フォト

カテゴリー

« メリカント『ワルツ・レント op.33』を、ウィーン式アクションの1894年ベーゼンドルファーで | トップページ | 産地直送の山椒の葉からの山椒味噌 »

2018年6月 1日 (金)

7月18日/ウィーン式フォルテピアノでシューベルトとショパンを

7月18日(水)19時開演@池袋、ひさびさにオリジナルフォルテピアノの演奏会を行います。今回は、シューベルトとショパンの組み合わせです (`・ω・´)シャキーン

6月23日(土)の演奏会はこちら!
7月8日(日)の演奏会はこちら!


ショパンと言えばプレイエルピアノですが、実は初代プレイエルはモーツァルトの一歳年下でハイドンの知遇を得たウィーンの作曲家でした。シューベルトとショパンは一見関係なさそうですが、ウィーン式フォルテピアノという糸でつながっているのです!

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

東日本大震災復興支援コンサート with 明日館
古典鍵盤楽器 徒然草 七
ウィーン式フォルテピアノでシューベルトとショパンを


20160216groberfbevent

2018年7月18日(水)19時開演(18時半開場)
池袋、自由学園明日館(みょうにちかん)Room1921
3500円(当日精算/要予約30名)
http://concerts.clavichord.jp/fortepiano/Message.html

使用楽器
Johann Georg Gröber 製作(1820年オリジナル ウィーン式6オクターヴ)
プログラム
シューベルト (1797-1828)
6つの楽興の時 D780 (op.94)
ショパン (1810-1849)
2つのノクターン op.55(第15,16番)
3つのワルツ op.64(第6〜8番)
3つのマズルカ op.50

Dsc00195

« メリカント『ワルツ・レント op.33』を、ウィーン式アクションの1894年ベーゼンドルファーで | トップページ | 産地直送の山椒の葉からの山椒味噌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/66782043

この記事へのトラックバック一覧です: 7月18日/ウィーン式フォルテピアノでシューベルトとショパンを:

« メリカント『ワルツ・レント op.33』を、ウィーン式アクションの1894年ベーゼンドルファーで | トップページ | 産地直送の山椒の葉からの山椒味噌 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ