フォト

カテゴリー

« シューベルトの命日によせて『クッペルヴィーザー・ワルツ』を、ペトロフの大型アップライトピアノ(131cm)で | トップページ | 国立の「タコツボ」急襲! »

2016年11月27日 (日)

1909年製ブリュートナー・ピアノ、12月4日以降音出し禁止?

いよいよ一週間後(12/4日曜)に迫った演奏会:古き佳き独逸の銘器 1909年製ブリュートナー・ピアノのいぶし銀の輝き で用いる、この1909年製ブリュートナーの持ち主のブーニン氏から会場の松本記念音楽迎賓館に連絡があり、骨董品に値する楽器で「健康診断」を行う必要があるので、この演奏会終了後からしばらく音出しは中止・・・と相成りました。

自分が弾く限り問題はなく、今、この楽器の調子が悪いわけではございませんが、この演奏会はなかなか貴重な機会になってしまったようです (`・ω・´)シャキーン

100年前に皇帝周辺に納める品物を作る職人たちの意気込みそしてプレッシャーたるや想像を絶するもので、果たしてこのピアノは楽器であって楽器でないかのような凄まじい「気」を持っています。どうぞこの機会をお見逃しになられぬように!

2016年12月4日(日)14時開演(13時20分開場)
世田谷、松本記念音楽迎賓館(世田谷区岡本2丁目32ー15)
4000円/全席自由(50名、要予約)
ブリュートナー・ピアノ演奏:筒井一貴
お申込:03-3709-5951(松本記念音楽迎賓館)
    bergheil69@me.com(筒井)

Img_1278

« シューベルトの命日によせて『クッペルヴィーザー・ワルツ』を、ペトロフの大型アップライトピアノ(131cm)で | トップページ | 国立の「タコツボ」急襲! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/64569085

この記事へのトラックバック一覧です: 1909年製ブリュートナー・ピアノ、12月4日以降音出し禁止?:

« シューベルトの命日によせて『クッペルヴィーザー・ワルツ』を、ペトロフの大型アップライトピアノ(131cm)で | トップページ | 国立の「タコツボ」急襲! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ