フォト

カテゴリー

2018年2月23日 (金)

中島みゆきの生誕祭によせて『歌姫』を、1894年製ウィーン式アクションのベーゼンドルファーで

本日(2/23)は、中島みゆきの誕生日ですよ〜。
ウチの秘蔵っ子120年選手、ウィーンアクションの1894年製ベーゼンドルファーを使ったピアノソロで有名な『歌姫』をどうぞ(・o・ゞ

1982年発売のアルバム「寒水魚」の最後を飾るこの曲、稀代のストーリーテラーである中島みゆきの真骨頂の一つと言っても過言ではないでしょう。このアルバム「寒水魚」(タイトルは「熱帯魚」に対する中島みゆきの造語とのこと)およそ派手さとは無縁のアルバムですが、なんと1982年度のオリコンチャート1位を獲得しています。瞬間風速として1位にかするwことはあっても、このメンツ↓の中での1位とはハンパない価値ではないでしょうか。

 1位 寒水魚/中島みゆき ・・・ 75.7万枚
 2位 FOR YOU/山下達郎 ・・・ 69.7万枚
 3位 Nude Man/サザンオールスターズ ・・・ 69.6万枚
 4位 起承転結II/松山千春 ・・・ 66.6万枚
 5位 over/オフコース ・・・ 64.7万枚
 6位 パイナップル/松田聖子 ・・・ 58.5万枚

1980年の国勢調査によると日本の世帯数は3601万5000世帯、単純に割り算すると、当時はオリコン上位のレコードが1年間で2%程度の世帯=50世帯に1枚くらいの割合で行き渡る時代だったのですね〜。「寒水魚」のようにキャッチーさが少ないアルバムであっても、その中に秘められた中島みゆきの詩のパワーと歌唱力の高さあってのこの結果なのでしょうが・・・そんな曲をピアノという歌詞の無い楽器で弾こうとするワタクシ、我ながらアホな挑戦でございます(・x・ゞ

 <淋しいなんて 口に出したら
  誰もみんな うとましくて逃げ出してゆく
  淋しくなんかないと笑えば
  淋しい荷物 肩の上でなお重くなる


人とはすべて孤独を抱えている存在でしょうが、そんな姿を他人に見せたところで仕方ないですし、だいたい親しい友人であってもそんな「弱い自分」なんて簡単には見せられようはずがございませんね。それなのにこの1番の出だしで<淋しい>が3回も出てくるのは、刷り込みとしてかなりの効果と言えましょう。

 <南へ帰る船に遅れた
  やせた水夫 ハーモニカを吹き鳴らしてる
  砂にまみれた錆びた玩具に
  やせた蝶々 蜜をさがし舞いおりている


日本人の国民性を表しているであろう演歌は「北」志向が非常に強く、<北へ向かう>とか<北へ帰る>とかが非っ常〜にw多いです。対してこの2番の出だしの<南へ帰る>という表現は、その他歌謡曲系であっても滅多にお目にかからない印象があります。ここへ思い出してほしいのはアルバム名が「熱帯魚」ではなく「寒水魚」という、イメージとして南の温かい水ではなく北の冷たい水の中で生きている魚であること。さびれた港町の一角の荒涼と寒々しげな情景と相まって、どこか諦めのような空しさがつのるような気がします。

 <男はいつも 嘘がうまいね
  女よりも子供よりも 嘘がうまいね
  女はいつも 嘘が好きだね
  昨日よりも 明日よりも 嘘が好きだね


男は嘘がうまく、女は嘘が好き、それならば人生がみな<>になるのもむべなるかな。それでも人は嘘で塗り固めた己の人生を、空しくても諦めずに生き続けねばならぬワケでして。
・・・そういえば、かのベートーヴェンの最期の言葉とされているのは<諸君、喝采したまえ、喜劇は終わった(Plaudite, amici, comoedia finita est)>でしたっけ。
*ベートーヴェンの言葉はご多分に漏れず脚色されているそうで、正確には異なるとのことですがw

人の一生は<>みたいなもの、それを粛々と受け入れつつ生き続け、詩の各節の最後に高らかに唄いあげるのが・・・

 <夢も哀しみも欲望も 歌い流してくれ

これぞ神の一つの化身であろう『歌姫』に向かって投げかける、人生の代弁者である中島みゆきからの詩と唄を通した深く強いメッセージなのではないでしょうか。最後にやはり思い出したいのは、翌年1983年に発表されたアルバム「予感」のこれまた最後を飾る『ファイト!』というこれまたこれまた強い強〜い曲の各節の最後、皆に向かって投げつける力強いメッセージ。

 <ファイト!   闘う君の唄を
  闘わない奴等が笑うだろう
  ファイト!   冷たい水の中を
  ふるえながらのぼってゆけ


この『ファイト!』の導入部で語られる 私の敵は 私です という一言は、多少なりとも人生に揉まれた人物ならばぐっさりと突き刺さってくる刃ではないでしょうか。そして同時に最後の一節、キーをぐいっと上げて唄うのが・・・

 <ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく
  諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく


この閉塞感からの開放感、中島みゆきの詩の中でもとりわけ美しい表現なのではないでしょうか。中島みゆきの詩と唄に救われた人は想像以上に多いようですが、これら『歌姫』『ファイト!』の2曲だけでもなるほど・・・と思わされます。いやはや、恐るべし。

2018年2月22日 (木)

Orion 2.8cm F6 & NEX-3@高輪

しばらく前に、農工大ピアノ部の若者が研究室で発掘されたフィルムカメラをゲット。聞くところによると、エラく状態の良さげな Canon A-1マクロFD100mm F4 なのはイイとしても、標準レンズがナイとのこと。さすがにそれでは不憫なので防湿庫をゴソゴソすると、こ〜ゆ〜ときだけなぜかすぐに見つかる旧FD50mm F1.8 & FL50mm F1.4(II)σ^_^;

Dsc07849

しばらく貸すから受け渡しがてら軽く街歩き・・・とゆワケで、高輪近辺を怪しくウロウロ。ワタクシの雨男はあ〜変わらず健在で、よりによって霙混じりの冷たい雨∑(゚Д゚)

Dsc07879

・・・ワタクシの方は、久々のロシア玉の Orion 2.8cm F6 でございました。あ〜寒かった( ̄^ ̄)

28378743_1569499259835473_150736438

2018年2月17日 (土)

農工大ピアノ部「けやきホールさよならコンサート」@府中

27973855_1564348573683875_479837640

本日(2/17)、農工大ピアノ部の現役&若手卒業生たち有志による「けやきホールさよならコンサート」でした。

27867400_1564348513683881_823430829

府中市グリーンプラザ内の「けやきホール」は、府中駅すぐ北、1984年から長年にわたって農工大ピアノ部の定例コンサート「Concert of the Error」の会場(毎回ではないですが)として親しんできた場所。ワタクシにとっても1987年入学から冬のコンサートで4回弾いた青臭いw想い出の場所です。゚(゚´ω`゚)゚。

28166526_1564348500350549_365308876

残念ながら今年度末で老朽化のため取り壊しとのこと、現役が予約して近い代の卒業生も巻き込んで、現役当時さながらにリハーサルまで行って、というさよならコンサート、まことに素晴らしい企画でございました。

27867424_1564348517017214_744418601

いまどきのスマートな演奏にも憧れているのかも知れませんが、ど〜してもそうはできないw泥くさい農工大ピアノ部の若い仲間たちの演奏、みんな唯一無二の輝きを放っていましたよ〜(`・ω・´)

27867942_1564348483683884_261637865

2018年2月14日 (水)

Le petit Parisien@曳舟

28055936_1560971387354927_284340164

本日(2/14)は、押上文庫のご店主と一緒に曳舟/東向島の「オープンな書斎」という、根本的に矛盾をはらんだコンセプトのwスペースをご訪問!

27858310_1560971347354931_361716644

いかにも下町な一角で、窓の外には墨東の実にのどかな風景。最近、ついぞ子供が公園で遊んでいる光景は見なくなりましたがココではごく日常で、とっても落ち着く場所でした。わざわざ訪ねるに足るステキな場所ですよ〜( ´ ▽ ` )ノ

28056384_1560971344021598_287120608

2018年2月 4日 (日)

ファツィオリのショールーム襲撃〜

本日(2/4)、予定が吹っ飛んでナゼかヒラめいたイタリア産の超高級ピアノメーカー、ファツィオリFAZIOLIのショールーム襲撃〜(`・ω・´)
ファツィオリは最低でも一千萬圓ゆえ、このショールームの展示は時価総額一億圓を軽く上回るんだなぁぁぁ・・・と考えてしまうのは凡夫の証ヽ(´o`;

27458973_1551549688297097_655829369

現代のピアノって、伝達効率がホントにめちゃくちゃに高いんだよなぁ・・・という実感。そしてそれを可能にさせる技術者の精密調整こそが現代の楽器にとっては命綱。軽く弾けば軽いほど綺麗で芳醇な音楽が流れ出す、という経験はなかなかできるモンぢゃございません。実はコレ、チェコはペトロフ専門店の ピアノプレップ の姿勢とナニ一つ変わることはないワケですねヽ(´o`;

27459485_1551549684963764_579929445

昔の楽器は現代の楽器のような「追い込み方」をしていない/できていない印象がありまして、意外とどれもテキトーでなんとなくバランスが保たれるのですが、現代の新品にこんなファジーな姿勢はウマくないのかもしれないなぁ、と。

27657943_1551549691630430_196785762

昔には昔なりの、現代には現代なりの良さがある・・・というナンのヒネりもない再確認の二時間でございましたとさ(・o・ゞ

2018年2月 3日 (土)

自宅ベーゼンドルファーの鍵盤補修の巻(^^)v

3/4の 墨東押上発スタインウェイ・サロン act.1 まで演奏怪の予定がなく蟄居ちぅwの身ではありますが、ヒマしているバヤイではございませんで( ´ ▽ ` )ノ

27540617_1550633218388744_576085123

なにしろ、ウチの1894年製のベーゼンドルファーの鍵盤、ここしばらくの寒さと乾燥とのせいで象牙があちこち剥がれやがっちまって。まぁ古い楽器と付き合っていればこんなのは自分で貼りつけるのが当ったり前〜ヽ(´o`;

27540753_1550633248388741_718543884

室温が低いと接着剤が実用強度に達するまで時間がかかるのは常識、鍵盤一本につき二日間固定で万全を記すの図(`・ω・´)
・・・あ、コレって、やっぱりヒマしてるのかしらん?(^o^;;;

27336533_1550633221722077_488946302

2018年1月31日 (水)

シューベルトの誕生日に寄せて&11月16日/シューベルト即興曲をオリジナルフォルテピアノで、ライヴ動画

本日(1/31)は、シューベルト(1797-1828)の誕生日ですよ〜。
昨年11月16日に行った<シューベルト『即興曲集』をオリジナルフォルテピアノで>のライヴ録画、アンコールで弾いた、非常に有名な楽興の時D780第3番ヘ短調、をどうぞ!

シューベルトの音楽は美しく繊細な姿の裏に凄惨さを兼ね備えておりまして、シューベルトと同じ時代のオリジナルフォルテピアノもまた、現代の「商品として綺麗にまとめざるを得ない楽器」とは全く異なる幅広く奥深い存在。

シューベルトが生きていた1820年ごろのウィーン式フォルテピアノを、1927年に完成した重要文化財の建物の一室で・・・という、コンサートホールでは絶っ対に体験できぬ雰囲気が少しでも伝わったら嬉しいです。

2018年1月29日 (月)

1月28日/ベヒシュタインとチェンバロ、現代クレモナの楽器との出会い盛会御礼

昨日(1/28)の 柏木真樹 氏ご実家でのサロンコンサート、インフルエンザが猛威を振るっている中にもかかわらず大盛況、ありがとうございました!

Ee2815821d2e3ecc2c652c22928c3c10

ここの1900年前後の作とおぼしきベヒシュタインのアクション(=打弦装置)は、現代の普通のアクションと形は似ていますが、実は鍵盤とアクション部分が連結されているメカニック。現代のスム〜〜〜〜ズ過ぎるwぐらいのアクションとは全く異なる弾き心地なのですが、実はオクターヴの連続や細かいパッセージなどのときに鍵盤の上面だけの操作で鍵盤下部に衝撃を加えずに弾ける・・・という可能性を秘めた、古くて新しいメカニックなんですね〜。SPレコード時代の大巨匠たちのピアノ録音が現代のピアニストと全く異なって衝撃音が少なく軽く転がるような音色であることと関連がありそうな気がしますぞ(・x・ゞ

4b04d549c78b96baf6301ff5f923fec8

柏木氏の選曲はいつもいつもwかなりヘビーなのですが、強い意志に裏打ちされた選曲なのでとってもやりがいがありまして。これからもご期待くださいませ!

柏木真樹音楽スタジオブログ:https://maki-music.net/blog/20180128concert/

2018年1月23日 (火)

1/28サロンコンサート猛稽古(?)

昨日(1/22)の大雪にもめげず、1月28日の「ベヒシュタインとチェンバロ、現代クレモナの楽器との出会い」の合わせ稽古に多摩地区まで。

26815206_1539435642841835_513514835

古くて素晴らしいベヒシュタインとのことで楽しみにしていたところ、想像以上の逸品。おそらく1900年前後ぐらいの渋い姿そしてまさに「拍子木を鳴らすような」黄金期のベヒシュタインの鳴りが十全に残った素晴らしい楽器でした。

26908083_1484368171672247_744109229

ついついマニア心が疼いて、このような醜態をさらしてしまったワタクシでございました(・x・ゞ

2018年1月22日 (月)

中島みゆき 作詞/作曲『霙の音』ピアノソロ:1894年ベーゼンドルファー社製ピアノ(ウィーン式アクション/85鍵)で

首都圏が大雪snowsnowsnowのこのタイミングですが、中島みゆきの『霙の音』をいつものウィーン式アクション1894年製ベーゼンドルファーで弾きました。

2015年発売のアルバム『組曲(Suite)』所収のこの曲、まず「みぞれ」を<霙>と漢字で表記しており、この字形と単語のモノモノしさからして、またいつものように「来る」だろうな、と身構えます。ですが、ここで中島みゆきはいつもの「失恋歌の女王」という方向wとは違う方向から主人公を唄っています。それにしても、この微妙すぎるほどの変化に満ちた歌声ときたら、ピアノという楽器でどないせぇっちゅ〜んぢゃ(・o・ゞ

 <聞きたい話じゃないでしょうけど
  好きな人ができたの私 少し前から

まさかの失恋ではなさそうな導入。しかし2番ではやはり「本命」がど〜〜〜〜〜〜しても好き、という「いつもの」主人公に。

 <本気で好きと心を決めてから
  あなたと似た声のせいだと気づいたの

まさかの導入のあとだけに、みな一様にホッとする箇所wではないでしょうか。そして実はつづく3番で、決定的な状況説明がががが。この詩、起承転結の典型例としても秀逸かと(・ω・ゞ

 <私は手札をテーブルの上に
  愚かに顕わに放り出し
  あなたは静かに窓の外を見てる
  静かに誰かを隠してる

この出口も救いもない孤独と絶望感を霙(みぞれ)と重ねあわせ、甘えたような諦めたような声色で淡々と
 <ねぇ 霙って音がするのね
と唄ってのける中島みゆきとは何者ぞ。もはや『霙の音』しか聞こえないではないか。

題名の「霙(みぞれ)」とは、雨でも雪でもない降水現象。しかも季節の変わり目という「はっきりしない」という状況ばかりでなくイレギュラーな状況をも示せる、という実に曖昧模糊とした一語ですね。中島みゆきの詩には「雨」も「雪」も極めて頻繁に登場しますが、この「霙」という<雨とも違う>そして<雪より寒い>という存在を、おそらく初めて2015年のアルバムに投下したのは・・・そっか、2015年は中島みゆきのデビュー40周年なんだなぁ・・・とかなんとか。

2018年1月18日 (木)

1月28日/ベヒシュタインとチェンバロ、現代クレモナの楽器との出会い

去年の9月にイタリアはクレモナに出かけて、やむを得ずw鍵ハモでびぅを果たしたことを記憶してくださっている方もおられるかと思います。こちらからw

コレ、まいどおなじみの 柏木真樹師 がクレモナの弦楽器製作家たちといろいろと協力して行っている企画の一環だったのですが、今回は日本でクレモナの弦楽器を使ったサロンコンサートをやろうぜ、と。柏木氏のご母堂はピアノの先生、そこのベヒシュタインピアノと横田誠三氏のチェンバロの2台を伴奏楽器として受けもてる人物はワタクシしかおらんワケで (`・ω・´)シャキーン

2018年1月28日(日)15時開演(14時半開場)
柏木澄子宅(聖蹟桜ヶ丘駅バス6分+徒歩3分)
※申し込みされた方に住所をお知らせいたします
3000円/茶菓付(要予約当日精算30名)
演奏 柏木 真樹(ヴァイオリン&ヴィオラ)
 筒井 一貴(ピアノ&チェンバロ)

予約・問合せ bergheil69@me.com(筒井)

26677690_1646102535448290_404371470


<プログラム>
ヴィヴァルディ ソナタ op.2-2 イ長調
モーツァルト  ソナタ K.304 ホ短調
ベートーヴェン ソナタ第4番 op.24 イ短調
シューベルト  アルペジオーネソナタ D821 イ短調(ヴィオラ)

2018年1月16日 (火)

3月4日/墨東押上発スタインウェイ・サロン ACT.1

3月4日に1959年製ハンブルク・スタインウェイを使って演奏会を行います。場所はスカイツリーの下、下町押上の「押上猫庫(夜は、酒処 押上文庫)です。

押上の地は「墨東(=隅田川のちょっと東ですネ)」という、江戸明治の昔から文化人が隠れ忍び集い愛した土地。平成も終わろうとしている現代ですが、この地の文化の集結地&発信地たる 押上文庫 から、コンサートホールでは絶対に味わえない、気軽で親密な空気をお届けします。

2018年3月4日(日)14時開演(13時半開場)
押上猫庫(酒処 押上文庫 内/押上駅徒歩8分)
4000円/茶菓付(要予約当日精算30名)
演奏 筒井 一貴

予約・問合せ 03-3617-7471(押上猫庫・押上文庫)
          oshiagenyanko@gmail.com(押上猫庫)
    bergheil69@me.com(筒井)

S2img2

ここのスタインウェイO-180はオーナー氏の所有。氏は歌やピアノの仕事から日本酒と器の仕事への華麗なる転職を果たし、和洋問わずさまざまな文化に通じる大変な文化人。そのこだわりの果てにw入手した恐ろしくポテンシャルの高いスタインウェイ、古い楽器の奥深い不思議さを伝えるのにふさわしい名器です!

<プログラム>
J.S.バッハ(1685-1750)
 幻想曲とフーガ BWV904 イ短調
シューマン(1810-1856)
 子供の情景 op.15
シベリウス(1865-1957)
 5つの小品(樹の組曲)op.75
ブラームス(1833-1897)
 3つの間奏曲 op.117

押上文庫・押上猫庫:http://www.oshiagebunko.com/

2018年1月15日 (月)

南廻線(台湾)電化前の記録

今回(1/9-13)の台湾南東部めぐり、1/12の久々の撮り鉄も〜どはiOS用の台湾バスアプリのおかげで鉄道移動をする必要がなく、とっても効率的に撮れました(`・ω・´)

鉄道記録写真はきっちり撮るのが自分のスタイル、ここはやはり BESSAMATIC 用のデッケル鏡玉を使用、太麻里では Dynarex 90mm F3.4、多良では Skopagon 40mm F2 で決ま〜り〜ヽ(´▽`)/

・・・50年前の西ドイツの一眼レフ用の鏡玉、やっぱり好きだなぁ( ̄^ ̄)

南廻線 太麻里駅 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Dynarex 90mm F3.4
Dsc07754

南廻線 多良駅(廃駅) 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Skopagon 40mm F2
Dsc07698

南廻線 太麻里駅 2018.1.12.
 Camera: SONY NEX-3 Lens: Voigtländer Dynarex 90mm F3.4
Dsc07669

Voigtländer SKOPAGON 40mm F2(1961) & SONY NEX-3
11707561_790343921084348_8823332649

Voigtländer DYNAREX 90mm F3.4(1960) & SONY NEX-3
26814734_1531751726943560_689812113

2018年1月14日 (日)

『桐生明治館』襲撃!

なんでまた桐生くんだり(失敬w)まで足を伸ばしたかと言うと、この、国の重要文化財「桐生明治館」がおもしろそうでもあり、チト残念でもあり・・・なんですわヽ(´o`;

26230785_1530838293701570_266140205

1986(昭61)年に重要文化財としての復原工事が完了して以来、市の持ちものということもあって積極的な利用がなされないままに30余年。修復のための予算がつけづらいという事情もあるのでしょうが、使われない公共財がたどる運命はみなさんご存知ですよね。゚(゚´ω`゚)゚。

26733939_1530838303701569_219556246

国の重要文化財ですからポテンシャルが高いのは当然ですが、逆に文化財指定されているというハードルの高さがネックと言われます。いやいやいや、ちょっと待て。ワタクシ、池袋の自由学園明日館で何度も演奏怪やってますけど(`・ω・´)

26231831_1530838307034902_717058112

・・・このアップライトピアノは貴重な貴重な周ピアノ、そしてリードオルガンはヤマハの五号オルガン。残念ながら、両方とも使用には耐えませんσ^_^;

春見屋@相老(群馬)

台東から戻って来た昨日の今日ですが、グンマーは桐生市を襲撃。実は東武鉄道のりょうもう号を使えば、浅草から二時間の近さで2200円という適価。コレ、意外と知られていなさそう(`・ω・´)

わたらせ渓谷鐵道と東武鉄道のジャンクション、相老(あいおい)駅にて地元民とさらにもう一人と三人合流、まずは安くてウマくて量が多いwメシを所望したところ・・・相老駅から900mの春見屋にて、想像をはるかに超える品々が∑(゚Д゚)

26733440_1530814580370608_847670208

蕎麦と饂飩のあいもりは多めの大盛りに匹敵する量。

26231740_1530814593703940_712378062

幅の広〜いカレーひもかわは昔ながらの優しいカレー南蛮風味。

26239280_1530814650370601_752912005

かき揚げといんげんと舞茸の野菜天ぷら盛りがたったの450円。

26814648_1530814717037261_677873034

とどめのソースかつ丼にはなんと三枚のカツがど〜〜〜んとヽ(´▽`)/

26730755_1530814687037264_559992472

・・・桐生の食、恐れ入りやしたっ!

2018年1月13日 (土)

帰国@名古屋空港

無事帰国しました・・・が、ココは名古屋空港。パスポートの入国スタンプには「CHUBU」とヽ(´o`;

26239315_1529899230462143_860778560

入国も税関もやたらとスムーズで、着陸後30分程度で乗継便の搭乗口に着いてしまいましたとさ(`・ω・´)

26238776_1529899250462141_586629933

名古屋から羽田までの飛行時間は40分程度ですが、それだけで済まないのが飛行機の移動。チトめんどくさいですが、まぁ自業自得(^o^;

26230994_1529899253795474_101805931

そろそろ帰国便搭乗@桃園国際空港

直通のMRTでサクッと桃園国際空港まで35分、ラクな時代になったモンでして。そろそろ帰国便の搭乗です( ´ ▽ ` )ノ

26907700_1529788287139904_797670064

さっきの城中市場の水果売場にも、しっかりと釋迦が。その目で見てみると、意外と見つかるモンですね〜( ̄^ ̄)

26230484_1529788277139905_187986239

老牌牛肉拉麵大王@台北

台北の昔ながらの一角、城中市場奥深くの炸醤麺の名店で〜す( ̄^ ̄)

26196350_1529743240477742_514041257

朝がセブンイレブン弁当だったので、大椀でがっつり。それでも75元と適価なのが嬉しくて。

19059095_1529746473810752_169736293

人によっては『台湾のラーメン二郎』と呼ぶほどの太麺かつニンニクがっつり系、台北に来たらココにはできる限り寄りたいところですね〜ヽ(´o`;

26804415_1529746477144085_784843846

普悠瑪列車(プユマ号)台東→台北

台東発802の普悠瑪列車(プユマ号)で一気に台北まで。台鐡が台東まで電化されて、台東〜台北がほぼ四時間に。・・・それなりに高いですけどヽ(´o`;

26734341_1529530970498969_267646445

で、台東の鉄道駅前はホントに一切ナニもなく朝メシ抜きだなぁ・・・と思っていたら、あって良かったwのセブンイレブンσ^_^;

26814800_1529530977165635_342644989

26731022_1529530983832301_803922963

この「港式油雞便當」が、意外とイケたの65元。賞味期限も日本のコンビニ弁当の異常な短さほどでもないのが「フツ〜の感覚」なんぢゃないかなぁと。日本車両製の振り子式電車でかなり揺れるとのことで、一気に喰いました( ´ ▽ ` )ノ

26231690_1529531073832292_729207639

2018年1月12日 (金)

御金香米苔目@台東

台東の鉄道駅は中心部からとんでもなく離れていて、しかもそこまでのバスの便の難解さが根本的に変。明日の朝は早めの出発なので、面倒は先に済ませておく=鉄道駅の近くに宿を取るのが吉(`・ω・´)

26733934_1529039413881458_165947754

とゆワケで、台東最後の食事は、店構えは昔ながらでも店の中がちょっとハデめな米苔目のお店。おぉ、ココには「猪心湯」があるではないかっ。心臓心臓〜ヽ(´▽`)/

26733994_1529039410548125_111431648

結局、今回の台東訪問では米苔目は「乾」ばかりで「湯」は食べませんでした。心残りがあるのは重要でございます故ヽ(´o`;

26231502_1529039423881457_195906027

«寶桑豆花@台東

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

無料ブログはココログ