撮るのが自分のスタイル、ここはやはり BESSAMATIC 用のデッケル鏡玉を使用、太麻里では Dynarex 90mm F3.4、多良では Skopagon 40mm F2 で決ま〜り〜ヽ(´▽`)/

・・・50年前の西ドイツの一眼レフ用の鏡玉、やっぱり好きだなぁ( ̄^ ̄)

南廻線 太麻里駅 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Dynarex 90mm F3.4
Dsc07754

南廻線 多良駅(廃駅) 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Skopagon 40mm F2
Dsc07698

南廻線 太麻里駅 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Dynarex 90mm F3.4
Dsc07669

Voigtländer SKOPAGON 40mm F2(1961) & SONY NEX-3
11707561_790343921084348_8823332649

Voigtländer DYNAREX 90mm F3.4(1960) & SONY NEX-3
26814734_1531751726943560_689812113

2018年1月 6日 (土)

ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 (1954) Dマウント & PENTAX Q @雑司ヶ谷鬼子母神

正月気分もまだ開けやらぬタイミングですが、自由学園明日館での某氏演奏会お手伝いの前にちょっとだけ街歩き。お供は Angenuex 12.5mm F1.9(Dマウント)を PENTAX Q に装着。このアンジェニューは固定焦点でピントの合う範囲がチト微妙なので、アダプターとレンズの間にちょっとだけスペーサーを挟んで微調整(・o・ゞ

ANGENIEUX TYPE T1 12.5mm F1.9 (1954) & PENTAX Q
Img_9520

ちょっと暖かな日差しが気持ちいい、雑司ヶ谷の鬼子母神。土曜日の昼下がりは程よく人が集まっていて、まことにのどかなひとときでございました(・o・ゞ

・f5.6 1/25sec. (ISO200) 2018.1.6. 鬼子母神
Imgp4187

・f5.6 1/125sec. (ISO200) 2018.1.6. 鬼子母神
Imgp4181

2017年6月24日 (土)

栗川稲荷神社/山形県上山市

二年前の今日(6/24)に福島から山形へ。そのときに立ち寄った上山(かみのやま)市の栗川稲荷神社。珍玉、1961年製のフォクトレンダー/Voigtländerのスコパゴン/Skopagon 40mm F2 が鮮やかな光を拾いきってくれました!

24. Jun. 2015.
Voigtländer Skopagon 40mm F2(1961) on SONY NEX-3
1/100sec. f5.6



Voigtländer SKOPAGON 40mm F2(1961) & SONY NEX-3
11707561_790343921084348_8823332649

2017年1月 5日 (木)

スク(スーク)の生誕祭によせて『愛の歌 op.7-1』を(部分)、YAMAHAのアップライトピアノで

昨日(1/4)は、チェコの作曲家、ヨゼフ・スク(1874-1935)の誕生日でしたよ〜(・o・ゞ

去年の5月21日、錦糸町のカフェで行った『音楽と写真でつづる、チェコ冬紀行』で弾いた、スクの『愛の歌 op.7-1』実況動画の一部です! 一部分にしたのはケチったワケではなくw・・・録画に使ったiPhoneがピアノに近いのに録音レベルを下げ忘れてがっつりクリップwwwしてしまったのでした。最後の方で音がビリついているのがお判りかと(・x・ゞ

コンサートのお題『音楽と写真でつづる、チェコ冬紀行』とゆコトで、音楽だけでなく写真も自分が実際にチェコで撮った写真をプロジェクターで投影しています。チェコと言えばなんと言ってもプラハ市街ですが、実は大きな街があまり好みでないワタクシ、東部のモラヴィアをメインに撮り貯めた写真が活かせました。

この動画に写っている場所は、モラヴィア東部の「Svatý Hostýn」という素晴らしきスピリチュアルスポット。足元が悪くなるほどでもなく雪が積もってくれて、この世とは思えぬ幻想的世界が出迎えてくれました。普通のデジカメに50年ほど昔の西独ブラウンシュバイクは Voigtländer のレンズシャッター式一眼レフ:BESSAMATIC 用の SEPTON 50mmF2 を使って大正解でした(^^)v

Voigtländer Septon 50mm F2 & SONY NEX-3
Img_0173

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | レッスン | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>中国 | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>FAZIOLI | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>NISHIKAWA | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>Streicher | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Buxtehude | 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Clark | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Faurè | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Lefébure-Wély | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Moir | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Monti | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Royer | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>作曲家>大中寅二 | 音楽>作曲家>鷲見五郎 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ