フォト

カテゴリー

« チェコフェスティバル 2016@KITTE にて、ペトロフ演奏 | トップページ | 10月8日/世にも静かな Bar LIVE 2 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜@中野五叉路 »

2016年10月 3日 (月)

ベートーヴェン/『ピアノソナタ第4番 op.7』より第2楽章、を1913年製ベヒシュタイン model A で

ベートーヴェンに限らず、どうしてもゆっくりな曲や楽章が見過ごされがち・・・というのは、娯楽に満ちたこの現代では無理もないことでしょう。
演奏者の方でも、ゆっくりな曲を味わってもらうためにどのようなスタンスをとるのか、目星をつけづらくなっているフシを多分に感じます。

「クラシック音楽」はとっかかりが難しい世界ですが、経験の蓄積の「質」がモノを言う芸術ですからある意味当然のこと。ですが、同時に「音楽」とは直感で好みを判断できる側面も兼ね備えています。

さて、昔の楽器(=昔のお道具w)の世界は、直感で十二分に愉しめる世界。この動画で使っている楽器はベヒシュタイン黄金期の1913年製、非常に優秀な修復のおかげでかなりマトモな「楽器としての響き」が残っているように感じられました。

この楽章の「Largo」とは、単純な遅さではなく「幅広〜い」というニュアンスの伊太利亜弁(英吉利弁ではlargeですネ)、つまり「Largo, con gran espressione」とは日本弁では「幅広〜い雰囲気でめっちゃ表情豊かに」という意味。100年前の人類の叡智を結集させた銘器の奥深さを借りて、この雰囲気が少しでも伝えられるようにささやかな抵抗wを試みてみました。お楽しみいただければ嬉しいです。

2016.9.23. さいたまピアノ工房にて、ベルリンのベヒシュタイン黄金期1913年製の model A で弾いています
http://saitama-piano.main.jp/

« チェコフェスティバル 2016@KITTE にて、ペトロフ演奏 | トップページ | 10月8日/世にも静かな Bar LIVE 2 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜@中野五叉路 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/64291227

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/『ピアノソナタ第4番 op.7』より第2楽章、を1913年製ベヒシュタイン model A で:

« チェコフェスティバル 2016@KITTE にて、ペトロフ演奏 | トップページ | 10月8日/世にも静かな Bar LIVE 2 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜@中野五叉路 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ