フォト

カテゴリー

« サティ『グノシエンヌ第7番/星たちの息子』を、ペトロフのアップライトピアノで! | トップページ | メンデルスゾーンの命日によせて「2つの小品 WoO 19」より『アンダンテ・カンタービレ MWV U 93』を、ペトロフの小型グランドピアノ(159cm)で »

2016年11月 1日 (火)

12月4日/1909年製ブリュートナー・ピアノ〜ブーニンをコンクール優勝に導いたピアノ〜

今年も残すところあと2ヶ月(!)となってしまいましたが、12月初めの演奏会のご案内です!

古き佳き独逸の銘器 1909年製ブリュートナー・ピアノのいぶし銀の輝き
~ブーニンをロン=ティボーコンクール(1983)       
   そしてショパンコンクール(1985)優勝に導いたピアノ~


2016年12月4日(日)14時開演(13時20分開場)

世田谷、松本記念音楽迎賓館(世田谷区岡本2丁目32ー15)
4000円/全席自由(50名、要予約)
ブリュートナー・ピアノ演奏:筒井一貴
予約・問合せ:03-3709-5951(松本記念音楽迎賓館)
   bergheil69@me.com(筒井)
Img_1278
◎東急田園都市線「二子玉川駅」よりバスを利用(12:41または13:00)
 東急コーチ玉31成育医療センター行、または玉32美術館行
  停留所「もみじが丘」または「岡本三丁目」より徒歩5分程度
◎小田急線「成城学園前駅」よりバスを利用(12:42または12:56)
 東急バス都立01都立大学駅北口行
   停留所「岡本三丁目」より徒歩5分程度

共催:松本記念音楽迎賓館

ライプツィヒのピアノメーカー:ブリュートナーによる1909年製造のこのピアノは、
かつてのドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が従妹のアレキサンドラ皇后
(ロシア最後の皇帝ニコライ2世の妻)に贈ったものと言われており、
ロシア革命勃発と共にある女官の手に渡り、その後1970年代末に彼女が亡くなるまで
“聖なる遺品“として大切に保管されていました。
1982年、このピアノが闇で売りに出された際、N・パステルナーク女史
(ノーベル文学賞のV・パステルナークの息子の嫁:ブーニンの名付け親)の援助の下、
ブーニンの手に入りました。ブーニンはこのピアノで練習を重ね、
パリのロン=ティボーコンクール(1983年)と
ワルシャワのショパンコンクール(1985年)の2つを制覇しました。

ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 op.13「悲愴」
        ピアノソナタ第17番 op.31-2(テンペスト)
ショパン 2つのノクターン op.55
     (ノクターン第15番、第16番)
     3つのワルツ op.64
     (ワルツ第6番(子犬のワルツ)、第7番、第8番)
     3つのマズルカ op.50

Dsc07457a

« サティ『グノシエンヌ第7番/星たちの息子』を、ペトロフのアップライトピアノで! | トップページ | メンデルスゾーンの命日によせて「2つの小品 WoO 19」より『アンダンテ・カンタービレ MWV U 93』を、ペトロフの小型グランドピアノ(159cm)で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/64431342

この記事へのトラックバック一覧です: 12月4日/1909年製ブリュートナー・ピアノ〜ブーニンをコンクール優勝に導いたピアノ〜:

« サティ『グノシエンヌ第7番/星たちの息子』を、ペトロフのアップライトピアノで! | トップページ | メンデルスゾーンの命日によせて「2つの小品 WoO 19」より『アンダンテ・カンタービレ MWV U 93』を、ペトロフの小型グランドピアノ(159cm)で »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ