フォト

カテゴリー

« ショパン『ピアノソナタ第3番 op.58』第3楽章を、1843年製シュトライヒャーで | トップページ | 丸信ラーメン行田店 »

2018年4月12日 (木)

熊谷周辺リードオルガン行脚

2005年に国登録有形文化財となった、煉瓦造りの素敵な日本聖公会・熊谷聖パウロ教会にて、リードオルガンなどによるコンサート拝聴!

Img_3699

この日本聖公会・聖パウロ教会は、東京でイギリス国教会の教えに共感を得た熊谷在住の人々による1882(M15)年ごろからの運動が発祥とのことです。1919(T8)年竣工、実は来年が100周年なんですよ〜。ここのオルガンは入手経緯は不明ながらやはりYAMAHAの五号、そして小さなオルガンは牧師氏が捨てられそうになっていたものを救出して、本日修復後初お目見えだったのこと。古い楽器らしく豊かな低音が素晴らしくて(^^)

Img_3695

お次は個人宅にお邪魔してビックリ。なんと100年ほど昔とおぼしきロンドンはHILLIER社による豪華棚付きのリードオルガンしかも16ストップ。入手経緯は不明ながら優秀な修復のおかげでほぼ完調、数十分音出しするだけで素晴らしい音色を奏でてくれました。

30628904_1373648619448610_749751980

そして最後は某所のほぼ現行品である、イタリアのデルマルコ製。公開に難色を示されたのがちょっと残念でしたが、持ち主の意向がなによりも大切ですもんね〜(・o・ゞ

Img_3718

« ショパン『ピアノソナタ第3番 op.58』第3楽章を、1843年製シュトライヒャーで | トップページ | 丸信ラーメン行田店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/66606130

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷周辺リードオルガン行脚:

« ショパン『ピアノソナタ第3番 op.58』第3楽章を、1843年製シュトライヒャーで | トップページ | 丸信ラーメン行田店 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ