フォト

カテゴリー

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の8件の記事

2019年4月29日 (月)

グリーグ『抒情小品集』から「フランス風セレナード op.62-3」を、バッハアカデミー(大宮公園)の1927年製ベヒシュタインL型(165cm)で

大宮公園の「バッハアカデミー」主宰の 山田康弘 氏が「ドミソを弾いただけで惚れ込んだ」・・・という、まさに運命的な出会いをした1927年製のベヒシュタインL型(165cm)を使って、グリーグの『抒情小品集』から「フランス風セレナーデ op.62-3」を弾きました。
・バッハアカデミー:http://www002.upp.so-net.ne.jp/bach/

・・・ベヒシュタインを弾きに行ったのに写真を撮り忘れて 小山屋の取材報告 になってしまったこともあり、動画収録をイイことにソッコー再襲撃してその足で 西川口で本格中華を食したw、というのはココだけのハナシ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

つくづく思いますが、楽器って新しい古いに関わらず「出会った必然」を耳にすることが少なくなく、なんだかわからないですが「単なるモノ」ではない存在なんですよね〜。まぁ現代の工場で作るような楽器に比べれば、古い楽器の方が作り手が込める手の力そして意思の力ははるかに強かったであろうことは容易に想像できますし、古い楽器の方が「いろんな運命」を感じることが多いような気もしますが、電子楽器の周りであっても「出会いの感動」はちゃぁんと存在しているようです。

このベヒシュタインL型がバッハアカデミーにやってきたのは2018年4月だそうで、1年を経て空気にもなじんできたことでしょう、光栄にも動画を録らせていただけました。古いベヒシュタインですが古臭い音色ではなく、現代的に平板になりやすい(おっとw)わけでもない、という素晴らしい楽器です。ですが・・・それはとりもなおさず、まことに「教育的」な楽器である ということでもありまして、変な凸凹を作らず、かつさまざまな声部を弾き分け整理できるように心がけて一曲を弾くのは、なんとも大変なことでした。いやはや、止められませんわ〜 (`・ω・´)

2019年4月28日 (日)

王府景/西川口

西川口でアツい本格中華を安価で食い倒そうのピアノ関係者(ざっくり過ぎるくくりだなぁw)怪、いつの間にかなんとなく定期的に怪催されるようになった模様 (`・ω・´)

Img_6801

本日は、いろんな地方の料理があってなんだかわからんけど普通にウマいはずだよね〜・・・ってことで「王府景」なる店に突入。今回はおなじみ渡邉祐治氏に加えて、ピアノ調律師その他音楽企画な宮城賢太氏、そして上海出身で日本で働いている若き調律師の文天氏、といういよいよナゾな怪合の様相を呈してまいりましたw

Img_6800

本日の白眉は、コーンの揚げ物というかコーンをかき揚げのようにして砂糖をかけて食する、玉米烙(ゆぃみ〜らお)という一品。そう言えば、中国大陸では冷やしトマトに砂糖をかけて食する文化も存在しているんだよなぁ・・・と妙に納得したワタクシでありました。砂糖とトマト、意外と合うんですよ〜 ヽ( ̄▽ ̄)ノ

Img_6802

2019年4月24日 (水)

小山屋/大宮公園

某所に1927年製のベヒシュタインL-165が入って1年ちょい、どんどん活かさねば、とのことで勇んで訪問。古臭いワケでもなく現代的に変えられてしまったワケでもない素晴らしい楽器でめっちゃ盛り上がってしまって、おいとましてすぐに楽器の写真を撮り忘れたのが発覚σ^_^;

Img_6732

さすがに戻るワケにも行かずw、そんなタイミングの信号待ちでフト横を見たらこんな店が手招きしておりまして、そりゃ〜取材しないワケにはいきませんで(`・ω・´)

Img_6737

看板メニューの「なす汁うどん」を発注、なんとも太い麺はしっかりしていて極楽極楽(*´-`)

Img_6743

「手打ちうどん」と銘打ってはいますが、昔ながらのうどん屋さんですから中華メニューも充実、当然ながら定食も大充実、さらに酒のつまみもめっちゃウマそうでしかも適価。いやいや、日本もまだ捨てたモンぢゃございませんな〜♪

Img_6738

2019年4月13日 (土)

ハダノ浪漫食堂/秦野

ショパンの録音を持ち寄りで聴き倒す会、12時からのランチから延々と延々と、結局19時過ぎまで。ショパンですから(まぁショパンに限らずw)1日や1週間や1ヶ月で終わるハズもないんですがね〜(`・ω・´)

Img_6665

ウチから秦野は二時間かかりますが、スピーカーで録音を集中的に聴く機会はついぞなかったこともあって、いやはや楽しかった。数日前の冷え込みで富士山も再度雪化粧。聴いたシステムどころか部屋の写真すら撮り忘れましたが、まいっか(*´-`)

Img_6673

この会場の「ハダノ浪漫食堂」は比較的ゆったりしていて雰囲気もさすがにピカイチ、ランチも多彩で目移りしましたが、がっつりと生姜焼き定食に。これまためっっっちゃ美味しぅございました!

Img_6669

2019年4月 9日 (火)

ソフィアザール高円寺バロック with 永野光太郎氏

ソフィアザール高円寺バロックの二段フレンチチェンバロを製作した演奏家(言っとくが断じてキットではござらぬぞ!)の永野光太郎氏が楽器の調整にいらっしゃるとのことで、急遽通りすがりまして(`・ω・´)

Img_6655

演奏はピアノもチェンバロもできるわ、チェンバロは材料選定からできるわ、チェンバロの蓋の内側の絵も自分で描くわ、に止まりそうにない永野氏の多彩さ聡明さたるや恐るべし。才能ある若手って脅威以外のナニモノでもないwのですが、なんとも愉しい時間を過ごせました。

Img_6651

・・・いやはや、完成して半年以内で既に鳴らし込んだかのように素直で伸びやかな箱の響き、ちょっとハンパなさそうな楽器な印象。自分でも弾きたいかも(*´-`)

Img_6661

2019年4月 7日 (日)

中島みゆき 作詞/作曲『グッバイ ガール』ソロ:モーツァルトの旅行用クラヴィコード(1763, J.A.Stein)の複製(2002年)で

中島みゆきの『グッバイ ガール』を、かの神童モーツァルトが7歳のとき(1763年)に買ってもらったJ.A.シュタイン製の旅行用クラヴィコードの複製で弾きました。ん? 歴史的楽器で現代の音楽を弾く必然性? 別に全っ然ございませんがナニか? ( ̄ー ̄)

『グッバイ ガール』は1988年のアルバム《グッバイ ガール》の収録曲と思うのが当然でしょうが、なんとまぁ、このアルバムには入っていないどころかこの『グッバイ ガール』の発売は1989年のシングル盤のみ、しかも2曲めとしてリリースされているというオチ。なのでこの「曲」をWebで検索するのは案外と面倒なのですが、中島みゆきにはもっと手強い相手がおりまして。《グッバイ ガール》と同じ1988年に《中島みゆき》というアルバムを発売していやがって、なんとまぁ検索しづらいことw

・・・閑話休題、クラヴィコードはピアノ以前の鍵盤楽器のなかで最も大切とされていたフシがあり、現代古楽器周辺では「独りで音楽の神さまと向き合う」ための楽器とみなされて過度に神聖化wされていたりします。ですが、実は、そのような内なる世界は優しく親密な世界でもあるはずで、現代人にとって大切なのはむしろ後者の性格ですよね。なお、クラヴィコードの音量は世人の想像を超えて小さいですから、背景のノイズが気にならない程度の音量に抑えたうえで少〜し耳を澄ませてくださいませ。聴こえてきますよ〜(・o・ゞ

 グッバイガール 何とでも 私のことを
  他人は語るがいいさ
  グッバイガール はじめから さよなら目当て
  そんなふうに 語るがいいさ


中島みゆきは「失恋歌の女王」とまで称されますし事実その通りだと思いますが、最初っっっから<さよなら目当て>と言われる主人公が登場するこの曲は、のっけからなかなかシビれますわな。「ふられぐせ」がついてしまったがごとき主人公ですが、今回ばかりは未練たっぷりで大変なようです。

 あの人は恋 私には恋
  誰も信じなくても だけど
  あの人は恋 私には恋
  あの人も信じないけど


この<あの人も信じないけど>が、ホントに切ないですね〜。主人公は自虐的になっているようなそぶりこそ見せて自分をも欺こうとしているようですが、この切なさはそれを突き抜けて心に刺さります。

 あの人は恋 私には恋
  いつでも忘れがたい だけど
  あの人は言う 街角で言う
  別れやすい奴だってさ


主人公が切々と恋いこがれているのに<あの人>と言ったら、まっっったくも〜。ですが、恋愛に限らずですが、強く強く想えば想うほど案外と自分一人で盛り上がってしまっていてナニも伝えられていないことが少なくない・・・と思いませんか? 態度に出しているつもりで全っ然出せていなかったとか、言葉に出したつもりなのに婉曲に過ぎてポカ〜ンとされちまうとか (´・ω・`)

 汚れてゆく雪のようです 女たちの心は
  汚れながら春になります 不埒でしょうか


もろもろのモヤモヤを吹き飛ばすような、締めくくりのこの二行。美しいだけでない、このナンとも言い難い雰囲気は一体どうしたことでしょうか。雪国で春が近づいて雪が溶け始めたときの凄まじい泥んこぐあいは札幌生まれ帯広育ちの中島みゆきですからイヤというほど経験しているわけで、そのような悲惨な泥んこぐあいがなければ<>は訪れない、と強く刷り込まれていることでしょう。中島みゆきにしては解りやすい比喩ではありますが、<汚れながら春になります>という表現ができるかどうかとはまた別なモンダイですね。まことに美しい表現でありますが・・・いやいや、泥んこで凄まじい汚れっぷりなんですけどw

さて、この動画で使っているクラヴィコードという鍵盤楽器の音は極めて小さく、弾き手の注意力は自然に研ぎ澄まされます。それがために「独りで音楽の神さまと向き合う」楽器とされるのでしょうが、その向き合い方は求道者のごとく禁欲的な姿だけではございません。クラヴィコードを弾くと世の中がいかに多種多彩な音に満ちているかにはっとさせられますし、それはとりもなおさず、自分が今まで気づかなかった外界の動きに気づかされる機会が与えられたことに他なりません。神さまとは実は身近な存在で、どれくらい身近かというと、自分の感性の中におはしまするぞ (`・ω・´)シャキーン

2019年4月 4日 (木)

魚力/大津港

久々の遠征は、いわきアリオスのチェンバロ弾き込み隊でござい(`・ω・´)

Img_6587

その前に欠かせないのは、やはり海鮮ランチ〜。ご飯は二杯まで味噌汁は一杯までサービスで、しっかりと恩恵にあずかったのはココだけのハナシσ^_^;

Img_6590

ここ五浦の地は、かの岡倉天心が最後の10年間居を構えた土地。店からの海の眺めも秀逸で極楽極楽(*´-`)

Img_6584

楽器弾き込みの写真がございませんが、ちゃぁんと3人で3種類がっつり弾き込みできましたぞ。最近は楽器が「起きてくる」までの時間が短くなってきて、定期的な弾き込みの成果は上々なようです(^^)v

2019年4月 2日 (火)

ポンセ『間奏曲第1番』を1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

メキシコの作曲家、ポンセ(1882-1948)の「間奏曲第1番」を、ポンセが生きていた時代の1894年ベーゼンドルファー製のピアノで弾きました。ベーゼンドルファーはメキシコではなくウィーンのピアノですが、まぁそこはご堪忍(・o・ゞ

ポンセはメキシコに生まれて幼くして大変な才能を発揮、メキシコからヨーロッパに一度ならず二度までも出向いて研鑽を積んだという、メキシコの西洋的調性音楽のいわば斬り込み隊長的な存在です。とりわけ有名なのは作詞も自身で行ったという「エストレリータ」でしょうね。

ポンセの作品の作曲年はあまり明確ではなく紛失してしまった作品も少なくないようですが、この「間奏曲第1番」は1909年ごろの作曲とされています。1905年に初めてヨーロッパに渡って1907年にメキシコに戻ってから作曲された作品で、物憂げでいながら悩ましい、といういかにもラテンな曲調はもっともっと人気が出てしかるべき曲ではないでしょうか。まぁどこにでもありそうなラテンなノリの軽〜い曲、という見方もできなくもないwかも知れませんが、それはそれで人気が出るために大切な要素の一つですよね〜。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ