フォト

カテゴリー

« ショパン『マズルカ op.33-1』を、1930年製スタインウェイのアップライトピアノで | トップページ | 東武鉄道→わたらせ渓谷鐵道神戸(ごうど)駅 »

2018年9月19日 (水)

トーク会【フォルテピアノを語ろう】@スタジオピオティータ

本日(9/19)のフォルテピアノを語ろうトーク怪、例によって和気藹々な雰囲気で楽しゅうございました。しぅべるとの「楽興の時第3番」のさわりをチェンバロで弾いてみたのが、我が悪事の白眉(`・ω・´)

フォルテピアノな世界は複雑極まりない世界。それがためにその複雑さを前面に押し出してしまうと敬遠され、かと言って単純にしてしまうと誤解されてしまう、という厄介さがありましてナ( ´ ▽ ` )

Img_4824

それを多方面から優しく楽しくときほぐしていく白沢達生氏の話術そして幅広〜い知識、いつもながら圧倒されましたわ。

お次は24日にグンマーはわたらせ渓谷鐵道沿線にて、リードオルガンの会。風光明媚なところで優しいリードオルガンの音色が愉しめますよ〜(*´-`)

<日時>  2018年9月24日(月祝)14時〜15時半
<会場>  群馬県みどり市童謡ふるさと館童謡ホール(みどり市東町座間367-1)
<参加費> 童謡ホール入場料のみ、200円
予約・問い合わせ みどり市童謡ふるさと館 0277-97-3008

Img_4731s

« ショパン『マズルカ op.33-1』を、1930年製スタインウェイのアップライトピアノで | トップページ | 東武鉄道→わたらせ渓谷鐵道神戸(ごうど)駅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/67189299

この記事へのトラックバック一覧です: トーク会【フォルテピアノを語ろう】@スタジオピオティータ:

« ショパン『マズルカ op.33-1』を、1930年製スタインウェイのアップライトピアノで | トップページ | 東武鉄道→わたらせ渓谷鐵道神戸(ごうど)駅 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ