フォト

カテゴリー

« シューマンの命日によせて、『アラベスク op.18』 | トップページ | メリカントの生誕祭によせて、『ワルツ・レント op.33』 »

2016年7月31日 (日)

リストの命日によせて『詩的で宗教的な調べ』第6曲「眠りから覚めた御子への賛歌」を、1843年プレイエル製スクエアピアノで

本日(7/31)は、リスト(1811-1886)の命日ですよ〜。
これまた言わずと知れた大リスト、ではありますが、どうしても極めて一面的な理解しかされない不幸な大芸術家だなぁ、と思わざるを得ません。
(そんなこと言ったら大芸術家なんてみんなそうぢゃん、というツッコミは無しねw)

ピアノをとてつもないショウマンシップで華麗に弾きまくる・・・というレッテルが強烈に貼られてしまっているのは無理もないことですが、それだけで説明できる程度の人物が当時のパリで芸術家としてしかも尊敬/畏敬の対象になれようハズがないではございませぬか。

リストはさまざまな方面の芸術文化に通じるだけでなくそのどれもが相当なレベルであったようで、各分野の芸術家から「リストにかかったらど〜しようもねぇ」というような怖れすら抱かれていたフシがあります。そのような恐るべき大芸術家を一面だけで語るのは、語っている人物のお里が知れるwだけのおハナシですよね〜(・x・ゞ

だいたい、この時代にひときわ高くそびえていた大巨人の人となりをたかが一人の現代人が理解できる、なんておこがましいにも程があります。「歪んだリスト観」の最たるもの<技巧だけで内容がない>という譏りがいまだにありますが、この譏りは実は、そのような観点でしかリストを見られない狭量な人物こそが生み出しているのでありま〜す。

リストの『詩的で宗教的な調べ』より、第6曲「眠りから覚めた御子への賛歌」を、リストもショパンも生きていた1843年プレイエル製のスクエアピアノ(個人蔵)でどうぞ!

« シューマンの命日によせて、『アラベスク op.18』 | トップページ | メリカントの生誕祭によせて、『ワルツ・レント op.33』 »

コメント

感動です・・・
昨年から古典調律と出会って以来、音律、クラヴィコード、チェンバロなどの鍵盤楽器を学び始めています。
古典調律のワークショップをしながらも、なんたって、出雲という田舎なものですから、実際に弾いてみることもままならず。
ネットサーフィンをしていましたところ、筒井様のブログでスクエアピアノの演奏を拝見しました。
魂が震えるような音ですね。
ありがとうございました!

白川千春さん、コメントありがとうございました!
ネットの世界が現実の世界と混乱を来たすほどにwなっている現代となってしまいましたが、だからこそ、現実の世界の複雑な魅力をネットの世界に数多く発信することで本当の現実の世界(なんのこっちゃw)に眼を向けて欲しいと願っています。
・・・神々の国、出雲での活動、心強いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/63991479

この記事へのトラックバック一覧です: リストの命日によせて『詩的で宗教的な調べ』第6曲「眠りから覚めた御子への賛歌」を、1843年プレイエル製スクエアピアノで:

« シューマンの命日によせて、『アラベスク op.18』 | トップページ | メリカントの生誕祭によせて、『ワルツ・レント op.33』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ