フォト

カテゴリー

« 11月16日/シューベルト即興曲をオリジナルフォルテピアノで@池袋 | トップページ | 深夜のトランジット@上海浦東国際空港 »

2017年9月20日 (水)

アイルランド民謡『The Last Rose of Summer/夏の名残りのバラ/庭の千草』を、1928年西川オルガン製ベビーオルガンで

最近は四季の移り変わりがワケわからん状態wになっていますが、やはり9月。秋空っぽくなってきましたね〜。
行く夏を惜しんで、アイルランド民謡『The Last Rose of Summer/夏の名残りのバラ/庭の千草』を、1928年西川オルガン製ベビーリードオルガンで弾きました。

このベビーオルガンは、渡邉祐治氏の修復による1928年西川オルガン改め日本楽器横浜工場製。日本楽器=ヤマハの工場で作られた楽器とは言え、オルガンの設計自体は西川オルガンですから「西川オルガン」と言って差し支えない楽器です。音域はヘ音記号で少し下に飛び出た「ド」〜ト音記号で少し上に飛び出た「ド」までの4オクターヴ。なるほど、ピアノ弾きが普通に見ている上下二段の「大譜表」の音域にも意味がありそうな気がしませんかの?(・o・ゞ
調律師「才気堂」http://saikido.blog.jp/
渡邉祐治氏YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UC6wktpotX7LAsEq-4diaaIA

100年以上昔の明治時代初期から戦前ぐらいまで、実は市井の人々のあいだには想像以上に広い範囲に足踏み式リードオルガンが普及していまして、音域が狭く小さく持ち運びも簡単なベビーオルガンも数多く作られていたようです。このような手軽なリードオルガンは国産アップライトピアノが量産されて価格も下がって爆発的に普及する以前、鍵盤楽器の一翼を担う大切な楽器だったんですね〜。ベビーオルガンはコンパクト(当然w)で風袋も小さいので足がちょいと忙しく音も比較的波打ちやすいのですが、小さいオルガンですからそれは物理的機構的に当たり前のこと。それを欠点として目を背けて「弾かない」という選択肢を取れば楽に生きられますwwwが、この手軽でかわいいベビーオルガンの世界を知らずに一生を終わるのは、マルチな鍵盤楽器弾きとしてあってはならぬ気がするワタクシ (`・ω・´)シャキーン

« 11月16日/シューベルト即興曲をオリジナルフォルテピアノで@池袋 | トップページ | 深夜のトランジット@上海浦東国際空港 »

コメント

またまたコメント失礼いたします。
昨年、教会音楽の講習会にて、初めてベビーオルガンに触れることができました。
「小さいくせになんて手強いやつ!(泣)」というのが私の感想です。
ペダリングが難しく、音が安定せず、参加者一同、悲惨な結果に…。
いつかまた出会いがあれば、挑戦してみたい楽器です。

川上さん、どうもです!
ベビーオルガンは風袋が小さく風が波打ちやすいですよね〜。この動画では1番のフェルマータでは素直に、2番のフェルマータではヴィブラートをかけてみましたです(^^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/65813577

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランド民謡『The Last Rose of Summer/夏の名残りのバラ/庭の千草』を、1928年西川オルガン製ベビーオルガンで:

« 11月16日/シューベルト即興曲をオリジナルフォルテピアノで@池袋 | トップページ | 深夜のトランジット@上海浦東国際空港 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ