フォト

カテゴリー

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の13件の記事

2016年10月31日 (月)

サティ『グノシエンヌ第7番/星たちの息子』を、ペトロフのアップライトピアノで!

Soundcloud 紹介、第3弾もサティです。生誕150年もあと二ヶ月ですし(・o・ゞ

サティはグノシエンヌを6曲書いている、というのが通説ですが、実は第7番として出版された曲がございます。モトはと言えば、劇付随音楽になるハズだった『星たちの息子/Le fils des ètoiles』の第1幕の一部、かつ、ピアノ連弾曲『梨の形をした3つの小品』の第1番(この小品は「3つの小品」という題名でも実際には7曲なので、第1番=第3曲という楽しいネタもあるのですがw)にも転用されている・・・という、なかなか複雑な来し方の作品です。

サティ(1866-1925)『グノシエンヌ第7番』
2016.1.31. 高崎、アトリエミストラル
 ペトロフ P118D1 アップライトピアノ:筒井 一貴

2016年10月30日 (日)

サティ『グノシエンヌ第6番』を、1820年代のウィーン式フォルテピアノで!

Soundcloud 紹介第2弾は、ちょいとキテレツなネタです。

サティは1866年生まれですから、現代ピアノの時代の作曲家。その『グノシエンヌ第6番』を、音域6オクターヴの1820年代のウィーン式アクションのフォルテピアノで弾いています。いわゆる「オリジナル」ということを厳密に語るとほぼ暴挙に近いですが・・・「楽器の響き方の性格」を考えると、現代のピアノで弾くよりもよほど「味」が生まれるのは必定。

気がついてしまったのが運の尽きwで、やってみないワケには行かなくなってしまいましてネ。グノシエンヌの中でもサティらしさが際立っているこの「第6番」の雰囲気が、より独特になってくれました(・o・ゞ

サティ(1866-1925)『グノシエンヌ第6番』
2016.2.16. 池袋、自由学園明日館 ラウンジホール
 1820年製 グレーバー ウィーン式フォルテピアノ:筒井 一貴

2016年10月29日 (土)

Soundcloud始めました/F.クープランの『Les Barricades Mystérieuses/神秘の障壁』を、フレンチチェンバロで

これまでに YouTube飽きるほどじゃんじゃんw出して来ましたが、発表プラットフォームは多い方がよろしい・・・とゆワケで、しばらく前から考えていた Soundcloud を始めました。
こちらからど〜ぞ!→https://soundcloud.com/kazutaka-tsutsui

映像ナシの音声だけ、というネタが意外と少ないのが判明しましたが、こちらもどうぞご贔屓のほど、よろしくお願いします〜!m(._.)m

世田谷のお屋敷:松本記念音楽迎賓館のフレンチ式チェンバロで、F.クープランの『Les Barricades Mystérieuses/神秘の障壁』をどうぞ。

2016年10月26日 (水)

ドメニコ・スカルラッティ生誕祭によせて、ソナタ K.308 / L.359 をイタリアンチェンバロで

本日(10/26)は、ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)の誕生日ですよ〜。

ドメニコ・スカルラッティは、バッハとヘンデルと同じ生年、鍵盤楽器音楽の大家として知られており、現代のピアノでも比較的頻繁に演奏されることが多い作曲家ですね。ドメニコはナポリに生まれ、リスボンに移ってポルトガル王女バルバラに音楽を教え、バルバラがスペイン王家に嫁ぐとともにマドリードに移住、そのまま後半生を過ごしています。

ドメニコの周辺に響いていたチェンバロの音色は基本的にイタリアそしてイベリア半島のそれで、誤解を恐れずに情緒的な表現をすると、飾りっけのない素朴な響きとそれを支えるバリっとした低音、そして甘く優しく歌う高音かなぁと。

新潟は三条市の旧下田(しただ)村在住のチェンバロ&クラヴィコード製作家:高橋靖志氏による、17世紀イタリアのスタイルに基づくオリジナル設計の1段チェンバロで、K.308 / L.359 のハ長調のソナタをどうぞ。

チェンバロはその機構上、さまざまな強弱表現を駆使するのが非常に難しいのは確かですが、そのことが楽器としての「格」を落とすことはありませんでした。まして「チェンバロに強弱がつかなかったから不満に思った技術者がピアノを発明した」なんてぇトンでもない言いがかりw。チェンバロがピアノ以前300年以上にわたって楽器として使われ続けてきた史実、もちっと認識して欲しいなぁ、と (`・ω・´)シャキーン

2016年10月22日 (土)

ガルッピの『ソナタ ハ長調』を、右ペダル踏みっぱなしのペトロフGPで

先日(10/18)誕生日を迎えた、伊太利亜の作曲家:ガルッピ(1706-1785)の『ソナタ ハ長調』より第1楽章を、チェコ製のピアノ:ペトロフで弾きました。

誕生日にアップした動画( http://bergheil.air-nifty.com/blog/2016/10/post-d979.html )ではクリストフォリタイプの初期フォルテピアノを使いましたが、この動画では、現代ピアノで 右 ペ ダ ル を 曲 の 最 初 か ら 最 後 ま で 全 く 踏 み 替 え ず に 演奏しています。足元をギリギリ見せていますので、ご確認wくださいませ。
・・・このようなペダルの使い方を邪道とおっしゃるなかれ。実は、ピアノ誕生からしばらくの間には珍しくなかった使い方なのでありま〜す (`・ω・´)シャキーン

そして、今なお、昔の楽器のような温かい響きのピアノを作り続けているチェコのペトロフという奇跡的な存在、そのポテンシャルに惚れ込んで専門店:ピアノプレップを営み「基本調整」のみを忠実に精密に行って大化けさせた山内敦氏の存在。

せっかくこのように素敵に「進化」した現代ピアノがあるのですから、そりゃ〜古典鍵盤楽器奏者としては、昔の奏法を積極的に使ってみるのが当然のこと。お楽しみいただければ!m(._.)m



Soundcloud にも音声をアップしましたです(・o・ゞ

2016年10月21日 (金)

半端な今年の秋によせてw、吉松隆『プレイアデス舞曲集第VI集』より、第5曲『秋の舟唄』

今年はどうも「秋」という雰囲気をなかなか楽しめない年になっている気がしますが、吉松隆の『プレイアデス舞曲集第VI集』より、第5曲『秋の舟唄』でもお送り致しましょう(・o・ゞ

この曲はかなり地味に聞こえますが、細やかな雰囲気のうつろいの妙、いかにも吉松隆の軽やかな空気感な気がします。

例によって、白金台のチェコ製ピアノ:ペトロフ専門店のピアノプレップのアップライトピアノで弾いています。今となっては、マトモな「楽器」として作られているアップライトピアノを目にするのはなかなかできませんが、マトモな楽器をマトモに丁寧に調整すれば、十二分に通用するのでありま〜す (`・ω・´)シャキーン

2016年10月18日 (火)

ガルッピの生誕祭によせて『ソナタ ハ短調』を、クリストフォリ式の初期イタリア風フォルテピアノで

今日(10/18)は、イタリアの作曲家:ガルッピ(1706-1785)の誕生日ですよ〜。

ピアノに相当する楽器が歴史上記録に残っているのは1700年のフィレンツェ、メディチ家の楽器所蔵目録で、それならばピアノの誕生は少なくともこれより少し前、というのが通常の理解でしょう。それなのに、いまだに「ピアノの誕生は1709年」という記述がそこら中でまかり通っている現状には呆れるほかございませんが、もはや仕方ないかなぁ・・・と(・x・ゞ

ガルッピのソナタはミケランジェリが現代ピアノを弾いた素晴らしい録音がございますが、この時代の特にイタリアの鍵盤楽曲はこれほどの名手が弾かないとなかなか「それっぽく」ならないです。現代のピアノで弾くとどうしても大げさな雰囲気になりやすく、大げさにならないように注意したところでただ弱いだけの演奏に。そしてチェンバロで弾くと、現代ピアノを知っている我々にとって満足できるような細かな強弱表現が難しいため、どうしても物足りない印象になってしまいます。

この動画で使っている「クリストフォリ式の初期イタリア風フォルテピアノ」にはモデルとして特定の楽器があるワケではなく、ピアノの発明者とされている伊太利亜のクリストフォリによる1726年製の楽器(現:ライプツィヒ大学所蔵)にもとづくアクションを搭載して、自由な発想のもとにチェンバロ製作の久保田彰氏が2006年に製作した楽器です。

1700年ごろ、実はピアノの誕生を目指す萌芽がヨーロッパのあちこちで見られ、やはり音楽もピアノというまだ見ぬ楽器をあたかも念頭に置いているかのような方向に変わり始める兆しがあります。ガルッピの鍵盤楽曲は、まさにこの時代ど真ん中の中途半端とも評価されてしまいそうな存在ですが、このようなクリストフォリタイプの初期フォルテピアノで弾くと、その独特な魅力が「腑に落ちる」感覚があります。



Soundcloud にも音声をアップしましたです(・o・ゞ

2016年10月17日 (月)

ショパンの命日によせて『マズルカ op.41-4』を、ペトロフのアップライトピアノで

今日(10/17)は、ポーランド生まれの作曲家:ショパン(1809/10-1849)の命日ですよ〜。

ショパンは生涯を通じて祖国ポーランドへの強い想いを忘れることはなく、その作品の全てにその想いが込められている・・・というのは比較的有名なお話であります。
その強烈な愛国心を洗練の極みの裏側に秘めてしまい、それをマズルカという本来洗練とは無縁である土着の音楽にまで徹底させるのがショパンの美意識。この「硬派」で「気高い」魅力は限りなし、ショパンはおセンチな作曲家では断じてございません。

そのマズルカから1曲、白金台のチェコ製ピアノ<ペトロフ>専門店:ピアノプレップにて、あくまでも基本に忠実な丁寧な調整(=プレップアップ)を経て生まれ変わったアップライトピアノで弾きました。

実はこの曲の作品番号を「op.41-4」としている楽譜や録音が非常に多いのですが、これは1840年12月ライプツィヒ出版のドイツ初版の出版社:Breitkopf & Härtel が勝手に曲順を変更した(4曲めを1曲めに持ってきてあとは玉突き状態にw)のが誤りとして今に踏襲されてしまっているワケなのです。

2016年10月16日 (日)

フィビフ(フィビヒ)の命日によせて『気分、印象、そして追憶(思い出)』よりop.47-138を、ペトロフのアップライトピアノで

しまった、チェコの作曲家:フィビフ(1850-1900)の命日、昨日(10/15)でしたっ(^^;
#・・・同時に、昨日のクラヴィコードコンサート:神童時代のモーツァルトとイタリア@錦糸町、ご来場いただきありがとうございました!m(._.)m

ようやっと名前ぐらいは聞かれるようになってきたフィビフですが、まだまだ「Poem」だけの作曲家で止まっているフシが。仕方ないですけどね。
晩年に書いた376曲にもわたる連作ピアノ曲集『Nálady, Dojmy a Upomínky, op.41, 44, 47 & 57(邦訳:『気分、印象そして追憶(思い出)』)』からop.47-138を、チェコのピアノ:ペトロフのアップライトピアノで弾いてみました。

この楽器、新品にも関わらずワリと弾き込まれたかのように「コナれた」音色が持ち味で、滑らかな余韻が素晴らしいです。「音が響く」ということは得てして「大きな音がする」と誤解されがちなのですが、この楽器のように木の箱の響きが滑らかで小さな音でも余韻がす〜っと伸びていくことこそが「響く楽器」の真骨頂でありま〜す(・o・ゞ

2016年10月15日 (土)

神童時代のモーツァルトとイタリア 〜モーツァルトの旅行用クラヴィコードで〜 御礼

錦糸町という町はいかにも下町なイメージですが、実は駅から5分も歩けば閑静で落ち着ける場所がございまして。・・・ナニを隠そう、ワタクシもこのアートサロンカフェ『C de C/セドゥセ』を知るまでは全く知らなかったのですが(・x・ゞ

Cdec_20161015_tsutsui

このような立地のまさに隠れ家カフェ、室内音響も非常に素直で、ココはクラヴィコード演奏に良さそうだなぁ・・・という勘が見事的中、クラヴィコードの繊細で優しい音色がカフェ全体に鳴り響いた贅沢なひとときをお楽しみいただけたようです。

Cdec

クラヴィコードの演奏は、せいぜい数十人の規模で行ってこそ。ご来場いただけた方々、どうもありがとうございました。m(._.)m

Cdec_20161015_cake

2016年10月14日 (金)

アルベルティの命日によせて、モーツァルトの『ソナタ ハ長調 K.545』より第2楽章を、モーツァルトの旅行用クラヴィコードで

今日(10/14)は、イタリアの無名w作曲家、ドメニコ・アルベルティ(ca.1700-1740)の命日とされている日ですよ〜。

アルベルティは、古典派の鍵盤楽器のためのソナタなどの左手に飽きるほどw使われる<ドソミソドソミソ>な伴奏を頻繁に使い、この伴奏音型は「アルベルティ・バス」と呼ばれるようになった・・・とか。・・・とは言え、アルベルティがこの伴奏音型を編み出したというワケではございません。ご注意あれ〜。

さて<ドソミソドソミソ>の伴奏音型の屈指の使い手と言えば、モーツァルト。有名なK.545ハ長調のソナタの第2楽章を、モーツァルトの旅行用クラヴィコード(複製)で弾いています。



さて、明日(10/15)17時開演、この楽器を主に使う演奏会@錦糸町で〜す。ゆったりと聴けますので、土曜日の夕刻、くつろぎにいらしてくださいませ〜m(._.)m

神童時代のモーツァルトとイタリア
2016年10月15日(土)17時開演(16時半開場)
錦糸町、アートサロンカフェ C de C(セドゥセ/Café de concert)
一般3500円/学生3000円/要予約
お菓子・1ドリンク(コーヒーor紅茶)


クラヴィコード&ピアノ演奏: 筒井 一貴
予約先: C de C 03-6362-2068 / kbbach@eb.mbn.or.jp

2016年10月 4日 (火)

10月8日/世にも静かな Bar LIVE 2 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜@中野五叉路

さて、このブログに案内を出していないことに今ごろ気づいたワタクシでして。
Bar LIVE なので、クラシックですが曲目は当日の雰囲気で決定です!

Img_1302

世にも静かな Bar LIVE 2 〜時を超えて蘇る モーツァルトのクラヴィコード〜
2016年10月8日(土)18時半開演(18時開場)
中野、Bar & Music Hamlets(中野区中野3−33−20)
1ドリンク+3000円/要予約15名限定
予約先:barhamlets@gmail.com / 070-6551-8602 (19:00-27:00)
(座席数が非常に少ないため、Bar Hamletsまで直接ご予約ください!)

クラヴィコードは、15世紀から19世紀にかけて
ヨーロッパで愛好された鍵盤楽器です
音量が極めて小さいにもかかわらず
その表現力は鍵盤楽器中随一とされていました
大人数に聞かせるための楽器ではありませんが、ようやく
そのひそやかな内なる表現力が再発見される兆しがあります
クラヴィコードの繊細な音表現は
雑音に満ちた現代に生きる我々に静寂を思い出させてくれます

大人なBarで大人なひとときをゆったりお愉しみください!

Img_1301

2016年10月 3日 (月)

ベートーヴェン/『ピアノソナタ第4番 op.7』より第2楽章、を1913年製ベヒシュタイン model A で

ベートーヴェンに限らず、どうしてもゆっくりな曲や楽章が見過ごされがち・・・というのは、娯楽に満ちたこの現代では無理もないことでしょう。
演奏者の方でも、ゆっくりな曲を味わってもらうためにどのようなスタンスをとるのか、目星をつけづらくなっているフシを多分に感じます。

「クラシック音楽」はとっかかりが難しい世界ですが、経験の蓄積の「質」がモノを言う芸術ですからある意味当然のこと。ですが、同時に「音楽」とは直感で好みを判断できる側面も兼ね備えています。

さて、昔の楽器(=昔のお道具w)の世界は、直感で十二分に愉しめる世界。この動画で使っている楽器はベヒシュタイン黄金期の1913年製、非常に優秀な修復のおかげでかなりマトモな「楽器としての響き」が残っているように感じられました。

この楽章の「Largo」とは、単純な遅さではなく「幅広〜い」というニュアンスの伊太利亜弁(英吉利弁ではlargeですネ)、つまり「Largo, con gran espressione」とは日本弁では「幅広〜い雰囲気でめっちゃ表情豊かに」という意味。100年前の人類の叡智を結集させた銘器の奥深さを借りて、この雰囲気が少しでも伝えられるようにささやかな抵抗wを試みてみました。お楽しみいただければ嬉しいです。

2016.9.23. さいたまピアノ工房にて、ベルリンのベヒシュタイン黄金期1913年製の model A で弾いています
http://saitama-piano.main.jp/

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ