フォト

カテゴリー

« モンポウの『前奏曲第5番』を、1911年製プレイエルピアノで | トップページ | シューマンの生誕祭によせて『子供のためのアルバム/ユーゲントアルバム op.68』より「メロディー」を、アドラー社の大型リードオルガンで »

2017年6月 6日 (火)

中島みゆき 作詞/作曲『水』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

気象庁は6日午前11時、「九州北部と山口県、それに九州南部が梅雨入りしたと見られる」と発表しました。もうそんな季節かぁぁぁ・・・とゆワケで、ほぼ月イチの120歳ウィーン式アクションのベーゼンドルファーを使った中島みゆき、今月は『水』です。

いかに中島みゆきと言えど、作品のすべてが人気曲であるハズもなく、この『水』は所収のアルバム《ララバイSINGER》の中でもはじっこで地味な曲wとのこと。・・・ですがこの曲、響きがかなり美しく、試しにピアノソロでじっくり弾いてみたら、なにやらピアノ曲として成り立ってしまったような気配 (`・ω・´)シャキーン

この曲の歌詞は実に読みづらくて難儀するのですが・・・
最初の最初に
 <水を探していた  ずっと探していた
 <水の形を探してみて  水に形のないことを知る

という「探しているものが本当に探しているものなのかがわからぬ不安」が示されていまして。コレ、中島みゆきの詩の重た〜い方向に一貫するテーマの一つですねん(・o・ゞ

« モンポウの『前奏曲第5番』を、1911年製プレイエルピアノで | トップページ | シューマンの生誕祭によせて『子供のためのアルバム/ユーゲントアルバム op.68』より「メロディー」を、アドラー社の大型リードオルガンで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/65377270

この記事へのトラックバック一覧です: 中島みゆき 作詞/作曲『水』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で:

« モンポウの『前奏曲第5番』を、1911年製プレイエルピアノで | トップページ | シューマンの生誕祭によせて『子供のためのアルバム/ユーゲントアルバム op.68』より「メロディー」を、アドラー社の大型リードオルガンで »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ