フォト

カテゴリー

« 丸信ラーメン行田店 | トップページ | ペヤング富士山発見@足柄SA »

2018年4月13日 (金)

『Wery's Celebrated Offertoire』を、100年ほど昔のHILLIER社製16ストップ、棚付きリードオルガンで

昨日(4/12)のリードオルガン行脚でお伺いした個人宅にて、おそらく100年ほど昔のロンドンはHILLIER社製16ストップ、鍵盤の音域5オクターヴの棚付きリードオルガンを録らせていただけました。実はこのような豪華棚付きのリードオルガンはあちこちに埋もれているのですが、修復するにも捨てるにもお金が少なからずかかるためでしょうか、放置されて朽ちるに任せている楽器が少なくないようです。この楽器は個人蔵で入手経緯も不明ながら優秀な修復のおかげでほぼ完調、数十分音出しするだけで素晴らしい音色を奏でてくれました。

曲は、Theodor Presser Co. から出版された「The Reed Organ Player - A Collection of Pieces for all Occasions(1914)」所収、H.D.Hewitt 編曲による『Wery's Celebrated Offertoire』です。原曲は、Lefébure-Wély(1817-1869)の足鍵盤付きオルガンのために書かれた『Six Grands Offertoires pour l'Orgue, op.35』の第4曲ト長調で22ページに渡る大曲ですが、編曲者の H.D.Hewitt はこれをニ長調に移して見開き2ページで収まるようにまるっと簡略化wしています。

オリジナル至上主義はそれはそれで意味がありますし、基本的にワタクシもその立場に立っておりますが、それだけが音楽の世界であると考えてしまってはそれは傲慢以外のナニモノでもありませんね。市井の人々の間にかつてあふれていた音楽はとにかく自由なものでちょっとした集会所のスクエアピアノやリードオルガンそしてハルモニウムの周りに生まれていたわけで、そのような普通の人々のための曲集では長い曲をバッサリ切り詰めたり調号の少なく読みやすい調性に移調したりしてあるのがごく普通のことでした。考えてみれば、現代でも全く同じなんですけどね〜(・o・ゞ

リードオルガンの魅力は大向こうをウナらせるような超絶技巧では断じてなく、等身大で愉しめる柔らかく優しい世界観にこそ。忙しすぎる現代人にこそ、この世界観の大切さをお伝えしたいワタクシでありま〜す。

« 丸信ラーメン行田店 | トップページ | ペヤング富士山発見@足柄SA »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/66606332

この記事へのトラックバック一覧です: 『Wery's Celebrated Offertoire』を、100年ほど昔のHILLIER社製16ストップ、棚付きリードオルガンで:

« 丸信ラーメン行田店 | トップページ | ペヤング富士山発見@足柄SA »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

無料ブログはココログ