フォト

カテゴリー

カテゴリー「音楽」の102件の記事

2018年10月11日 (木)

音楽準備室@東大宮、祝開店!

高校オーケストラ部の後輩の店、祝開店〜!(`・ω・´)

【酒×classic 音楽準備室】
Open / 17:00-23:00 / 070-2179-9228
日曜・月曜定休(イベント開催時を除く)
さいたま市見沼区東大宮4-4-3
宇都宮線 東大宮駅(池袋より直通約30分) 西口徒歩2分

Img_4986

コンセプトは「おもちゃ箱をひっくり返したようなスペース」という、どうひいき目に見ても普通にはなりそうにない飲み屋(*´-`)

Img_4987

Nゲージは運転できるわ、グランドピアノはもうじき二台入るわ、赤本は置いてあるわ、イイ感じで飛ばしてますぞ。どうぞご贔屓に!

2018年8月26日 (日)

出身高校オーケストラ部夏合宿しぅりょう

毎年恒例の出身高校オーケストラ部夏合宿しぅりょう。今年は部員がかなり少なく期間も短かったですが、まぁそれなりに充実した合宿になってくれた模様(`・ω・´)

Img_4636

毎年好評の楽器博物館も規模を縮小して怪催、これまたそれなりのウケは取れましたとさ( ̄∇ ̄)

Img_4637

2018年3月 8日 (木)

ピアノ講座@ユヌス・エムレ・インスティトュート東京 開始か?

和歌山は古座川のやまんば(=ダーチャやまんば)つながりのつながりwで数年前に伺った、東京タワー真下のココ: ユヌス・エムレ インスティトゥート東京(トルコ文化センター) からまさかのオファーがあり再訪。ここのサロンスペースには、古くて妙に響きの良いヤマハU2(アップライト)があって、なんと、このピアノを使ってピアノ講座が怪講できそうな急展怪が(`・ω・´)

28684875_1583388768446522_230986786

トルコ文化と西欧の鍵盤楽器の関係って? と思われたソコの皆さま全員wは、トルコの伝統楽器「カーヌーン」を検索してくださいましね。まぁその関係についてを掘り下げる講座ではなく、単なるピアノ教室という形態ではありますがヽ(´o`;

28685932_1583388771779855_135044762

・・・やはり安定の雨男で東京タワーのてっぺんは見えず∑(゚Д゚)

28871053_1583388781779854_601578556

2018年2月17日 (土)

農工大ピアノ部「けやきホールさよならコンサート」@府中

27973855_1564348573683875_479837640

本日(2/17)、農工大ピアノ部の現役&若手卒業生たち有志による「けやきホールさよならコンサート」でした。

27867400_1564348513683881_823430829

府中市グリーンプラザ内の「けやきホール」は、府中駅すぐ北、1984年から長年にわたって農工大ピアノ部の定例コンサート「Concert of the Error」の会場(毎回ではないですが)として親しんできた場所。ワタクシにとっても1987年入学から冬のコンサートで4回弾いた青臭いw想い出の場所です。゚(゚´ω`゚)゚。

28166526_1564348500350549_365308876

残念ながら今年度末で老朽化のため取り壊しとのこと、現役が予約して近い代の卒業生も巻き込んで、現役当時さながらにリハーサルまで行って、というさよならコンサート、まことに素晴らしい企画でございました。

27867424_1564348517017214_744418601

いまどきのスマートな演奏にも憧れているのかも知れませんが、ど〜してもそうはできないw泥くさい農工大ピアノ部の若い仲間たちの演奏、みんな唯一無二の輝きを放っていましたよ〜(`・ω・´)

27867942_1564348483683884_261637865

2017年2月 9日 (木)

寒い日には、スパイスからの麻婆豆腐

いやはや、今日は寒〜いですね〜。
こ〜ゆ〜日には温かいものに限る・・・とゆワケで、スパイスから作る麻婆豆腐!

麻婆豆腐は唐辛子や花椒を使った「辛く痺れる」四川料理の代表とされており、現代四川料理の基本の香辛料は三椒(唐辛子、胡椒、花椒)と生姜とされていますが・・・唐辛子は新大陸原産で他の大陸で使われるようになったのはコロンブス1492年以降(実際はもちっと後だそうな)、そして唐辛子が四川料理に使われるようになったのは明朝末期1700年ごろからとのこと。唐辛子は実は「新しい」香辛料なんですね〜(・o・ゞ

Img_2177

まぁ四川料理に限らず料理の歴史自体が再構築の連続(音楽もそうですネ^^)で、現代言われる「伝統料理」は数百年の歴史しかないことも少なからずですから、「伝統料理」であるからと言ってそれを単純に「大昔からず〜っと」と思い込んでしまうのはいかがなモンかと。・・・振り返ってJ.S.バッハは1685年生まれですから、現代ピアノな方々にとっての「クラシック音楽」の歴史もせいぜい300年程度。しか〜し織田信長(1534-1582)はJ.S.バッハより100年も昔の南蛮渡来の音楽をナマで体験している、という史実もございます。

Img_2178

さて、麻婆豆腐。この料理も歴史は浅く150年に満たないですから、大昔から四川省あたりで作られていた料理とは言えないだろう、というのがワタクシの怪釈です。まぁ150年前には既に四川で唐辛子はバンバン使われており現代四川料理の姿もほぼ確立されていましたから、唐辛子や豆板醤をがっつり使う麻婆豆腐も「伝統料理」の一つ。うむむ、ヤヤこし過ぎw

Img_2180

単純に、同量の合びき肉と豆腐、ネギは煮くずれるのでた〜っぷり、それに例によってアメ横で仕入れた安い安〜い陽江豆豉(250g250円)と三年紹興酒(640ml350円)とニンニクショウガそして郫県豆瓣醤をたっぷりのごま油でじっくり炒めた豆豉醤、そして香りと痺れる辛さに絶対に欠かせない青花椒を一つかみ。

Img_2184

仕上げは、各種ホールスパイスの成分を油にじっくり溶かし出してその熱い油を粉唐辛子に一気にかけた自作ラー油でございま〜す。真っ赤ですが、実は辛さは控えめにしてありますぞ(・o・ゞ

2017年2月 5日 (日)

2月26日/風琴音楽會Vol.1〜大作曲家とリードオルガン〜@高崎

意外と知らないリードオルガンの世界。
昔、音楽室にあった足踏みオルガンの印象しかない人も多いかと思いますが、クラシックの有名な作曲家たちはオルガニストでもあった人も多く、オルガンの魅力は多種多様。良く知られた曲をオルガンで聴くことで、良く知らなかった世界に気づけること請け合いです (`・ω・´)シャキーン
会場のアトリエミストラル所蔵の1928年製西川オルガンをはじめ、複数のオルガンにより、美しくも繊細なリードオルガンの世界へあなたをお誘いします。

アトリエミストラル リードオルガンコンサートシリーズ
風琴音楽會Vol.1 〜大作曲家とリードオルガン〜
20170226_leaflet
2017年2月26日(日)15時開演(終演予定17時)
高崎、アトリエミストラル(高崎市下小鳥町312-4)
一般2500円/当日3000円/高校生以下1500円

第1部 今蘇るリードオルガンの音色
モーツァルト『アヴェ・ヴェルム・コルプス』や
J.S.バッハ『主よ人の望みの喜びよ』など
有名な曲をリードオルガンでお届けします。

第2部 リードオルガンの魅力と実力
J.S.バッハ/インベンション(全曲)
フランク/足踏み式オルガンのための『オルガニスト』より

演奏:筒井一貴 / 解説:「才気堂」渡邉祐治
主催・チケット予約:090-8047-3757 アトリエミストラル(櫻井)

2017年1月25日 (水)

いわきアリオスの16f付チェンバロ弾き込み&メガ海鮮丼@四倉町

本日(1/25)は、いわきアリオス備え付けの珍しい16f付チェンバロの弾き込み役として某氏のクルマ便乗でいわき市を襲撃( ̄^ ̄)ゞ

Img_2868

・・・その前にお約束でランチ、少し遠出にて四ツ倉まで。メガ海鮮丼ウマし(・ω・)ノ

Img_2838

2016年12月31日 (土)

2017年1月27日/チェンバロ演奏体験講座@狛江まちゼミ

さて、2016年もおしせまりまして、残すところあと1日となりました。が、忘れてはならぬ来年の演奏の宣伝です。
・・・今回はちょ〜っと珍しい企画ですぞ(・o・ゞ

人集まる処に音楽あり
〜暮らしのうるおいを作るホームコンサートの実体験をどうぞ〜
2017年1月27日(金)19時半開演(終演予定20時半)
トーケン株式会社(東建ハウジング)事務所、展示スペースにて開催
住所:東京都狛江市岩戸北1-7-9
※入場無料/要電話予約:03-3488-1005(トーケン株式会社)

15673232_620738594794912_24240177_n

「まちゼミ」という、お店の特徴・店主のこだわりや人柄を知ってもらい、お客様と信頼関係を築くことを目的としている企画のひとつとして、狛江の地元工務店のトーケン株式会社と組んで行う「演奏体験講座」とでも言う企画です。

<工務店は建物外構を売るだけにあらず。現代は、その内側とクライアントの充実感ともつき合ってナンボの時代>という考えは僭越ながら先進的と思います。これを実体験していただくため、トーケン株式会社事務所の一角にチェンバロを据えて(!)ホームコンサートを行う、というおよそ類例のなさそうな試みです (`・ω・´)シャキーン

金曜日の終業後、どうぞ応援にいらしてくださいませ。
なお「まちゼミ」はあくまでも小規模な催しで座席数に限りがございます。
03-3488-1005(トーケン株式会社)まで電話予約をお願いします!

fujiでは、2017年もどうぞよろしくお願いいたします!bottle

2016年11月29日 (火)

国立の「タコツボ」急襲!

Facebook中毒wのワタクシ、昼前にダラダラと眺めていたところ、かなりご無沙汰してしまった国立の調律師、横溝昌一氏のイベントが目に入りましてナ。

ナンでも、合奏練習の現場でナニが起こっているかを見学できる機会・・・すなはち、本番のための合わせ練習を見学できる機会が本日(11/29)14:30スタートだと(◎_◎ゞ

Img_2131

演奏家は、バロックヴァイオリンの中丸まどか嬢とチェンバロの鷲崎美和嬢。鷲崎嬢は知っているのでチト申し訳ないかなと思いつつ、ダッシュで国立まで1時間半。久々の横溝氏の「タコツボ」には島口氏の2段チェンバロが入っており(知らなかったゾw)、7〜8年ぶりの再会が愉しくて。

Img_2133

こりゃ、ウチのモーツァルトの旅行用クラヴィコードは持って行かねばなるまいナ・・・とゴソゴソと打ち合わせるひとときともなりましたとさ(・o・ゞ

2016年11月27日 (日)

1909年製ブリュートナー・ピアノ、12月4日以降音出し禁止?

いよいよ一週間後(12/4日曜)に迫った演奏会:古き佳き独逸の銘器 1909年製ブリュートナー・ピアノのいぶし銀の輝き で用いる、この1909年製ブリュートナーの持ち主のブーニン氏から会場の松本記念音楽迎賓館に連絡があり、骨董品に値する楽器で「健康診断」を行う必要があるので、この演奏会終了後からしばらく音出しは中止・・・と相成りました。

自分が弾く限り問題はなく、今、この楽器の調子が悪いわけではございませんが、この演奏会はなかなか貴重な機会になってしまったようです (`・ω・´)シャキーン

100年前に皇帝周辺に納める品物を作る職人たちの意気込みそしてプレッシャーたるや想像を絶するもので、果たしてこのピアノは楽器であって楽器でないかのような凄まじい「気」を持っています。どうぞこの機会をお見逃しになられぬように!

2016年12月4日(日)14時開演(13時20分開場)
世田谷、松本記念音楽迎賓館(世田谷区岡本2丁目32ー15)
4000円/全席自由(50名、要予約)
ブリュートナー・ピアノ演奏:筒井一貴
お申込:03-3709-5951(松本記念音楽迎賓館)
    bergheil69@me.com(筒井)

Img_1278

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | レッスン | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>中国 | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>FAZIOLI | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>NISHIKAWA | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>Streicher | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Buxtehude | 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Clark | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Faurè | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Lefébure-Wély | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Moir | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Monti | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Royer | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>作曲家>大中寅二 | 音楽>作曲家>鷲見五郎 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ