フォト

カテゴリー

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の76件の記事

2018年9月19日 (水)

トーク会【フォルテピアノを語ろう】@スタジオピオティータ

本日(9/19)のフォルテピアノを語ろうトーク怪、例によって和気藹々な雰囲気で楽しゅうございました。しぅべるとの「楽興の時第3番」のさわりをチェンバロで弾いてみたのが、我が悪事の白眉(`・ω・´)

フォルテピアノな世界は複雑極まりない世界。それがためにその複雑さを前面に押し出してしまうと敬遠され、かと言って単純にしてしまうと誤解されてしまう、という厄介さがありましてナ( ´ ▽ ` )

Img_4824

それを多方面から優しく楽しくときほぐしていく白沢達生氏の話術そして幅広〜い知識、いつもながら圧倒されましたわ。

お次は24日にグンマーはわたらせ渓谷鐵道沿線にて、リードオルガンの会。風光明媚なところで優しいリードオルガンの音色が愉しめますよ〜(*´-`)

<日時>  2018年9月24日(月祝)14時〜15時半
<会場>  群馬県みどり市童謡ふるさと館童謡ホール(みどり市東町座間367-1)
<参加費> 童謡ホール入場料のみ、200円
予約・問い合わせ みどり市童謡ふるさと館 0277-97-3008

Img_4731s

2018年9月13日 (木)

グランドギャラリー岡崎訪問

7月27日に「ニューヨーク・スタインウェイ long A型お披露目演奏会」のお仕事を承った、愛知県は岡崎市の「グランドギャラリー」から、今度はヴィンテージ楽器のYouTube宣伝用動画の収録依頼がまいりましてな(・o・ゞ

Img_4785

東京から岡崎までは新幹線と名鉄とで片道3時間程度、弾丸往復で7台分の動画を一気に録ってきました。豊橋で名鉄に乗換、おぉ、ここは旧型国電が走っていた35年前にときどき出向いていた飯田線との共用ホーム・・・とか思いつつ東岡崎駅に到着。二昔前ぐらいの駅ビルが健在なのはまことによろしい。

Img_4777

今回のお題はヨーロッパ某所で積極的に手を加えて再生された、100年程度昔のスタインウェイ5台にベヒシュタイン2台。もはや「コレが昔の〜ですぞ」とは言えないほどに手が掛けられていますが、楽器としては「あり」な存在。ワタクシ自身の趣向はもちろんあくまでもオリジナルに忠実な方向なのですが、さすがに100年も経った楽器はオリジナルの部品が残っているとしても経年変化そして履歴の個体差が必ず生じていることを忘れてはなりません。古いモノを「これこそが本来の姿!」とかなんとかあがめ奉るのは自由ですが、あたしゃ「それだけぢゃないでしょ」と思いますね〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ

さて動画収録。どんなに優秀な技術者の手がかけられていても、自分の感覚を総動員して最低でも15分程度の音出しをして「すり合せ」をしないと、楽器の音を録る意味はございません。ましてここグランドギャラリーは品揃えが呆れるほど豊富すぎるwので、普段から音出しするのは物理的にも不可能。となれば、音出しせずに収録するのはあり得ず、その結果で曲を決めないとよろしくな〜い。選曲と音出しそして本番収録を7台分というのは、いかに2分程度の動画収録と言っても7時間ぶっ続けになるワケで、音楽では全く疲れないワタクシもさすがに最後はちょっとクラッとしたかも(^^;;

Img_4788

予約時間ギリギリ(ちょっと過ぎたかなw)で、グランドギャラリー社長ご推薦のJR岡崎駅前のイタリアン『Osteria Ottimo』へ。ココがまた超絶に素晴らしく、紹介したいと思えど今どきホームページ無しとは恐れ入ったかも。JR岡崎駅周辺に用事のある方はめったにおらんでしょうが(^^;;

2018年9月 9日 (日)

アズール弦楽合奏団本番!

メンバー全員が大人になってから楽器を始めたという、アズール弦楽合奏団演奏会の本番。あたしゃ偽チェンバロ&偽ピアノで応援ですぞ( ̄∇ ̄) エキストラは各パート多くても二人、この頑張りを見よ!(`・ω・´)

Img_4762

開場直後です。豊洲シビックセンターのホールは、こんな感じで外が見られるんですね〜。さすがに本番ちぅにはやりませんが(^^;;

Img_4774

アンコール直前の偽ピアノの席から。外が見られる状態にしたら指揮者がエラくまぶしかったらしい(・x・ゞ

Img_4775

2018年9月 2日 (日)

アズール弦楽合奏団、本番前猛稽古

おなじみVn柏木師率いる弦楽合奏団「アズール弦楽合奏団」の本番を一週間後(9日)に控え、ワタクシも応援に馳せ参じましたでした。

Img_4734

この合奏団は大人になってから楽器を始めた人のための合奏団。そこに少数のエキストラが入るのみ、基礎的な能力を高めるための練習(奏法の練習やスケール、音感をつけるための練習など)や、楽譜に書かれていることの意味を理解することに重きを置いている・・・という、まことに意欲的な合奏団です。曲数は少ないですが、楽員による弦楽四重奏の紹介あり、そして柏木師とワタクシの漫談wを交えるのも一つのウリでございます(・o・ゞ

9月9日(日)豊洲シビックセンターホールにて14時開演、入場無料です!

Img_4735

2018年8月29日 (水)

治療院スマイルlaboの「ソフト整体」

久々に新座の 治療院スマイルlabo(048-884-8904)に出向いて、がっつり身体を直して(治してではないw)もらいました。

Img_4648

院長の古屋光智(ふるやこうじ)クンは、いささか邪魔くさいくらいの熱血漢&面倒見の良さがウリ・・・あ、もちろん、施術の腕前がピカイチなのは基本ちぅの基本ですぞ(・o・ゞ

Img_4651

いつもさすがだなぁと思うのは、「ソフト整体」を標榜しているだけあって、わりかしソフトなのにしっかり怪善してくれるトコで。大きくわしゃわしゃ雑にほぐすのではなく、ピンポイントで筋肉の一つ一つを攻めてもらえるwのがポイントなんだろなぁと。まぁ・・・施術も演奏も同じっすね(`・ω・´)

Img_4645

上の写真のbefore/afterで一見してわかるのは、変な背中の反り返りが怪善されているところ。ワタクシの姿勢の悪さは折り紙付き、いや札付きwなのでなかなか手強いですが、少しずつ良くなってきているのが嬉しいところです。

2018年8月17日 (金)

スタジオフェルゼン訪問

本日(8/17)はのんびりと都バス一日乗車券500円の有効活用。金町→浅草→茗荷谷/護国寺→上野→浅草→足立区役所→浅草→金町・・・という経路で、足立区役所すぐ近くの スタジオ フェルゼン 襲撃〜( ̄∇ ̄)

Img_4609

ここのオーナーの岩立さんは某所での知り合い、ご挨拶が遅れて二年以上が過ぎてしまいたが、ようやくアメ横でゲットした献上品wとともに。

Img_4602

落ち着いていると同時に明るめな新しいスタインウェイO型180cmが入った、ゆったりな心地よい空間、オーナーと雑談しつつの即席弾き合い会を続けるうちに、なんとなんと低音の響きが俄然豪快に変わって一驚。

Img_4596

岩立さん、ありがとうございました〜m(._.)m

2018年8月13日 (月)

お盆休みな浅草

お盆休みで多少人が少なくなった浅草、作曲家の 三島元樹氏 としばしの暑気払い。

Img_4578

首都圏はゲリラ豪雨でそこら中が水浸しになっていたようですが、凶悪な雨男のワタクシの神通力と相殺wされたか、浅草では大粒でも雨は弱くて暑さもそれなりに和らいでくれてホッ。

Img_4582

有名なホッピー通りもまぁ歩きやすく、なかなか有意義な情報交換ができましたとさ(・o・ゞ

Img_4580

2018年8月 8日 (水)

わたらせ渓谷鐵道の1コマ

昨日(8/7)、台風が少しずつ近づいて涼しくなったタイミングで、グンマーな奥地に出向いてきました。

Img_4540

旧国鉄足尾線のわたらせ渓谷鐵道、観光路線として健闘ちぅですが、インスタ女子相手の情報発信はまだまだな様子。そもそもこのわたらせ渓谷鐵道の駅はどれもこれもエラく渋く、若者にとっては逆に新鮮なはずなんですが( ̄∇ ̄)

Img_4545

この 水沼駅温泉センター 、車に頼らずに温泉に入れるのはグンマーにしてはホントに珍しく、ナニかもっといろいろ仕掛けられそうな気配濃厚。なにしろ、わたらせ渓谷鐵道入口の相老駅まで、浅草から東武のりょうもう号で2時間かからず2000円ちょいですからね〜(`・ω・´)

Img_4549

・・・まぁ食堂が昔ながらの温泉宴会場なのがチト渋すぎる気もしますが、地元民らしきボトルキープも数十本あったのがオドロキ。写真撮り忘れたのが痛恨ですがσ^_^;

2018年8月 5日 (日)

チェロ発表会お手伝い@音楽の友ホール

某チェロ教室の発表会しぅりょう(写真は打ち上げねw)

Img_4455

ブラームスのチェロソナタ第1番第1楽章を充分な音量で弾ききり、さすが若者のやる気と実力ってスゴかったっす( ̄∇ ̄)

2018年8月 2日 (木)

縣神社@大網白里町

くっそ暑い日々が続きますが、100均で入手した白キャップをかぶってお出かけでございますε-(´∀`; )

Img_4393

この(あがた)神社はなかなかの由緒とのことですが、入口がこれまたわかりにくくて閑静な佇まい。周辺は住宅開発が盛んですが、ここは鎮守の杜のおかげで鳥の声と蝉しぐれのみ。明らかに風が涼しいのは気のせいではなく、植物の蒸散作用のおかげですな( ̄∇ ̄)

Img_4403

・・・千葉から大網白里町を経由して九十九里の白子海岸までの小湊鉄道の高速バス、最初の一区間30分のみ乗りましたが、まことに快適でございました(^^)

Img_4411

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | レッスン | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>中国 | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>FAZIOLI | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>NISHIKAWA | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>Streicher | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Buxtehude | 音楽>作曲家>Cage(1912-1992) | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Clark | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Faurè | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Lefébure-Wély | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Moir | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Monti | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Royer | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>作曲家>大中寅二 | 音楽>作曲家>鷲見五郎 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽器>鍵盤ハーモニカ | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ