フォト

カテゴリー

« ドメニコ・スカルラッティの命日によせて、ソナタ K.30 / L.499(猫のフーガ) | トップページ | シューマンの命日によせて、『アラベスク op.18』 »

2016年7月28日 (木)

J.S.バッハの命日によせて『パルティータ第1番 BWV825』より「サラバンド」

本日(7/28)は、J.S.バッハ(1685-1750)の命日ですよ〜。
言わずと知れた大バッハ、その大バッハが初めて鍵盤楽器のための作品を出版物として世に問うたのが、いわゆる『パルティータ集 BWV825-830』です。
1726年に第1番、そして毎年一曲ずつ自費出版を続け、ついに1731年にこれまた自費出版で『クラヴィーア練習曲集 作品番号1』として6曲まとめて出版したのでした。
その最初の『パルティータ第1番 BWV825』より「サラバンド」をチェンバロでどうぞ!

チェンバロは「強弱がつけられない」とか「表現力が劣っていた」とかいうレッテルをいまだに貼られているフシがありますし、当時でも「チェンバロでの歌うような表現はなかなか難しい」とされていたのも事実ですが、まぁ、どうかお聴きくださいましな (`・ω・´)シャキーン

ピアノの誕生は1700年少し前ごろ、と言う理解が現時点では概ね正しいのですが、チェンバロはさらに300年ほど昔にまで歴史をさかのぼれる楽器です。そのような楽器にマイナス方向のレッテルを貼ることには、少なくとも自分としては意味を感じません。・・・まぁ「身びいき」ってぇヤツでしょか〜(・o・ゞ

« ドメニコ・スカルラッティの命日によせて、ソナタ K.30 / L.499(猫のフーガ) | トップページ | シューマンの命日によせて、『アラベスク op.18』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599635/63980443

この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハの命日によせて『パルティータ第1番 BWV825』より「サラバンド」:

« ドメニコ・スカルラッティの命日によせて、ソナタ K.30 / L.499(猫のフーガ) | トップページ | シューマンの命日によせて、『アラベスク op.18』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ