フォト

カテゴリー

カテゴリー「グルメ・クッキング」の185件の記事

2017年7月18日 (火)

屋上バーベキュー@スマイルLABO/新座

Img_0425

ワタクシの安定な雨男力、そこら中に雹を降らせ、あまつさえ自衛隊朝霞駐屯地の花火まで吹っ飛ばした模様(^^;;

Img_0446

まぁおかげで一気に涼しくなって、スマイルLABO屋上でのバーベキューが怪適怪適。みなさま、まことに申〜し訳ございませんっっっ(^_-)-☆

Img_0470

2017年7月10日 (月)

柳屋/茂林寺前

昨日に引き続き館林の某鬼才とご一緒、本日(7/10)はこちらから襲撃。館林は日本一太陽に近そうな酷暑な夏なので、午前中のみで退散〜(・o・ゞ

Img_0392

ランチは茂林寺前(もりんじまえ)の正しい地元食堂の「柳屋」にて、ブランドづくりに頑張っている館林うどんなんぞどこ吹く風ですが、あいもりのうどんも蕎麦も普通に手打ち。発注してからかなり時間がかかるって、ひょっとしたら打って出しか?

Img_0389

気温は34℃で、ちょっとだけ物足りなかったカモ(^^;

Img_0393

2017年7月 9日 (日)

やすらぎ/北千住

北千住東口、前から気になっていた正しい居酒屋「やすらぎ」さんにて、某館林のリードオルガンな鬼才と情報交換怪でございま〜す。この間口の狭さはなかなかのモンですが、奥行きもなかなか。でもまぁ7〜8人が適正規模でしょかねぃ。電話番号が7ケタのままで生き残っておるし!

Img_0362

壁のメニューの値段が居酒屋にしては妙〜にお上品なのですが、ココは北千住。ラーメンサラダとは何ものぞ・・・と思ったら、ナンのことはない冷やし中華のサウザンアイランド&マヨネーズ攻め。全てがマヨネーズ風味でマスキングwされますが、これはこれでまことに正しい庶民の味でございま〜す(・o・ゞ

Img_0357

・・・どうぞ、素晴らしき量のラーメンサラダをご賞味くださいませ!

Img_0359

2017年6月16日 (金)

岩崎飯店/蓮田

昨日(6/15)はグリーグの誕生日でしたが、秋のクラヴィコード演奏怪の打ち合わせ(ヨタ話とも言うw)に、蓮田は椿山の「オーディオ ギャラリー Café 新空間」に出向いてきましたです(・ω・)ノ

Img_3984

この椿山の商店街(というかちょっとした一角w)がめっちゃさびれた;;;昭和レトロでたまらんのですが、それはおいおい。帰り道にフト気づいてしまいましたの・・・謎の「噴火ねぎらーめん」の看板。

Img_4007

いかにもな地元密着な日本伝統の老舗中華店、大充実な定食にも惹かれましたがココは初志貫徹で噴火ねぎらーめん。辛さは噴火するほどでもないちょい辛味噌で、さらにマイルドになる練りゴマたっぶりのコク。なかなか美味でございましたが、今となってはマイルドな担々麺。ちょっと高かったかなの800円ナリσ^_^;

Img_4019

2017年6月12日 (月)

魚河岸料理 次郎長/南千住

某facebook上で頼みもしないのにw流れて来た情報・・・農工大ピアノ部のワルいワルい後輩どもが、頻繁に南千住で呑んでいやがるという (¬_¬)

Img_3926

・・・しかもその店は以前から気になっていた店、そりゃ通りすがらないワケには行きませぬ(・o・ゞ

Img_3927

いやはや、世評に違わぬ美味しさ。後輩どももすっかりオトナになり、昔のように青臭いコトばかりやっているのは実は他ならぬワタクシだけ、とゆ疑惑が急浮上してしまいましたとさ。とほほほ(・x・ゞ

Img_3929

2017年5月26日 (金)

そば処山河(やまか)/三条市

五十嵐川(いからしがわ)沿いのそば処『山河(やまか)』。十割蕎麦&地元の山菜天ぷら〜(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_3802

平成23年7・29新潟・福島豪雨被災から5年を経て昨年(2016年)復活、とのことで訪問。店内にはちらりと被災時の写真が。川沿いの立地で土台から流される直前で、護岸工事が完工するまで営業できなかっただろうことは容易に想像できました(>_<)

Img_3805

店の前からは、田植えが済んだばかりの水田のむこうに残雪の山々が。雪国の一年の始まりですね〜。

Img_3808

2017年5月25日 (木)

高橋靖志工房入り^^

週末の初期イタリアンチェンバロ演奏会に向けて、はやばやと現地入り〜(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_3752

大きなフレンチ二段チェンバロと、4オクターヴでショートオクターヴ、鍵盤数わずか45鍵で弦も一種類のみのミニマムなイタリアン一段チェンバロが並ぶと、まことに感慨深いものがありますネ。これらを単純明怪wに「チェンバロ」というくくりで語ることがどれだけ愚かしい所業であるか!

Img_3756

まぁそれはともかく・・・地元の美味しい野菜と安価でスッキリなチリワインとで、準備万端〜

Img_3755

2017年5月 9日 (火)

スパイスからの適当チキンカレー

新玉ねぎが美味しい季節になりました〜(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_3698

激安(500円/2kg!)だったブラジル産鳥モモ肉の値段が3倍になり(それでも充〜分安いw)、まぁ8kg買ってあったwwwので問題はなかったのですが、最近ようやく1000円/2kgを切って来たので最後の2kgを開封。2枚分600gを使って、スパイスから作るチキンカレーでございま〜す( ̄^ ̄)ゞ

Img_3699

どデカい玉ねぎを2個粉砕w、ニンジンもずばずば切断、鳥モモ肉は冷凍なので解け切る前に切断すれば簡〜単。スパイスはカルダモンとクローブそしてクミンシードをがっつり投入、油でゆっくり成分を抽出したところに刻んだニンニクとしょうがを大量に投入。ベイリーフも入れてますよん^^

Img_3702

お次は新玉ねぎ、水がた〜くさん出て来るのでまぁのんびりとぐつぐつと。かさが減って形が崩れてきたところに鳥モモ肉2枚分、色が変わったらニンジン、そこにカットトマト一缶を入れてぐっつぐつ煮込んでインドのパウダースパイスミックスを放り込めば・・・そりゃ失敗なんてするハズないですわな_φ( ̄ー ̄ )

Img_3703

新玉ねぎのおかげで、水を一切入れずにできました(^^)v

Img_3706

2017年4月20日 (木)

春の便り、たけのこ到着

とっても嬉しい春の便りが届きました〜(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_3612

二人暮らしの母親が喜んでちゃっちゃと皮むき、ま〜早いのなんの、さすがの年の功でございました。イヤ、ホントは皮ごと茹でるのでしょうがウチには大きなナベがナイもんでσ^_^;

Img_3616

・・・とゆワケで、一月末に退院した母親、ほぼ怪復したとみなして良かろうかと。ご心配おかけしまして。m(._.)m

Img_3622

2017年3月 7日 (火)

冷え込んだので、台灣の薬膳スープ:麻油鶏

妙〜に冷え込んだ今日、台灣の冬の定番料理、麻油鶏(ま〜よ〜ち〜)を試してみましたよ〜( ´ ▽ ` )ノ

Img_3201

ゴマ油で生姜を色が変わるまでじ〜っくり炒め、そこに我が家定番のブラジル産激安鶏もも肉を投入、たっぷりの台灣本場の「米酒」でしばらく煮込めば単純明快、ハイ完成〜。せっかくの薬膳スープ料理なので、クコの実もテキトーにザラザラと。

Img_3204

・・・いやはや、温まりましたわぃ(・o・ゞ

Img_3206

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | 写真>Instagram | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Froberger | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Granados | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janáček | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>Wagner | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>蓄音器 | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ