フォト

カテゴリー

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の6件の記事

2017年1月31日 (火)

シューベルトの生誕祭によせて『楽興の時 D780(op.94)』より第6曲を、ペトロフのアップライトピアノで

今日(1/31)は、シューベルトの誕生日ですよ〜。
シューベルトは大作曲家のなかで数少ないウィーン生まれ、まぁウィーン生まれだからといってみんながみんな「はんなり趣向w」なハズはございませんが、ウィーン風味ではんなりな曲の数々は格別の味わいですよね〜(・o・ゞ

さてそのような曲の一つ、楽興の時 D780(op.94) より、第6番の動画をお楽しみくださいませ。ピアノはおなじみ、チェコ製ピアノ「ペトロフ」専門店 ピアノプレップ による普通な調整を極めたペトロフのアップライトピアノ(131cm)です。チェコはオーストリアの隣国で文化的にかなりカブる位置でして、ペトロフのピアノづくりにも「木の箱をゆったりストレス無く鳴らす」というベーゼンドルファー的な思想を感じられる気がします。

・・・この動画のペトロフ、なんとな〜く、poor man's Bösendorfer のような雰囲気wすら感じませんか?(・x・ゞ

2017年1月27日 (金)

W.A.モーツァルトの生誕祭によせて、最初期の小品 K.3(1762年)をモーツァルトの旅行用クラヴィコード(複製)で

今日(1/27)は、他でもないW.A.モーツァルトの誕生日ですよ〜。

ワタクシのところには、モーツァルトが7歳のとき(1763年)に入手して以後終生愛用した旅行用クラヴィコード(現、ハンガリー国立博物館蔵)の忠実な複製がございましてネ(・o・ゞ

このクラヴィコードを使って収録した、1762年(入手する1年前ですね^^)に父レオポルドが筆写したヴォルフガングの作品:K.3の動画をどうぞ。場所は特別に音楽専用スペースではなく、東京は狛江の地元工務店:東建ハウジング(トーケン株式会社)のコミュニティスペースの一室です。



クラヴィコードは音量は非常に小さいのですが表現力はおよそ想像を絶する幅広さを持っていまして、それぞれが音楽の世界と向き合うために必須の楽器として何百年にもわたって愛されていたフシがございます。そのような楽器ですから、いわゆる音楽専用の場所で弾いてしまうと、クラヴィコードがかもし出す親密さに満ちた音楽の世界は逆に伝わりづらいんですね〜。・・・無論、それを否定するモノではございませんし、それを拒む自分でもございませんがw

さて本日19時半開演にて、<日常の音楽を紹介する>という趣旨でチェンバロの演奏をまさにこの狛江のトーケン株式会社で行います(部屋は違います)が、それならばクラヴィコードも持ち込まなくちゃ・・・とゆコトで、楽器が増えました (`・ω・´)シャキーン

ワタクシの演奏としては珍しく無料、本日終業後に、どうぞおいでませ!

人集まる処に音楽あり
〜暮らしのうるおいを作るホームコンサートの実体験をどうぞ〜
2017年1月27日(金)19時半開演(終演予定20時半)
トーケン株式会社(東建ハウジング)事務所、展示スペースにて開催
住所:東京都狛江市岩戸北1-7-9
※入場無料/要電話予約:03-3488-1005(トーケン株式会社)

15673232_620738594794912_24240177_n

2017年1月25日 (水)

いわきアリオスの16f付チェンバロ弾き込み&メガ海鮮丼@四倉町

本日(1/25)は、いわきアリオス備え付けの珍しい16f付チェンバロの弾き込み役として某氏のクルマ便乗でいわき市を襲撃( ̄^ ̄)ゞ

Img_2868

・・・その前にお約束でランチ、少し遠出にて四ツ倉まで。メガ海鮮丼ウマし(・ω・)ノ

Img_2838

2017年1月 9日 (月)

42年間放置のヤマハアップライトピアノでチェルニー30番を

さぁ七草もとっくに明けました。既に今年の1/40が過ぎてしまったコトに戦々恐々としておりますが、まぁ初笑い(遅いw)でもど〜ぞ。ネットの世界はまぢめなばかりでは楽しくないのですが、環境と運に恵まれないと、な〜かなか「ネタ」には巡り会えないモノでございます。
このたび、才気堂の渡邉祐治さんのご好意(?)により、前回の調律が1974(昭和49)年4月25日、なぁんと42年間まったく調律されていないアップライトピアノでチェルニー30番の第1,3曲を弾いてみましたよ〜。名づけて『狂律ピアノ』(・o・ゞ

世の中のピアノはこんな状態のピアノが少なからず、このように狂った音で学習者たちが稽古を重ねていることもまた少なからず。音楽の素敵な魅力が調律の狂いだけで完全に奪われてしまうとまでは申しませんしそんなハズもございませんが、魅力的な響きが出せないピアノで音楽の楽しみが十全に伝えられるかというと、それも大いに疑問でありま〜す。ま〜、12年間ウチのピアノを調律していなかったワタクシが言える立場でないと言われりゃその通りですがネ (・∀・)ニヤニヤ

サテ問題は、ピアノの先生らしき方々がアップされている動画や録音にもこのような状態のピアノが少なくないことです。それが「味」につながるような状態/弾き方ならばむしろ推奨したいのがワタクシの立ち位置ですが、このような先生方のピアノの狂い方はたいてい高音部の数音が派手に狂っていることが多く、それは弦を切った後の狂いなので仕方ないと思う自分もおりますが、そのようなピアノでレッスン代をせしめられるのってウラヤマしいなぁ・・・とかなんとか(・x・ゞ

このように突っ込んだあとでアタマのネジをぐいっとユルめてみると、このピアノ、古いYAMAHAということもあって意外とマトモな箇所もあり、コレはコレで「味がある」ような気もしないでもなく。このピアノは調律されてしまったので、もはやこの狂い方は体験できません。惜しいこと・・・なのかしらん?ヽ( ̄▽ ̄)ノ

2017年1月 5日 (木)

スク(スーク)の生誕祭によせて『愛の歌 op.7-1』を(部分)、YAMAHAのアップライトピアノで

昨日(1/4)は、チェコの作曲家、ヨゼフ・スク(1874-1935)の誕生日でしたよ〜(・o・ゞ

去年の5月21日、錦糸町のカフェで行った『音楽と写真でつづる、チェコ冬紀行』で弾いた、スクの『愛の歌 op.7-1』実況動画の一部です! 一部分にしたのはケチったワケではなくw・・・録画に使ったiPhoneがピアノに近いのに録音レベルを下げ忘れてがっつりクリップwwwしてしまったのでした。最後の方で音がビリついているのがお判りかと(・x・ゞ

コンサートのお題『音楽と写真でつづる、チェコ冬紀行』とゆコトで、音楽だけでなく写真も自分が実際にチェコで撮った写真をプロジェクターで投影しています。チェコと言えばなんと言ってもプラハ市街ですが、実は大きな街があまり好みでないワタクシ、東部のモラヴィアをメインに撮り貯めた写真が活かせました。

この動画に写っている場所は、モラヴィア東部の「Svatý Hostýn」という素晴らしきスピリチュアルスポット。足元が悪くなるほどでもなく雪が積もってくれて、この世とは思えぬ幻想的世界が出迎えてくれました。普通のデジカメに50年ほど昔の西独ブラウンシュバイクは Voigtländer のレンズシャッター式一眼レフ:BESSAMATIC 用の SEPTON 50mmF2 を使って大正解でした(^^)v

Voigtländer Septon 50mm F2 & SONY NEX-3
Img_0173

2017年1月 4日 (水)

中島みゆき 作詞/作曲『帰省』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

今年2017年も3日と半日・・・とゆコトは、一年の1/100近くが過ぎ去ってしまったとゆ、恐ろしい現実(・o・ゞ
中島 みゆき 作詞/作曲『帰省』を、1894年にベーゼンドルファー社が作ったピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)を使って弾きました。

この『帰省』の歌詞は1月のこの時期にアップするのにぴったり、それにしても中島みゆきにしては「毒が少ないw」印象、そして内容もまったく厳しくないむしろ平凡な情景を描いています。まぁ、辛辣な着眼点はちゃぁんとw備えておりまして・・・
まるで人のすべてが敵というように
 肩を張り肘を張り 押しのけ合ってゆく >
という指摘は、都会に生きる人間として、なんと言うか、誰もが「あぁ、そうだよなぁ」と頷いてしまう姿勢ですね〜(・x・ゞ

けれど年に2回 8月と1月
 人ははにかんで道を譲る 故郷からの帰り >
ここに、これまたごくごく普通の表現でほんのりと優しさをにじませてくれるのがニクいなぁ・・・と。みなさん、優しい気持ちになっていますかの?

この『帰省』の曲調は優しさにあふれており、まことに美しい。中島みゆきの音楽は歌詞があってこそ独特な魅力を放つものが多いですが、この『帰省』は歌詞が無くても充分に味わえるような気がしています。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ