フォト

カテゴリー

カテゴリー「グルメ・クッキング」の178件の記事

2017年5月 9日 (火)

スパイスからの適当チキンカレー

新玉ねぎが美味しい季節になりました〜(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_3698

激安(500円/2kg!)だったブラジル産鳥モモ肉の値段が3倍になり(それでも充〜分安いw)、まぁ8kg買ってあったwwwので問題はなかったのですが、最近ようやく1000円/2kgを切って来たので最後の2kgを開封。2枚分600gを使って、スパイスから作るチキンカレーでございま〜す( ̄^ ̄)ゞ

Img_3699

どデカい玉ねぎを2個粉砕w、ニンジンもずばずば切断、鳥モモ肉は冷凍なので解け切る前に切断すれば簡〜単。スパイスはカルダモンとクローブそしてクミンシードをがっつり投入、油でゆっくり成分を抽出したところに刻んだニンニクとしょうがを大量に投入。ベイリーフも入れてますよん^^

Img_3702

お次は新玉ねぎ、水がた〜くさん出て来るのでまぁのんびりとぐつぐつと。かさが減って形が崩れてきたところに鳥モモ肉2枚分、色が変わったらニンジン、そこにカットトマト一缶を入れてぐっつぐつ煮込んでインドのパウダースパイスミックスを放り込めば・・・そりゃ失敗なんてするハズないですわな_φ( ̄ー ̄ )

Img_3703

新玉ねぎのおかげで、水を一切入れずにできました(^^)v

Img_3706

2017年4月20日 (木)

春の便り、たけのこ到着

とっても嬉しい春の便りが届きました〜(((o(*゚▽゚*)o)))

Img_3612

二人暮らしの母親が喜んでちゃっちゃと皮むき、ま〜早いのなんの、さすがの年の功でございました。イヤ、ホントは皮ごと茹でるのでしょうがウチには大きなナベがナイもんでσ^_^;

Img_3616

・・・とゆワケで、一月末に退院した母親、ほぼ怪復したとみなして良かろうかと。ご心配おかけしまして。m(._.)m

Img_3622

2017年3月 7日 (火)

冷え込んだので、台灣の薬膳スープ:麻油鶏

妙〜に冷え込んだ今日、台灣の冬の定番料理、麻油鶏(ま〜よ〜ち〜)を試してみましたよ〜( ´ ▽ ` )ノ

Img_3201

ゴマ油で生姜を色が変わるまでじ〜っくり炒め、そこに我が家定番のブラジル産激安鶏もも肉を投入、たっぷりの台灣本場の「米酒」でしばらく煮込めば単純明快、ハイ完成〜。せっかくの薬膳スープ料理なので、クコの実もテキトーにザラザラと。

Img_3204

・・・いやはや、温まりましたわぃ(・o・ゞ

Img_3206

2017年2月10日 (金)

恵比寿屋@館林

二週間後の2/26に迫った、高崎でのリードオルガンコンサート『風琴音楽會Vol.1 大作曲家とリードオルガン』の仕込みに、リードオルガン修復そして布教の第一人者:「才気堂」渡邉祐治氏の本拠地、館林まで出向いてまいりました〜(・ω・)ノ

Img_3001

館林には『麺のまち「うどんの里館林」振興会』があり、しかも市内の茂林寺(もりんじ)は分福茶釜伝説の地。この一帯にはそばも一緒にがっつり手打ちのうどんの小さなお店が多く、麺類好きたちの隠れた名所だ・・・とかなんとか。この一帯は小麦の生産でも相当にふるっているとのことでなるほどでしたが、そばもまた実に美味し!

Img_3004

ランチは茂林寺前の小さなお店『柳屋』でうどんとそばの合盛りにミニ卵丼のセット、夕食は渡邉祐治氏イチオシの『恵比寿屋』にて、味が濃いように感じるのに全く重い感じがなく大盛りがつるりと入ってしまったたぬきそば、昔ながらのそば屋の風情もまことに香ばしく。・・・このようなお店、なかなか出会えなくなりました。実は日本の底力は地方にまだまだ生き残っているのかも知れませんねぃ。

Img_3008

2017年2月 9日 (木)

寒い日には、スパイスからの麻婆豆腐

いやはや、今日は寒〜いですね〜。
こ〜ゆ〜日には温かいものに限る・・・とゆワケで、スパイスから作る麻婆豆腐!

麻婆豆腐は唐辛子や花椒を使った「辛く痺れる」四川料理の代表とされており、現代四川料理の基本の香辛料は三椒(唐辛子、胡椒、花椒)と生姜とされていますが・・・唐辛子は新大陸原産で他の大陸で使われるようになったのはコロンブス1492年以降(実際はもちっと後だそうな)、そして唐辛子が四川料理に使われるようになったのは明朝末期1700年ごろからとのこと。唐辛子は実は「新しい」香辛料なんですね〜(・o・ゞ

Img_2177

まぁ四川料理に限らず料理の歴史自体が再構築の連続(音楽もそうですネ^^)で、現代言われる「伝統料理」は数百年の歴史しかないことも少なからずですから、「伝統料理」であるからと言ってそれを単純に「大昔からず〜っと」と思い込んでしまうのはいかがなモンかと。・・・振り返ってJ.S.バッハは1685年生まれですから、現代ピアノな方々にとっての「クラシック音楽」の歴史もせいぜい300年程度。しか〜し織田信長(1534-1582)はJ.S.バッハより100年も昔の南蛮渡来の音楽をナマで体験している、という史実もございます。

Img_2178

さて、麻婆豆腐。この料理も歴史は浅く150年に満たないですから、大昔から四川省あたりで作られていた料理とは言えないだろう、というのがワタクシの怪釈です。まぁ150年前には既に四川で唐辛子はバンバン使われており現代四川料理の姿もほぼ確立されていましたから、唐辛子や豆板醤をがっつり使う麻婆豆腐も「伝統料理」の一つ。うむむ、ヤヤこし過ぎw

Img_2180

単純に、同量の合びき肉と豆腐、ネギは煮くずれるのでた〜っぷり、それに例によってアメ横で仕入れた安い安〜い陽江豆豉(250g250円)と三年紹興酒(640ml350円)とニンニクショウガそして郫県豆瓣醤をたっぷりのごま油でじっくり炒めた豆豉醤、そして香りと痺れる辛さに絶対に欠かせない青花椒を一つかみ。

Img_2184

仕上げは、各種ホールスパイスの成分を油にじっくり溶かし出してその熱い油を粉唐辛子に一気にかけた自作ラー油でございま〜す。真っ赤ですが、実は辛さは控えめにしてありますぞ(・o・ゞ

2017年2月 3日 (金)

J.S.バッハの『リュートまたは鍵盤楽器のためのプレリュード、フーガそしてアレグロ BWV998』より「第1曲 プレリュード」を、超低音16フィート付のジャーマンチェンバロで

先日(1/25)16フィート弦という超低音弦を搭載した珍しいチェンバロの弾き込みにいわき市まで出向いてメガ海鮮丼を食して来ましたhttp://bergheil.air-nifty.com/blog/2017/01/16f-c9fe.htmlが、そのついで(イヤ逆かw)に1曲YouTube収録をしてまいりました。

このホール:いわきアリオスは、PFI事業という、施設の設計・建設そして管理運営を民間の資金やノウハウを活用して実施する、という方式を採用しています。
是非とも、このページの「PFI事業について」をご一読くださいませ。民間が得意な方向と行政の使命とを良い形で融合させた先進的な試みと思います。
http://iwaki-alios.jp/about/summary.html

このおかげでしょうか、チェンバロの機種を選定するにあたって「他にないモノにしたい!」という、およそいわゆる「役人の発想」では不可能な方向性を打ち出しまして。最終的に決めたのは、なんと Matthias KRAMER による、16フィート弦という普通のチェンバロにはない超低音弦(=普通の1オクターヴ下の弦)をも搭載した「ヒストリカル工法による」ジャーマンチェンバロ!

この16フィート弦つきのチェンバロに取り組んだ経験がある人物は、古楽器界でマニアックな方面でもごくごくごく少数派。まぁ残っている楽器もきはめて数少ないので「キワモノ扱い」されるのもまた仕方ないこと。ですが、文化・芸術を醸成するにあたっては多様性こそが命。このような珍しい楽器をしかも弾き込みができる機会があれば率先して出向くのがワタクシの立場でありま〜す (`・ω・´)シャキーン
ん? キワモノ大好きなだけでしょ、という突っ込みはその通りですがナニか?ヽ( ̄▽ ̄)ノ

・・・さてw
この16フィート付ジャーマンチェンバロで、J.S.バッハの『リュートまたは鍵盤楽器のためのプレリュード、フーガそしてアレグロ BWV998』より「第1曲 プレリュード」を弾いてみました。動画ではどちらの鍵盤を弾いているか判然としませんが、右手は上鍵盤で8フィート弦のみ、左手は下鍵盤で8フィートと16フィートを重ねています。すなはち、左手の重低音の支えの上にソプラノを歌わせる、という目論見です。

2017年2月 1日 (水)

自作の酸菜で、酸菜豚肉鍋

さて、早くも今年の1/12が過ぎ去ってしまいましたが、実は一昨日(1/30)まで3ヶ月弱、二人暮らしをしている母親が入院しておりまして(・x・ゞ

そりゃ〜それなりに大変なコトでしたが、転んでもタダでは起きないワタクシ、入院ってホントにお金がかかりやがるので、外食を切り詰めて人生50年めにして初めてw自炊を集中的に試しました。・・・どんな箱入り息子なんぢゃろヽ( ̄▽ ̄)ノ

Img_2768

それなりに自炊の経験が積めたところで母親がめでたく退院、年末の白菜の安売り(半分で140円ナリw)を見つけて仕込んでみた、中国東北部発祥らしき白菜の醗酵食品:酸菜(スヮンツァイ)をつかった豚コマ肉鍋でお祝いで〜す。味付けは酸菜そのものの塩味と酸味、安い紹興酒を適当〜にぶっかけて水も1カップ、八角2個に青花椒1つかみw、豆豉から作ってみた豆豉醤大さじ1を溶かせば簡単簡〜単っ(^^)v

Img_2762

酸菜を作るには・・・白菜を2〜3日干して重量の5%の塩を振って重しをして水をしみ出させて、その塩水に白菜がずっと浸かっている状態(=酸素に触れさせないのが重要なんですねぃ)で乳酸醗酵を3週間、イイ感じの酸っぱい漬け物臭が出て来て大成〜功。

Img_2525

それにしても、昔の人の経験の蓄積に基づく知恵ってスゴいもんで、最初に「なんか知らんけど置いておくと美味くなる」とか「なんか知らんけど置いておくとイイ香りがする」というところから醗酵食品という保存食を世界中で生み出しているんですよね〜(お酒も似たようなw)。酸菜と同じ類いの漬け物は、ドイツのザワークラウトが有名ですねん。・・・あ、クミンシードをたくさん仕入れているから試してみよっかなぁ。

Img_2587

母親は幸いにもリハビリにかなり丁寧に取り組めたので、早くも発症前の3割引ぐらいのペースで動けており、抑えるのが逆に大変なここ数日でありま〜す (`・ω・´)キリッ

2017年1月25日 (水)

いわきアリオスの16f付チェンバロ弾き込み&メガ海鮮丼@四倉町

本日(1/25)は、いわきアリオス備え付けの珍しい16f付チェンバロの弾き込み役として某氏のクルマ便乗でいわき市を襲撃( ̄^ ̄)ゞ

Img_2868

・・・その前にお約束でランチ、少し遠出にて四ツ倉まで。メガ海鮮丼ウマし(・ω・)ノ

Img_2838

2016年9月 9日 (金)

うろこいち/小名浜

某ホールのチェンバロ弾き込みお手伝いのために福島県は浜通りまでの日帰り遠征。

Img_1682

せっかくなので地元漁港の大衆食堂にて海鮮ランチ。

Img_1677

海の親子丼はあちこちで食しておりますが、「親」が焼いてあるのは今回が初めて。

Img_1681

魚市場も食堂もなかなかの賑わいで、震災後五年にしてようやく活気が戻ってきているようでした(・ω・)ノ

2016年7月 8日 (金)

農工大ピアノ部のレッスン&「だいもん」国分寺店

農工大ピアノ部、夏コンに向けてのレッスンしぅりょう( ´ ▽ ` )ノ

Img_1453

30年前からお世話になっている「だいもん」の先代が住宅地の一角に新しく作った店、初訪問〜♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

Img_1455

農工大農学部から北府中に歩いて行く途中、府中市晴見町「だいもん」の雰囲気も変わらず。こちらはお子さんたちでばっちり切り盛りしているとのこと。「あ〜先生、お世話になってます〜」と言われ、微妙に面映い気分に(・o・ゞ

Img_1452

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント・演奏会 | グルメ・クッキング | ファッション・アクセサリ | 写真>昔のレンズ/カメラ | 学問・資格 | 文化・芸術 | 旅行>アメリカ | 旅行>ヨーロッパ | 旅行>台湾 | 旅行>韓国 | 旅行>香港 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 鉄道 | 音楽 | 音楽>Soundcloud | 音楽>YouTube | 音楽>アンドレ・ギャニオン | 音楽>クリストフォリピアノ | 音楽>ピアノなど鍵盤楽器の歴史 | 音楽>メーカー>BECHSTEIN | 音楽>メーカー>Blüthner | 音楽>メーカー>Broadwood | 音楽>メーカー>Bösendorfer | 音楽>メーカー>DIAPASON | 音楽>メーカー>Grotrian | 音楽>メーカー>Gröber | 音楽>メーカー>PETROF | 音楽>メーカー>Pleyel | 音楽>メーカー>Steinway | 音楽>メーカー>YAMAHA | 音楽>中島みゆき | 音楽>作曲家>Alberti | 音楽>作曲家>Alkan | 音楽>作曲家>Bach | 音楽>作曲家>Beethoven | 音楽>作曲家>Boëllmann | 音楽>作曲家>Brahms | 音楽>作曲家>Burgmüller | 音楽>作曲家>Chopin | 音楽>作曲家>Couperin | 音楽>作曲家>Czerny | 音楽>作曲家>Debussy | 音楽>作曲家>Dubery(1948- ) | 音楽>作曲家>Dvořák | 音楽>作曲家>Fibich | 音楽>作曲家>Field | 音楽>作曲家>Fischer | 音楽>作曲家>Franck | 音楽>作曲家>Frescobaldi | 音楽>作曲家>Galuppi | 音楽>作曲家>Giustini | 音楽>作曲家>Grieg | 音楽>作曲家>Haydn | 音楽>作曲家>Händel | 音楽>作曲家>Janaček | 音楽>作曲家>Liszt | 音楽>作曲家>Marcello | 音楽>作曲家>McDowell | 音楽>作曲家>Mendelssohn | 音楽>作曲家>Merikanto | 音楽>作曲家>Mompou | 音楽>作曲家>Mozart | 音楽>作曲家>Pachelbel | 音楽>作曲家>Rubinstein | 音楽>作曲家>Satie | 音楽>作曲家>Scarlatti | 音楽>作曲家>Schubert | 音楽>作曲家>Schumann | 音楽>作曲家>Scriabin | 音楽>作曲家>Sibelius | 音楽>作曲家>Suk | 音楽>作曲家>Séverac | 音楽>作曲家>三島元樹 | 音楽>作曲家>吉松隆 | 音楽>楽器>アップライトピアノ | 音楽>楽器>クラヴィコード | 音楽>楽器>スクエアピアノ | 音楽>楽器>チェンバロ | 音楽>楽器>フォルテピアノ | 音楽>楽器>リードオルガン | 音楽>楽譜作成(lilypond) | 音楽>高橋靖志ハープシコード&クラヴィコード | 音楽に思うこと

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ