フォト

カテゴリー

« 王建中(1933-2016)《云南民歌五首》から第1曲『大理姑娘』を、100年前の豪華棚つきリードオルガンで | トップページ | 吴 祖强・杜 鸣心『水草舞』(バレエ《魚美人》のための音楽から)を、1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で »

2019年7月28日 (日)

『バロック方面より風来たる ACT.1』@高円寺盛会御礼

みなさま、 昨日(7/27)は久々のソロ演奏会『バロック方面より風来たる ACT.1』にご来場いただきありがとうございました!

Img_7583

ある時代までのアコースティック楽器って、現代な目で見ると不合理だったり無駄だったりして意味がわからないコトが少なくないそうですが、そこから出てくる複雑怪奇な音空間の魅力は筆舌に尽くしがたし。

Img_7581

永野光太郎氏の手によるこの18世紀フレンチチェンバロはハンパない見識と的確な取捨選択の賜物か、現代では真っ先に滅菌消毒されてしまう「音魂」を十全に備えているのが奇跡的でして。

Img_7582

このような「昔っぽい雰囲気」が満載な体験はそうそうできるものではございません。この場所とは長いつきあいになりそうです(*´-`)

« 王建中(1933-2016)《云南民歌五首》から第1曲『大理姑娘』を、100年前の豪華棚つきリードオルガンで | トップページ | 吴 祖强・杜 鸣心『水草舞』(バレエ《魚美人》のための音楽から)を、1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 王建中(1933-2016)《云南民歌五首》から第1曲『大理姑娘』を、100年前の豪華棚つきリードオルガンで | トップページ | 吴 祖强・杜 鸣心『水草舞』(バレエ《魚美人》のための音楽から)を、1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ